長野県戸隠探鳥記 2011年7月 第2話

野鳥の世界 長野県戸隠探鳥記 2011年7月 その2

高い木の上の方で、たくさんの野鳥が飛び交っているのですが、誰だか分かりません。写真で確認すると・・・イカルです!大きな黄色のくちばしが目印です。

イカル10
2011年7月 長野県 戸隠森林植物園 イカル

小さな池では、カイツブリファミリーを見かけました。親鳥はせっせとヒナの世話をしており、とっても微笑ましい光景です!

カイツブリ9
カイツブリの親子(左から2番目が親鳥、周囲3羽が幼鳥)

カイツブリ10
親鳥は、ヒナへの餌運びが忙しそう!

カイツブリの詳細記事「ヒナは別人(別鳥)? カイツブリ」はこちら

このエリアでは、他に、ホオジロ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヒガラを見かけ、ウグイス、ホトトギス、カッコウ、ツツドリの鳴き声が聴こえました。

次は、木が少し密集して生えており、日の光があまり差し込まないエリアを探鳥してみることに。そこは飛翔している虫が非常に多く、目の中に次々と飛び込んできます。このような場所を好む野鳥は・・・キビタキです!そこら中からキビタキの鳴き声が聴こえてきます。歩道脇の木に止まり、さえずっているキビタキを発見。

キビタキ17
キビタキ(オス)

このキビタキの縄張りには、他のキビタキのさえずりが聴こえていたため、お互い、縄張りの確認中だったのか、しばらくの間、同じ場所に止まってくれていました。

キビタキ14
ライバルの鳴き声をチェック中のキビタキ(オス)

自慢のさえずりで、鳴き返します!


ご自慢のさえずり キビタキ(動画 30秒:音声有)

このキビタキは、ずっと体を膨らませて丸くなっていました。

キビタキ16
丸い!

キビタキ15
さえずる時も、体を丸めたまま!

おそらく数十羽はいたと思われるキビタキですが、こんなに生息密度の高い森を訪れたのは、北海道以外では初めてでした。

さらに歩道を進んで行くと、たくさんのバードウォッチャーとカメラがずらりと並んだ光景に出くわしました。「何事か?」と思いきや、アカショウビンが近くの枝に止まり、しばらくの間、じっとしていた、とのことでした。残念ながら、あーちゃん達は、アカショウビンの姿を観察することはできませんでしたが、このエリアにはアカショウビンが飛来する、ということが分かっただけでも、感激でした。

とっても名残惜しいのですが、ここで時間切れ。

この森は、夏でも本当に野鳥の宝庫でした。わずか半日の探鳥でしたが、これだけ多くの野鳥の鳴き声や姿を確認することができ、このような場所が残されていることを、とても嬉しく思いました。

姿を見せてくれた多くの野鳥たちに感謝、またいつかお会いしましょう!チュ!

帰りがけに、サシバの繁殖地の村を訪ねてみましたので、その紹介はこちら

<余談>
この植物園付近に神社があり、パワースポットの一つとして注目を集めているそうで、大勢の人が訪れていました。
「おらにパワーをくれ~!」との願いを込めて、やって来るのでしょうが、見返りだけを求めるよりも、価値的な何か?を自ら進んでおこなう方がより効果が期待できるのでは?と思います。
動植物を大切にするだけで、自然界から絶大なパワーをもらえることは間違いないので、そういったことも心掛けてもらえると、きっと運気がアップするはず!です。

長野県戸隠探鳥記 2011年7月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ