圧巻の長~いくちばし ホウロクシギ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 ホウロクシギ

驚くほど長いくちばしを持つ、ホウロクシギという鳥さんがいます。とても大きなシギ類の野鳥で、日本で観察できるシギの中では最大です。

繁殖地は限定的でシベリアやカムチャツカ、中国東北部で、越冬地は東南アジアやオーストラリアといわれています。日本には旅鳥として干潟に立ち寄るのがほとんどですが、数は減少傾向にあるそうです。関東以西では越冬するホウロクシギもいるそうです。

今回は、このホウロクシギのお話です。

春の干潟には、多くの旅鳥たちが立ち寄るはずなので、旅先では可能な限り、干潟をチェックするようにしています。

奄美大島で干潟を眺めていると・・・大きな野鳥の姿が目に入りました。遠くからでも、長いくちばしが目立っています。このサイズだと、ダイシャクシギかホウロクシギですが、さて、どちらでしょうか?

ホウロクシギ1
2012年5月 鹿児島県奄美大島 大瀬海岸
くちばしの長い大きな野鳥

この鳥さんは、下面が白色ではなく褐色味があるので、ホウロクシギです。

ホウロクシギ2
ホウロクシギ

ホウロクシギの大きさは約62cmもあり、くちばしも頭長の約3倍もあります。これだけ長いくちばしで、何を食べるかというと・・・ゴカイやカニ類です。

この異様に長~いくちばしで、ホウロクシギはどうやって獲物を捕らえるのでしょうか?

斜めにブスッと砂の中にくちばしを差し込んで・・・

ホウロクシギ3
斜めにくちばしを差し込んで・・・

首をねじります!

ホウロクシギ7
必殺ねじり技!目はちゃんと閉じるよ!

ホウロクシギは、チュウシャクシギ同様、カニが好物で、やはり脚をブンブンと振り回して、脚をもぎとってから食べます。必殺ねじり技もチュウシャクシギと同じです!

ところで、ホウロクシギのホウロクって何だろう?と不思議に思い、調べてみました。

煎ったり、蒸し焼きなどに使われる底の浅い素焼き鍋のことを焙烙(ホウロク)というそうです。この鍋の色味が似ているということで焙烙シギ(ホウロクシギ)と呼ばれるようになったそうです。江戸時代の頃からのネーミングだそうで、焙烙鍋を知らない、若い?あーちゃん世代だとピンとこないのも仕方ないかも?

ホウロクシギ4
焙烙(ホウロク)鍋の色味に似ているので、ホウロクシギ

ホウロクシギを正面から見ると、なんとも面白い顔です!変な生き物みたいです。

ホウロクシギ5
ホウロクシギの正面顔

ついでに、お尻ショットはこんな感じです。

ホウロクシギ6
ホウロクシギの背面ショット

なかなか観察する機会のないホウロクシギ。日本への渡来数も減少傾向にあるそうなので、次はいつ出会えるかな?この後、無事、北方の繁殖地へたどり着いてくださいね。お元気で!チュ!

<余談>
ホウロクシギぐらい大きいと動作もゆったりとしていて、なかなか貫禄があります。くちばしが長く、脚も長いと、それだけ食べ物を捕獲できる確立が高くなるので有利なはずですが、絶滅が危惧されているのは何故でしょうか?
繁殖できる場所が局地的、というのが原因?繁殖地を観察できる機会がないため、状況がどうなっているのか不明ですが、海外の繁殖地、越冬地も含めた保全がない限り、生存が難しいってことなのでしょうね。頑張れ!ホウロクシギ!

<ホウロクシギを脅かすもの>
干潟・河口・水田・草地の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ