宮古島探鳥旅行記 2010年10月 第3話

野鳥の世界 宮古島探鳥旅行記 2010年10月 2日目

この日の天気は、雨のち曇りのち晴れとめまぐるしく変わり、気温は28℃ぐらいでした。昨日のように、降りっぱなしではないので、ありがたい!

早朝探鳥は、大野山林へ。

途中、電線に大きなヤエヤマオオコウモリ(沖縄県指定の準絶滅危惧種)が、ぶら下がっていました。このような光景は見慣れていないので、かなりインパクトがあります。

ヤエヤマオオコウモリ1
ヤエヤマオオコウモリ

大野山林 午前7時~8時。

朝も早くからフライングキャッチをしている元気な野鳥を発見!エゾビタキです。越冬地への渡りの途中、宮古島に立ち寄ったのでしょう。

エゾビタキ5
エゾビタキ

林道にキンバト(絶滅危惧種)を発見!けれども、あっという間に逃げ去ってしまいました。

キンバト1
キンバト

緑色の小さな実がたくさん付いている木にリュウキュウヒヨドリの幼鳥を発見。宇宙人みたいな顔をしています。

ヒヨドリ5
リュウキュウヒヨドリ(幼鳥)

この木には、リュウキュウメジロもたくさん群がっていました。

メジロ15
リュウキュウメジロ

南部のゴルフ場付近 午前8時30分頃。

早朝探鳥からの帰りがけ、空地を眺めていると・・・数十羽のムナグロとツメナガセキレイが採餌している光景を発見!

ムナグロ13
ムナグロ(冬羽)

ツメナガセキレイ8
ツメナガセキレイ(冬羽)

ゴルフ場の池付近の木のてっぺんにコサギがいます。

コサギ2
コサギ

大きな魚をゲットし、のそのそ歩いているダイサギが。このダイサギは、魚を頭から飲み込むべく、魚をパッと放して見事に空中キャッチする姿を披露してくれました!

ダイサギ6
ダイサギ

ダイサギの詳細記事「ダイサギ流、魚の取り扱い方法」はこちら

次は、宮古島の南に位置する来間島へ行ってみることに。

宮古島探鳥旅行記 2010年10月 第4話へ続

<余談>
大野山林を散策している際、小さな川のような場所に、たくさんのゴミが捨てられているのが目につきました。
「天然記念物のキンバトやカラスバトが生息する山林に、ゴミを捨てる人がいるとは!」と、驚きました。彼らは、人間の行動いかんで、すぐにでも絶滅してしまうかもしれないのに・・・。過去にゴミをポイポイと捨てていた人は、ぜひとも、心を入れ替えてもらいたいです。

宮古島探鳥旅行記 2010年10月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ