母子家庭 キビタキ

野鳥の世界 キビタキ

キビタキのオスは、美しい羽色と美声で人気がありますが、メスとその子供はどんな姿をしているのでしょうか?富士山でキビタキの親子に出会う機会がありましたので、今回はその紹介です。

8月に富士山を訪れた際、標高約1,000付近の林で、茶色の小さな野鳥を見かけました。その野鳥は「カッカッカッ」と鳴いており、フライングキャッチをしていたので、ヒタキ類?とは思ったのですが、識別可能な写真は撮れず。

8月の富士山は登山客で混雑しており、車両規制もあったため、9月に出直そう、ということで、約1ヶ月後に再び同じ場所を訪れてみることに。9月中旬ともなると、朝はかなり涼しいので、「夏鳥たちはもう渡りを始めていて、あの野鳥は同じ場所にはいないかも」と、思いつつも、再チェック!です。

林の中は、散策しやすいよう道が整備されており、前回、茶色の野鳥を見かけた場所で立ち止まって、様子をうかがっていると・・・数メートル先の枝でフライングキャッチをしている2羽の野鳥を発見!双眼鏡で確認すると、同じ鳥さんです!

今度は、しばらくの間、姿を見せてくれました。まだら模様のある、茶色の野鳥です。さて、これは・・・誰でしょう?

キビタキ18
2011年9月 富士山 標高1,000メートル付近の林

最初、「サメビタキ?」と思ったのですが、体色や目の大きさ、止まり方が微妙に違っています。実は、この鳥さん、かの有名なキビタキの幼鳥でした。

キビタキ19
キビタキの幼鳥

2羽の内、1羽がキビタキのメスだったので、「ははぁ、もう1羽は幼鳥か!」と分かりました。

キビタキ20
キビタキ(左:幼鳥、右:メス)

幼鳥の姿はあまり目にする機会はありませんが、結構地味ですねー。けれども、もし、オスなら、あの美しい羽色に変身!するわけですね。

キビタキ21
「今は目立たない方が安全なんだよ!」キビタキ(幼鳥)

この親子のキビタキは、一緒に何度もフライングキャッチを繰り返していました。飛翔している虫の捕り方を子供に教えていたのかもしれません。

ところで、ここで疑問が。キビタキのお母さん、お父さんはどこにいるのですか?

キビタキ22
「あの人、家出しちゃったのよ!」キビタキ(メス)

というのは、本当かどうか分かりませんが、前回も、今回も、オスの姿は全く見当たりませんでした。この親子は、メスだけで子供の面倒を見ているようでした。つまり、母子家庭ってことですね。お母さんキビタキは、えらい!ですね。

この親子のキビタキは、そろそろ南の越冬地を目指して渡りを開始する頃でしょうが、一緒に渡りをするのかなー?その方が子供のキビタキにとっては心強いはずですが。それとも、「かわいい子には旅をさせよ!」とばかりに、いきなり突き放すのでしょうか。

キビタキ23
「お母ちゃん、見捨てないで一緒に渡ってね!」 キビタキ(幼鳥)

野鳥の世界で生き抜くのは、本当に試練の連続ですが、どうか無事、越冬地までたどり着き、来年、また日本に戻って来てくださいね、キビタキさんたち!チュ!

<余談>
昨年の夏は観測史上最も暑く、今年の夏は4番目に暑かったそうです。今後、温暖化の影響で、集中豪雨や大型台風の襲来も増えるそうです。
DNAを傷つける放射性物質の影響も避けられないでしょうし、生き物たちにとって、ますます過酷な環境になりつつあります。野鳥たちは、何も知らずに汚染された物を食べています。それが蓄積されると、何からの形で子孫に現れるでしょう。もしも、奇形の野鳥や色素が抜けてしまった白色の野鳥を観察する機会が増えたら・・・我々人間も同様に影響を受けている、ということになります。人間だけ大丈夫!なんてことは、ありませんから。

それにしても、人間はどんだけ地球を破壊すれば気が済むのだろう?めぐりめぐって、自分たちの首を絞めているというのに・・・。

キビタキの関連記事:
「キビタキ夫妻」はこちら
「勉強熱心な努力家 キビタキ」はこちら
「夏の森のアイドル キビタキ」はこちら

<キビタキを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ