スリム体型がご自慢 アオアシシギ

野鳥の世界 アオアシシギ

スマートな体にスラリとした長い足が特徴のアオアシシギという鳥さんがいます。大型のシギの仲間の野鳥で、繁殖地はユーラシア大陸北部、越冬地はアフリカや東南アジア、オセアニアといわれています。日本では春と秋の渡りの時期、南西諸島では冬季も観察することができるようです。

今回は、このアオアシシギのお話です。

早朝の干潟には、たくさんの野鳥が食事をしにやって来ます。旅先の干潟で、次々と舞い降りてくる野鳥たちをワクワクしながら眺めていると、数羽の白っぽい野鳥たちが目に入りました。

干潟は広く、双眼鏡での識別でもかなり難しいため、写真を撮って確認します。この野鳥たちは・・・アオアシシギでした!

アオアシシギ1
2012年5月 鹿児島県奄美大島 大瀬海岸 アオアシシギ(夏羽に換羽中)

アオアシシギは4羽います。1羽のアオアシシギはお一人様で食事中です。

アオアシシギ2
お一人様のアオアシシギ(夏羽に換羽中)

このアオアシシギたちは2羽でぼぉ~としています。

アオアシシギ3
ペアのアオアシシギ(冬羽)

残り1羽のアオアシシギは、何故かオグロシギと一緒にいました。

アオアシシギ4
オグロシギ(右)と一緒のアオアシシギ(左)

アオアシシギの体長は約35cm、足の色味が青みがかっているため、アオアシシギという名前が付けられています。足が黄色いキアシシギ、足が赤いアカアシシギ(絶滅危惧種)、と同じくアオアシシギも単純な名前となっているのですねー。

アオアシシギは水生昆虫や甲殻類などを捕食するので、この干潟でも他の野鳥と同じくたくさん食べるのでしょうが、アオアシシギはとてもスリムに見えます。努力もせず、スマートな体型とは羨ましい限り。

アオアシシギ5
スリムなアオアシシギ(夏羽に換羽中)

奄美大島では、越冬しているアオアシシギもいるようなので、このアオアシシギたちは、この場所で越冬していたのか渡りの途中だったのか定かではありませんが、この後、北方の繁殖地に向けて、旅立ったことでしょう。
次は、いつ、どこでスリムな姿を見せてくれるでしょうか?お元気で、アオアシシギさん!チュ!

<余談>
多くのシギの仲間は南方で越冬し、北方で繁殖するので、非常に長距離を旅することになります。何故に北方まで行って子育てをするのか?と思うのですが、夏の北の大地には、食べ物がとても豊富にあるため、子育てに適した環境となっているからです。

春は北へ向けて、秋は南に向けての移動を繰り返す彼らは、とっても忙しい生活を送っていることになりますねー。人間の世界では、年々怠け者が増えているように思いますが、野鳥たちはとっても働き者なので感心させられます!

<アオアシシギを脅かすもの>
干潟・水田・湖沼の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スリム体型がご自慢 アオアシシギ】

■野鳥の世界 アオアシシギスマートな体にスラリとした長い足が特徴のアオアシシギという鳥さんがいます。大型のシギの仲間の野鳥で、繁殖地はユーラシア大陸北部、越冬地

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ