安全な餌場はどこ? タゲリ

野鳥の世界 タゲリ

美しい羽色と冠羽を持つタゲリ。この冬は、冬鳥の飛来数が極端に少ないので、タゲリに会うのは難しいかも?と思っていたのですが、タゲリに出会う機会がありましたので、その紹介です。

河川敷でムナグロを探している際、たまたま視界に白っぽい野鳥の姿が目に入りました。とても遠いのですが、写真を撮って拡大してみると、タゲリのようです。
タゲリは警戒心が強いといわれているため、そろそろと近づき、ようやくタゲリの姿をちゃんと観察できる距離となりました。タゲリは5羽いて、畑と草むらのような場所で採餌中でした。「この冬も、タゲリに会うことができた!」と嬉しく思っていると、近くにいたカラスが「あっち行けー」とタゲリを追いかけ始め、タゲリたちはどこかに飛び去ってしまいました・・・が~ん。

翌週、期待を込めて同じ場所を訪れてみると、すぐにタゲリの姿を発見。この時、タゲリは3羽いて、忙しそうに採餌していました。今度こそは写真を撮らせてもらおうと、ソロリソロリと近づいて、パシャリ。

タゲリ15
2012年2月 埼玉県とある河川敷 タゲリ(冬羽)

タゲリ17

この時出会ったタゲリたちも、ムナグロ同様、人間を全く恐れておらず、あえて人のそばで採餌していました。
この河川敷では運動している人たちが大勢いて、その近くで適度な距離を保ちつつ、餌を探しているのです。頻繁に現れる猛禽類に比べると人間の方がよっぽどマシ、ということなのでしょう。

タゲリ16
「人間の近くは安全!」

タゲリたちは、湿った地面から大きなミミズをひっぱりだして食べていました。美しい容姿にちょっと不釣り合いなシーンですが、食べないと生きていけないので、そんなことは言っていられません。

タゲリ18
「ミミズ発見!」

タゲリ19
「ここにもご馳走が!」

約30分後、帰りがけに車でタゲリたちの近くを通ったので、試しに窓を開けみることに。タゲリとの距離は約3メートルほど。しかし、タゲリは逃げません!やはり、驚くほど人に慣れており、この場所をとても気に入っているようです。

タゲリ20
「ここはとっておきの場所!」

タゲリ21
「安全で、ご馳走のある所は少ないんだよ」

この冬も、無事、タゲリの姿を確認することができて、ほっとしました。
次の冬はどこで出会えるでしょうか?お元気で、タゲリさん!チュ!

<余談>
世界的な湿地の減少により生息地が脅かされているタゲリ。適度に地面が湿っており、ミミズなどが生息できる環境で、安全な場所っていうのは、あまりないのかもしれません。

タゲリの関連記事:
「これがホントの田ゲリ タゲリ」はこちら
「風にも負けず タゲリ」はこちら
「田園の貴公子 タゲリ」はこちら

<タゲリを脅かすもの>
繁殖地、中継地、越冬地の環境破壊:世界中で、えさ場(湿地・河原・水田)が減少しているようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【野鳥の世界】

■野鳥の世界 タゲリ美しい羽色と冠羽を持つタゲリ。この冬は、冬鳥の飛来数が極端に少ないので、タゲリに会うのは難しいかも?と思っていたのですが、タゲリに出会う機会

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ