人類の希望の星? 不老の鳥類(ぴーさん)

鳥さんを長年飼育したことがある方は、彼らが老けないことに気がつくと思います。種によっては何十年も生きる鳥さんもおり、成鳥になってからは何年経っても衰えることがないため、年齢不詳に陥ります。

実際、ペットショップなどでオウムなどのカゴに「年齢不詳」と記載された札を見かけることもあります。
「この鳥さんは5歳ぐらい?または20歳ぐらい?」となるので、とても不思議な現象が起きていることになります。人間の世界では、5歳児と成人とでは、明らかに見た目が異なりますので。

今回は、鳥類を代表して、我が家のぴーさんに登場してもらい、不老について語って?いただきます。

ぴーさん3
鳥類を代表して不老について熱く語る、ぴーさん

質問者(): あーちゃん

回答者(): ぴーさん

: 「ぴーさんは、現在いくつになられましたか?」

: 「2012年5月現在で13歳だよ」

: 「幼鳥時代はさておき、成鳥になってからは、何年経ってもお変わりありませんが」

: 「そりゃそーさ。鳥類は死ぬ間際まで若いのさ」

: 「人間界の日本女性の間では、アンチエイジングというものが流行っており、多くの女性が高額なお金をかけて若さを保つのに必死のようです。鳥類のみなさんは無料(タダ)で、特別な努力もせず、アンチエイジングを体現しているってことですね?」

: 「そうだよ。ってことは、哺乳類は鳥類より格下ってことだね。17歳のまーさん(犬)は、目も見えず、耳も聞こえず、頭もボケ気味だしな」

: 「残念ながら、哺乳類は年齢とともに老いていくっていう種のようで・・・。ところでぴーさんは、身体的な機能は全く衰えていないのですか?」

: 「全く変わらず、頭脳明晰、視力も抜群だね。どこかの機能が一つでも衰えるとそれは死ぬ時だね」

: 「つまり、ヨボヨボの寝たきり状態で生き続けることはないってことですね?」

: 「そうだよ。死ぬ間際までピンピンしているのさ!」

: 「なるほど。ここで、まーさんとぴーさんの今と昔を比較してみましょう!」

ぴーさん4
3年前 → 現在(17歳)
まーさんの写真。明らかに老化しています。
(まーさんのプライバシー保護のため、目隠しをしています)


ぴーさん5
3年前 → 現在(13歳)
ぴーさんの写真。全く変わらず!

: 「おお~!差は歴然ですね!不老は鳥類の素晴らしい機能の一つ、ですね!ぴーさん、貴重なお話、ありがとうございました」

: 「哺乳類は、まだまだ進化が足りんのう!」

って、ことで、すでにヨボヨボのまーさん(犬)を後目に、ぴーさんは、歌って踊ってルンルンルンの人生をまだまだ謳歌中です。

ぴーさん6
「鳥類って、すごいだろ?」

いや~、何年経っても老いないとは、すごい体の構造ですねー。恐るべし、鳥類!死ぬ間際まで老いることのない鳥類たちは、まさに人類の希望の星!ですね。
ぴーさん、ご協力、ありがとうございました。チュ!

<余談>
あーちゃん宅では、まーさん(犬)、レオさん(犬)、ぴーさん(鳥)、たーさん(人)と何と10年以上も同メンバーで過ごしてきました。
10年も経つと、老いていくのが普通ですが、ぴーさんだけは、10年前も今も全く変わらず、です。
得意の物まねにも、さらに磨きがかかり、水の流れる音、爪を切る音、犬の吠え声、野鳥の鳴き声など、日々しゃべくりまくっています。

いつまでも若いっていいですねー。
あーちゃんも、何年経っても、「20歳みたいね!」と言われ続けてみたいです

ぴーさんの関連記事「「自分が幸せな青い鳥 ぴーさん」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

さよなら、ぴーさん、まーさん

この記事を書いてから数か月後、ぴーさんがこの世を去りました。14歳と2ヶ月でした。
前日の夜まで普通に元気で、翌朝、「今朝は歌って踊ってルンルンルンではなく静かだな。」と少し気になった程度。夜、家に戻ったら、眠るように亡くなっていました。
上記の内容通り、全く老いた兆候がなかったので、心構えができておらず、本当に驚きました。
後で調べたところ、ぴーさんは人間の年齢でいうと112歳ぐらいだったようです。本当に寿命が尽きて逝ってしまったのですね。

そして、ぴーさんが亡くなった9日後、今度はまーさんがこの世を去りました。こちらもかなりの長寿で17歳と9ヶ月でした。
まーさんのヨボヨボ具合は凄まじく、最後は生きた化石のようでした。
それでも、食事、排泄と全てのスケジュールをきちんとこなし、亡くなる前日まで歩くこともできていました。
最後の日は、晩ご飯を食べ終わった後、容体が急変、5分もしないうちに逝ってしまいました。寝たきりにならず、苦しまずで、理想の最後だったと思います。

鳥類と哺乳類の違いをまざまざと見せつけられましたが、どちらも天寿を全うした姿は、あっぱれでした。
ぴーさん、まーさんからは、とても多くのことを学ばせてもらいました。本当にありがとう!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ