派手な寂しがり屋 オグロシギ

野鳥の世界 オグロシギ

赤褐色の夏羽がきれいなオグロシギという鳥さんがいます。大型のシギの仲間の野鳥で、繁殖地はユーラシア大陸中部~北部、越冬地は東南アジアやオセアニアといわれています。日本では春と秋の渡りの時期に少数のオグロシギを観察することができるようです。

今回は、このオグロシギのお話です。

早朝の干潟で、赤っぽい大きめの野鳥が採餌していました。「誰だろう?」と、観察していると、尾羽が黒いことに気づきました。オグロシギです。尾が黒いので、オグロシギ!

オグロシギ1
2012年5月 鹿児島県奄美大島 大瀬海岸 オグロシギ

オグロシギは全長約38cmもあり、見ごたえがあります。

オグロシギ2
足が長い!

オグロシギの夏羽は赤っぽく、とてもきれいです。遠くからでもかなり目立ちます。このオグロシギは濃い赤褐色なのでオスです。(メスは色味がもっと薄い)

オグロシギ3
オグロシギのオス(夏羽)

足が長く、くちばしも長いオグロシギは、水が深いところでもジャブジャブ入って、採餌することができます。大型のシギならではのメリットですね。

オグロシギ4
深いところでも採餌できるオグロシギ

オグロシギのお尻ショットはこんな感じです。

オグロシギ5
名前の由来の通り、尾が黒いオグロシギ

非繁殖期のオグロシギは小群で行動するそうですが、この時みかけたオグロシギはお一人様でした。たった1羽だと心細いのか、アオアシシギにべったりでした。

オグロシギ6
オグロシギ(左)、アオアシシギ(右)

オグロシギは、甲殻類やゴカイ類、昆虫やミミズなどを捕食するそうですが、このオグロシギは、食べる時もアオアシシギのそばで採餌していました。

オグロシギ7
カニを捕らえたオグロシギ

せっかく捕らえたカニをアオアシシギに奪われないかと思うのですが、そんなことはありませんでした!オグロシギとアオアシシギは結構、仲良しのようです。オグロシギの方がアオアシシギより一回り大きいのですが、同じ大型のシギということで、近くにいると安心するのかも?

オグロシギは繁殖地であるユーラシア大陸に向かう途中、この海岸に立ち寄ったようですが、ほぼ目的地が一緒のアオアシシギたちとどこまで行動を共にするのでしょうか。途中まで一緒に旅をしたりすることもあるのでしょうか。

オグロシギ8
「ねぇ、君!いつまで一緒にいてくれる?」 オグロシギ(左)

見た目は派手だけど、ちょぴり寂しがり屋?のオグロシギさん。アオアシシギと仲良く北の繁殖地目指して旅立ってください、お元気で!チュ!

<余談>
同種同士でも争いが絶えず、他の野鳥と仲良くできないジャイアンのような鳥さんもいれば、種は違っても一緒に行動できる気の優しい鳥さんもいます。オグロシギやアオアシシギはそんな気の優しい野鳥の一種なのだなーとつくづく思いました。

さて、人間はどちらの種に属するでしょう?
どちらかというとジャイアンに近い性質の人が多いような・・・。破壊や戦争がなくならないのは、ヒトという種が持つ性質のせい?もちろん、中には慈愛あふれる立派なヒトもたくさんいますが。

シギたちのように気の優しいヒトがもっと増えれば、よりよい世の中になるのかも?

<オグロシギを脅かすもの>
湿地・干潟・水田・湖沼の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ