変顔自慢 ヒドリガモ

野鳥の世界 ヒドリガモ

オスはおでこが黄色いヒドリガモという鳥さんがいます。カモの仲間の野鳥で、冬季は日本全国の湖や池、海岸などで観察することができるようです。

今回は、このヒドリガモのお話です。

カモ類は、わりと警戒心が強いので、近くで姿を見せてくれることはあまりないのですが、たまたま逃げないヒドリガモ軍団に出会いました。

餌付けされているのかどうか分かりませんが、人を全く恐れてはいないようで、とても近い距離なのですが逃げません。

ヒドリガモ1
2011年11月 埼玉県とある池 ヒドリガモ(オス)

ヒドリガモは表情が豊かで、なかなかの変顔を見せてくれました。何かを歌っている?

ヒドリガモ2
首を上に向けて、口を開けるこのポーズ。陸上でも数回見かけました。

正面顔も面白いです。正面だと顔幅が狭く、鼻孔が目立ちます。

ヒドリガモ3
横顔はかわいいですが正面は・・・変顔です。 ヒドリガモ(オス)

ヒドリガモのメスは、他のカモ類と同様、地味な衣装です。オスは体長約53cm、メスは約43cmだそうですが、大きさはあまり変わらないように見えました。

ヒドリガモ4
ヒドリガモ(メス)

ヒドリガモは、水上の植物だけではなく、陸に生えている草の葉や種子も食べるそうで、この時も大勢でノコノコと陸に上がってきました。暖かい日差しの中、ほのぼのとした光景です。

ヒドリガモ5
陸上の草も採食するヒドリガモ軍団

ヒドリガモは陸上の草も食べやすいよう、くちばしが短くなっているそうです。首も短く、頬がふっくらしていて、全体的に丸っこくて可愛らしいです。

ヒドリガモ6
丸い!首もくちばしも短いヒドリガモ(オス)

愛嬌のある姿、形のヒドリガモですが、時には養殖海苔を食べてしまうこともあるそうです。雑草を食べる時は益鳥ですが、養殖海苔を食べてしまうと害鳥扱いされてしまうので、気をつけてくださいね、ヒドリガモさん!チュ!

<余談>
越冬するため、はるばる日本各地の湖や池にやってきたヒドリガモたち。丸っこい体つきからは、とても長距離を旅する野鳥には見えないので、「こんな体つきでよく飛べるなー」と改めて驚かされます。
よく見かけるカモであっても、近くで観察できる機会があると、新たな発見があり、面白いですね。

<ヒドリガモを脅かすもの>
湖沼・池の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
狩猟:生息数が減ります。狩猟される機会は少ないそうですが、実際はどうなのでしょうか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ