北海道探鳥旅行記 2011年10月 第1話

野鳥の世界 北海道探鳥旅行記 2011年10月 1日目

今回は、2011年10月に2泊3日で北海道東部を旅した際の探鳥のお話です。第1話~第6話の6回に分けて、紹介していきます。
北海道の真冬の寒さは耐えられそうもないため、秋なら何とか大丈夫だろう、ということで、秋の北海道に行ってみることに。夏鳥たちはすでに去り、冬鳥たちが飛来している?さて、誰に出会えるでしょうか?

北海道東部

昼ごろ女満別空港へ到着。天候は晴れで、気温は約15度もあり、暖かくてありがたいです。
まずは、網走にあるいくつかの湖を探鳥してみることに。

女満別~網走 午後2時40分~3時頃。

海岸にたくさんのカモメ類を発見。オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコなどが群れています。

北海道20
たくさんのカモメ類

ウミネコ2
ウミネコ(前:幼鳥)、セグロカモメ(後:成鳥)

波にプカプカ浮いているのは、シノリガモです。顔の模様がとっても面白いです。

シノリガモ1
シノリガモ

シノリガモ2
ちょっと遠いけど顔の模様が面白い! シノリガモ

海岸には多くのトビがあちらこちらに止まっています。魚を狙っているのでしょうか。駐車場にはハクセキレイがいて愛想を振りまいています。

網走 とある湖 午後3時10分~4時。

林にアオジの群れとベニマシコのオスを発見。繁殖地の北海道を去り、これから越冬地へ向けて南下を始めるのでしょう。

冬鳥のカシラダカの姿もチラホラと見えます。カシラダカの一部は北海道で越冬するけれども、多くはもっと暖かい南へ向かうようです。

カシラダカ8
カシラダカ

アオジ12
アオジ

北海道探鳥旅行記 2011年10月 第2話へ続く

<余談>
埼玉では、2011年の夏も非常に暑かったため、野鳥たちは隠れてしまって、あまり姿を見せてくれませんでした。秋の北海道で、たくさんのカモメたちを観た時、「久々に鳥さんがたくさんいる!」と嬉しくなりました!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ