このくちばしが目に入らぬか! ハシビロガモ

野鳥の世界 ハシビロガモ

一目見たら忘れられないような、インパクトの強いくちばしを持つ、ハシビロガモという鳥さんがいます。カモ類の仲間の野鳥で、夏季は北海道で少数、冬季は本州以南で多く観察することができるようです。

今回は、このハシビロガモのお話です。

他人の顔を覚えるのに、どこかに特徴があると大変覚えやすいですが、野鳥も同様で、ハシビロガモはそのくちばしのおかげでバッチシ記憶に残ります。ハシビロガモのくちばしは・・・まるでシャベル!これで、他のカモ類と間違えられることは、まずないでしょう。

とある冬の寒い日、干潟で5羽のハシビロガモを見かけました。ハシビロガモの体長はオスが約50cm、メスが約43cmあるので、見つけやすいです。風が大変強く、水面がユラユラ状態でしたが、ハシビロガモたちは、仲良く食事をしていました。

ハシビロガモ1
2012年1月 千葉県谷津干潟 ハシビロガモ(左:オス、右:メス)

カモ類のオスの繁殖羽はとても美しく、ハシビロガモのオスも綺麗な羽色をしています。しかし、いったんくちばしに目がいってしまうと、そこに釘付けとなってしまい、「きれいだな~」という印象はすっとんでしまいます。

ハシビロガモ2
面白いくちばしに釘付け! ハシビロガモ(オス:繁殖羽に換羽中)

「どうだ!」といわんばかりの大きくて幅の広いくちばしに目が離せません!

ハシビロガモ3
「このくちばしが目に入らぬか!」 ハシビロガモ(オス:繁殖羽)
ははぁー、恐れ入りました。

ハシビロガモの採餌方法は、このシャベルのようなくちばしを水面につけたまま、数羽で円を描きながらプランクトンや植物の種子などを水面に舞い上げ、こしとりながら食べるそうです。

ハシビロガモ4
「くちばしを水面につけたまま、食べるんだよ!」

たくさん食べ物を口に入れるには、広いくちばしの方が有利なのでしょうね。

ハシビロガモ5
「くちばしは大きい方が有利!」

カモ類のメスは別種であっても似た羽色を持つ鳥さんが多いため、「誰?」と思うことがありますが、ハシビロガモのメスは迷う必要ありません!くちばしを見れば一目瞭然ですから。

ハシビロガモ6
ハシビロガモ(メス)

そうです、ハシビロガモのメスのくちばしの形状は、オスと同じなのです!

ハシビロガモ7
「このくちばしが目印よ!」 ハシビロガモ(メス)

ハシビロガモたちは、春になり、北方の繁殖地へ向けて旅立つその日まで、この干潟で越冬するのでしょうね。この冬は大変寒くなるそうなので、寒さに負けず頑張って生き抜いてください。お元気で!チュ!

<余談>
冬の干潟や沿岸部は、風が強いので相当寒いです。体がカチンコチンに固まってしまうような寒さの中、野鳥たちは一向に平気な様子で、採餌したり、眠ったりしていたので、改めて野鳥たちの強さを思い知らされました。
身一つで水の中にいるっていうだけでも、すごいことです。あーちゃんだと間違いなく凍死します。そう考えると、人間の体って、結構もろい造りですねー。もっと頑丈だったら、野鳥たちと一緒に寒中水泳ができたかも?

<ハシビロガモを脅かすもの>
河川・湖沼・干潟の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ