北海道探鳥旅行記 2011年10月 第6話

野鳥の世界 北海道探鳥旅行記 2011年10月 3日目の続き

知床峠に向かう途中の山林を散策してみることに。以前訪れたことのある場所なのですが、間違って、別の山林に入り込んでしまい、笹がすごくて前に進めなくなりました。エゾシカのフンがたくさん落ちていたので、「おかしい!」と思い、戻ることにしたのですが、どうやらけもの道を歩いていたようです

北海道16
けもの道

間違いに気づいて引き返し、本来の山林を探し当てました!整備された山林は、本当に歩きやすいです。

北海道17
整備された山林

知床峠付近の山林 午前11時~11時30分。

クマ鈴を鳴らしながら進んで行くと・・・ミヤマカケスが姿を現しました。3羽の内、1羽が興味津々で近寄って来ました!

ミヤマカケス3
ミヤマカケス

ミヤマカケスの詳細記事「鈴の音大好き ミヤマカケス」はこちら

名残惜しいのですが、そろそろ女満別空港方面に向けて出発です。

網走に向かう途中の草原に野鳥の姿を発見。大きめの野鳥なので、車を停めて確認してみることに。ノスリ3羽とトビ(幼鳥)です。トビ(幼鳥)は、夢中で何かを食べていました。

トビ9
トビ(幼鳥)

ノスリ5
ノスリ

いったん飛び去ったノスリですが、元の場所に戻ってきました。

ノスリ6
ノスリ

7羽~8羽のショウドウツバメの群れも、この草原にいましたが、動き回るので、写真は撮れず。

網走 とある湖 午後2時~3時。

今にも降り出しそうな空模様ですが、湖には非常にたくさんの水鳥がいて、圧巻の光景です。コガモ、ユリカモメ、遠くに10羽ほどのオオハクチョウの姿が見えます。上空にはトビ数羽が飛翔しています。

北海道26
たくさんの水鳥

コガモ2
コガモ

オオハクチョウ1
遠くに10羽ほどのオオハクチョウ

オオハクチョウ2
羽をバサバサとダイナミックに動かすオオハクチョウ

その他の湖もチェックしてみると・・・アオサギファミリーや、約数百羽の水鳥がいました。

湖付近の林には、アオジがたくさんいるのですが、動きが早くて写真は撮れず。

これだけ多くの野鳥が飛来している、ということは、これらの湖には、さぞかし豊富な食料があるのでしょう!さらに南下を続ける鳥さんも、北海道で越冬する鳥さんも、厳しい冬を前に、しっかり食べておかないといけませんね!

さて、とうとう時間切れです。あっという間の3日間でした。ここで雨が本降りとなってきましたが、もう終わりなので、まぁいいか!

夏に訪れることの多い北海道ですが、今回の旅では秋ならではの魅力的な一面を見せてくれました。ありがとう、北海道の野鳥たち!チュ!

<余談>
「北海道の秋の気候ってどんな感じだろう?寒さに耐えられるだろうか?」と行く前は心配でしたが、寒かったのは、朝と夜だけで昼間は爽やかな気候でした。
初めて行く場所では、どこにどんな野鳥がいるか分からないため、適当にブラブラするのですが、これまた結構楽しいです。いろんな発見がありますから!

北海道探鳥旅行記 2011年10月 トップへ戻る

北海道探鳥(2012年)の関連記事「北海道探鳥旅行記 2012年7月 第1話」はこちら
北海道探鳥(2010年)の関連記事「北海道探鳥旅行記 2010年7月 第1話」はこちら
北海道探鳥(2009年)の関連記事「北海道探鳥旅行記 2009年7月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ