北海道探鳥旅行記 2011年10月 第2話

野鳥の世界 北海道探鳥旅行記 2011年10月 1日目の続き

網走のとある湖で探鳥を続けます。

カモ類がたくさんいます。

北海道21
カモ類がたくさん!

マガモ10
マガモ(メス)

オオセグロカモメ(幼鳥)の姿も。親鳥と全く色味が異なるので別の生き物みたいです。

オオセグロカモメ7
オオセグロカモメ(幼鳥)

上空に数十羽の野鳥の群れが飛翔しているのが観えます。カモの仲間のようです。

北海道22
カモ類

近くの別の湖にはたくさんのオカヨシガモが!

オカヨシガモ1
オカヨシガモ

これだけ密集していると、突如としてケンカが始まります。羽に咬みついたり大騒ぎ!

オカヨシガモ2
ケンカするオカヨシガモ


湖付近にはトビがよく止まっています。
トビ8
トビ

さらに別の湖もチェックしてみると、スズガモがたくさんいました。みんなメスのようです。

スズガモ1
スズガモ

スズガモ2
何故かみんなメス?のスズガモ

ウトロへ向かう途中の遠音別橋にたくさんの人だかりが。何事か?と車を降りて、橋の下を眺めると・・・シロサケ、カラフトマスの遡上で賑わっているところでした。もう夕方5時を過ぎており、急激に気温が下がり寒くなってきたのと、暗くてよく分からないのとで、翌朝、出直すことに。

北海道探鳥旅行記 2011年10月 第3話へ続く

<余談>
昼間はポカポカ陽気でも、夕方の冷え込みは冬の寒さでした。この温度差も驚きです。服装を間違えると風邪をひいてしまいそうです。

北海道探鳥旅行記 2011年10月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ