沖縄探鳥旅行記 2009年5月 第1話

野鳥の世界 沖縄探鳥旅行記 2009年5月 1日目

今回は、2009年5月に3泊4日で沖縄県本島を旅した際の探鳥のお話です。 第1話~第5話の5回に分けて、紹介していきます。

以前、「あーちゃんは、アクティブバードウォッチャーなので、カメラは持たず、双眼鏡で十分!」と言っていました。しかし、野鳥との忘れ得ぬ出会いが増えるにつれ、できれば記録に残したい、と思うようになり、2009年4月に望遠に強いコンパクトデジカメを購入。後に、野鳥撮影には全く不向きと判明したのですが、まずはこのカメラを手にいざ沖縄へ!

沖縄県本島

目指すは、やんばると呼ばれる自然パワー満載の沖縄北部へ直行!
プライベートリゾートオクマへ宿をとり、到着後の夕方、すぐに周辺を散策。

プライベートリゾートオクマ周辺 午後5時~7時頃。

そこは、のどかな田園風景が広がっており、野鳥がそこかしこに飛び交う中、まず、出会ったのは、リュウキュウツバメの親子。
「えさ、くれ~!」と羽をバタバタさせながら、親鳥にせがむ幼鳥たち。もう夕方なので、えさの運び疲れで、きっと親鳥はクタクタのはず。

リュウキュウツバメ1
リュウキュウツバメの幼鳥3羽

リュウキュウツバメ2
リュウキュウツバメの幼鳥

数が多すぎて、沖縄県本島では少々やっかい者扱いをされている、タイワンシロガシラを発見。どうやら幼鳥のようで藪に止まって動かず。親鳥の警戒音の指示通りに、幼鳥はじっとして、うまく隠れているつもり。丸見えですよー。

タイワンシロガシラ1
タイワンシロガシラの幼鳥

タイワンシロガシラ2
タイワンシロガシラの親鳥。なかなかの声量の持ち主です。

水田にバンの親子。すぐに逃げてしまったので、写真は撮れず。

丸いホッペに愛嬌たっぷりの表情のコムクドリ(オス)に遭遇。旅の途中のようで、農道脇の電線に群れで止まっていました。初めてのコムクドリとの出会いに感動!

コムクドリ1
コムクドリ(オス)14羽

アマサギ5羽を発見。夏羽と冬羽のアマサギの両方が混在。イソヒヨドリのオスとメス、セッカ、チュウサギ(準絶滅危惧種)に遭遇。もう、薄暗いので、写真は撮れず。

キジバトやスズメは、そこら中にたくさんいました。

20:00頃、プライベートリゾートオクマの庭を、オリイオオコウモリが飛んでいました。オリイオオコウモリは大変大きく、パッと見は、フクロウ?に見えるのですが、飛び方はデタラメで、音もなくヒラヒラと飛びます。果実を食べにやってくるそうです。超高速で飛び回るので、撮影できず・・・。
(オリイオオコウモリは沖縄県の絶滅危惧種に指定されています。)

いよいよ明日は、やんばるの森へ早朝探鳥ツアーに出かけます!
さ~て、誰に会えるかな?

沖縄探鳥旅行記 2009年5月 第2話へ続く

<余談>
プライベートリゾートオクマ周辺は、海と景色が大変きれいです。

オクマ1
プライベートリゾートオクマ周辺 海辺の風景

沖縄県の本島北部は、観光客があまり訪れないので、豊かな自然が残っている場所として、あーちゃんのお気に入りポイントの一つになっています!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ