宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第5話

野鳥の世界 宮古島探鳥旅行記 2011年5月 2日目の続き その2

フェリーに車ごと乗り込み、無事、伊良部島へ到着。

伊良部島 午後1時45分~3時。

車で適当にウロウロすることに。
貯水池にゴイサギ(幼鳥)がいます。

ゴイサギ3
ゴイサギ(幼鳥)

他にはコサギ3羽とアオサギ(幼鳥)、別の貯水池にはバン(幼鳥)がいました。

伊良部島には野鳥観察園と呼ばれる観察台があるのですが、木々が成長して視界を遮っているため、野鳥たちの姿を観察することができません・・・(約半年前も今回も)。

公園にはアマサギが。

次は、干潟をチェックしてみることに。干潟には早足でチョコチョコと歩き回っているメダイチドリが。

メダイチドリ2
メダイチドリ(夏羽)

別の干潟にはキアシシギ、ダイサギがいます。

キアシシギ12
キアシシギ(夏羽に換羽中)

ダイサギ16
ダイサギ

小さなマングローブ林ですが、干潟には野鳥の姿がチラホラ見えます。

宮古島19
干潟の景色

その他、コサギ2羽、チュウシャクシギ、イソシギがそれぞれ数羽見えました。

車で移動を続けると、橋にサシバの像があり、像の右下にイソヒヨドリのオスが止まっています。イソヒヨドリのオスは、随分と小さく見えます。

イソヒヨドリ27
右下にイソヒヨドリ(オス)

上空にはカラスにモビングされているミサゴ(準絶滅危惧種)を発見。

ミサゴ5
ミサゴ

伊良部島に生息するカラスはリュウキュウハシブトカラスだそうです。

カラス10
リュウキュウハシブトカラス

牧山付近の畑には、セッカとキセキレイの姿が。

夕方、伊良部島を出発し、宮古島に戻ります。
再び、大野山林へ。

大野山林 午後5時頃。

先日、巣材を集めていたイソヒヨドリのメスに再会。この屋根の下に巣を作っています。
イソヒヨドリ28
イソヒヨドリ(メス)

もう夕方ですが、リュウキュウサンコウチョウがまだ飛び交っています。今度はメスをパシャリ。

リュウキュウサンコウチョウ22
リュウキュウサンコウチョウ(メス)

リュウキュウアカショウビンの姿を観るものの、写真は撮れず。
デイゴの花を食べているヤエヤマオオコウモリ(沖縄県指定の準絶滅危惧種)たちを発見。

ヤエヤマオオコモリ12
ヤエヤマオオコウモリ

ヤエヤマオオコウモリの詳細記事「おくるみ ヤエヤマオオコウモリ」はこちら

2日目もあっという間に終わりです。明日はいよいよ最終日。記録に残したい野鳥がまだまだいます。さて、どうでしょうか?

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第6話へ続く

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ