注目の的 ウソ

野鳥の世界 ウソ

オスは、赤い顔がキュートなウソという鳥さんがいます。アトリの仲間の野鳥で、夏季は中部以北、冬季は九州以北の森林などで観察することができるようです。

今回は、このウソのお話です。

昨年出会ったのはアカウソばかりで、ウソはどこに?という状況でした。

年により、飛来状況が異なるので、この冬はどうだろう?と思っていたところ、早速ウソに出会うことができました。

ウソ1
2012年11月 埼玉県とある公園 ウソ(オス)

オスのウソとアカウソの腹部を比べてみると、違いは一目瞭然です。ウソの腹部はグレーで、アカウソは赤っぽいです。

ウソ2
ウソ(左)、アカウソ(右)

どちらもキュート!なので、ウソを見かけると必ず凝視してしまいます。まさに、注目の的、です!

ところで、ウソという名前の由来は何でしょうか?「ウソ~(嘘)!」というぐらい可愛いから?気になるので調べてみると、「フィー、フィー」という鳴き声が口笛に似ており、口笛を吹くことを古語で「うそ吹き」というそうです。それで「ウソ」という名前になったとさ。ん~、難しい由来です。

ウソは数羽から十数羽の群れで行動するようですが、この時出会ったウソはお一人様でした。相当お腹が空いていたようで、食べるわ食べるわで、約30分ほど食事姿を観察させてもらいました。

ウソ3
「生きて冬を越すには~」

ウソ4
「食べまくるしかない!」

秋は植物の種子がメインディッシュのようですが、春には観賞用の花芽を食べてしまうことがあり、時には害鳥扱いされることも・・・。

ウソ5
「春は食べ物が少ないので、花芽も許してほしいな!」

久しぶりに姿を見せてくれてありがとう!他の仲間と一緒に、無事、冬を乗り越えてくださいね、ウソさん!チュ!

<余談>
このウソの周辺には、約30人ほどのカメラマンが取り囲んでおり、最初見た時、「何、あの軍団?」と思ったのですが、ウソを観察しているのだと分かり、久しぶりだったので、あーちゃんもその軍団に混じって、しばしの間、観察させてもらいました。

ところが・・・マナーのよくない方がわんさかいて、驚いたの何のって。ウソに近づく、近づく・・・その距離約2メートルほど。ウソはよく逃げずに、同じ場所に居てくれたな~と改めて感謝。普通はありえないことなので、野鳥観察は遠くからそっと!が大事ですね。

ウソの関連記事:
「食べてよし!の花芽はどれ? アカウソ」はこちら
「食べるが勝ち! ウソ」はこちら
「花の代役はお任せ! アカウソ」はこちら

<ウソを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ