自由満喫!自然界に生きる家禽たち 第1話

人間の飼育の下、育ち、大空へ羽ばたき自然に帰っていく・・・それは、トキ!多額のお金を注がれ、華々しくスポットの当たる(中国産)トキですが、人間に飼育され、自然界で生き抜いている鳥さんたちは他にもいます。今回は、トキに負けじ?と自然界でたくましく生きる家禽たちの姿を2回に分けて紹介します。

家禽が出来上がった経緯としては、フカフカの羽毛を採るためや、人間の胃袋を満たすためですが、遺伝子操作された家禽は知能が低く、とても自然界では生きられない、といわれています。ところが、中には、おりこうな家禽もいるようで、立派に自然界で生きている姿を目撃します。

とある冬、埼玉県のとある川岸を散策していると、カモ達の群れに混じり、ひときわ大きな鳥さん数羽を発見!

家禽3
2010年11月 埼玉県とある川付近 どデカい鳥さんが数羽!

ツールーズにシナガチョウといった家禽たちです。彼らは、この川岸を棲家としているようです。

家禽4
ハイイロガンを原種とするツールーズ

家禽5
サカツラガンを原種とするシナガチョウ

ツールーズとシナガチョウは、とにかく大きいです。足元には体長約40~50cmのヒドリガモがいるのですが、ヒドリガモがヒヨコサイズに見えます。

家禽6
ヒヨコちゃんサイズに見えるヒドリガモ(下)

この後、ツールーズとシナガチョウのジャンボ軍団は、ザブザブと川に入って行きました。

家禽7
ジャンボ軍団、川に入る!

今度は、オナガガモ達に混じって、スイスイと泳ぎ始めます。

家禽8
ジャンボ軍団、オナガガモと群れる!

「自分たちが特殊な存在」ということを全く気にかけないジャンボ軍団たち。彼らは当然の権利といわんばかりに、野生のカモたちと一緒に自由を満喫していました。

「自由満喫!自然界に生きる家禽たち 第2話」へ続く
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ