スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島探鳥旅行記 2010年10月 第10話

野鳥の世界 宮古島探鳥旅行記 2010年10月 3日目の続き その3

島尻マングローブの干潟には、数羽のチュウシャクシギがいます。

チュウシャクシギ9
チュウシャクシギ

自慢の長いくちばしで、穴の中に隠れているカニを捕まえます。

チュウシャクシギ10
カニに夢中のチュウシャクシギ

バシャバシャと豪快に水浴びするチュウシャクシギの姿も。

チュウシャクシギ7
チュウシャクシギ

チュウシャクシギの詳細記事「不思議なくちばしに釘付け! チュウシャクシギ」はこちら

島尻マングローブの干潟には、数羽のアカアシシギ(絶滅危惧種)の姿も発見。

アカアシシギ6
アカアシシギ(冬羽)

アカアシシギの詳細記事「幸せな食べ放題 アカアシシギ(絶滅危惧種)」はこちら

島尻マングローブの遊歩道の終点に、きれいなイソヒヨドリのオスが。

イソヒヨドリ16
イソヒヨドリ(オス)

最後に大野山林を散策してみることに。

大野山林 午後3時30分~5時。

上空に猛禽類が飛翔している姿を発見。確認すると・・・サシバ(絶滅危惧種)です!

サシバ26
サシバ

後で調べてみると、ちょうどこの日から数日間にかけて、宮古島、伊良部島に約13,000羽!ものサシバの飛来記録がありました。この時出会ったサシバは、渡りの第一陣として飛来した中の一羽と思われます。

サシバ27
サシバ 長旅、お疲れさま!

山林を散策中に、何とたーさんがヨナクニカラスバト(絶滅危惧種)を発見!

カラスバト6
ヨナクニカラスバト

カラスバトの詳細記事「珍事の源 カラスバト(準絶滅危惧種)」はこちら

リュウキュウヒヨドリとリュウキュウメジロが、果物を奪い合い中です。

ヒヨドリ10
リュウキュウヒヨドリ

メジロ18
リュウキュウメジロ

森の中で、ぶら~んとぶら下がっている、ヤエヤマオオコウモリを発見。かわいいお猿顔がとっても魅力的です。

ヤエヤマオオコウモリ3
ヤエヤマオオコウモリ

ヤエヤマオオコウモリの詳細記事「完璧なるきょうつけ ヤエヤマオオコウモリ」はこちら

これにて、探鳥旅行は終了です。

秋の宮古島は、渡り途中や越冬目的に飛来した野鳥が多く、貴重な姿を観察させてもらうことができました。姿を見せてくれた多くの野鳥たちに感謝、またお会いしましょう!チュ!

<余談>
渡り鳥たちの多くは、冬季は東南アジアなどを越冬地として利用し、夏季は日本や北部の地域を繁殖地として利用しますので、春と秋には、はるばる海を渡らないといけません。もし、宮古諸島がなければ・・・沖縄本島と八重山諸島の間をノンストップ?で飛翔することになるので、これはもう多分、無理!
沖縄本島と八重山諸島のちょうど中間に位置する宮古諸島は、小さいながらも野鳥たちの休息&栄養補給の場所として、とても大事な役割を担っているなぁと、今回の旅で、改めて実感しました。

今回は、伊良部島でサシバの大群が押し寄せる瞬間に立ち会うことができませんでしが、いつか、ぜひともその光景を観てみたい!です。きっと、すごいんだろうなー。

宮古島探鳥旅行記 2010年10月 トップへ戻る

宮古島探鳥(2011年)の関連記事「宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。