新緑にマッチ オオジュリン

野鳥の世界 オオジュリン

2010年3月 渡良瀬遊水地

オスは、夏と冬とでは、別の野鳥?と思えるほど、体の色が変わる、オオジュリンという鳥さんがいます。生息場所が限られているため、埼玉県では出会う機会は少ないです。

今回は、渡良瀬遊水地で初めて出会ったオオジュリンのお話です。

渡良瀬遊水地には、広大なアシ原が広がっているので、ここには絶対にオオジュリンはいるだろう!と思っていました。しかし、実際に観たことがないので、もし、出会ったとしても、すぐに識別できるかなー、と少し不安でした。

渡良瀬遊水地内で、レンタサイクルに乗ってすぐ、道路わきの木々に、茶色い鳥さんが、たくさん飛び交っているのに気づきました。双眼鏡で覗いてみると、白と薄茶色模様の鳥さん。「もしや、これがオオジュリン?でも、オオジュリンはアシ原にいるのでは?本で見たオオジュリンより、ずっと明るい色合いだけど、体の模様がオオジュリンに似ているし・・・」と、少し悩んだ結果、オオジュリンと断定!冬羽のオオジュリンは、想像以上にきれいな色合いの鳥さんでした。

オオジュリン1


そして、自転車で進みながら、新芽の出た木々を観ると、いるわいるわで、オオジュリンのオンパレードでした。ここをオオジュリンロードと命名!

オオジュリン3


オオジュリン2


オオジュリンたちは、ヒラリヒラリと木々を移動しながら、新芽をついばんでいました。
同じ木にいたベニマシコと比べると、オオジュリンは、かなり活動的!

オオジュリン4


黄緑の新芽とオオジュリンの薄茶色の色合いが、何とも爽やかで春の風景にマッチしていました!

オオジュリン5


もうすぐ、北海道方面へ渡って行ってしまうので、また会えるのは、次の冬。しかも、自宅近辺にはいないので、遠征しないと出会えない鳥さん。

また会える日を楽しみに、お達者で!チュ!

<余談>
オオジュリンのように、夏羽と冬羽の異なる野鳥は、色変わり途中の鳥さんもいたりするので、識別が難しいです。
その他に、オスとメスとで色が違ったり、幼鳥と成鳥とで色が違ったりする野鳥たちもいるので、なかなか識別できない鳥さんに出会うと、なぞなぞをふっかけられた気がします。「「私は○○です!」とわかるよう、名札をつけて!」と鳥さんに対して、言いたくなる時があります。
野鳥の世界は、とても神秘に満ちていますね。

オオジュリン(夏羽)の記事「ガラッと変身! オオジュリン」はこちら

<オオジュリンを脅かすもの>
湿地にある草原(アシ原)等の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ