夏の田園も大好きさ! サシバ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 サシバ

田んぼが減り、農薬の使用も重なり、餌のカエルなどが減少し、生息数自体が激減してしまった野鳥の代表ともいえるサシバ。今回は、サシバの貴重な夏の繁殖地を訪ねる機会がありましたので、その紹介です。

冬季、南西諸島で渡りの途中や越冬中のサシバには出会う機会はありましたが、夏季はとんと見かけません。(埼玉でも一部の地域では繁殖しているようですが)

サシバの子育てに適した環境とは・・・農薬を散布していない田んぼで、カエルやバッタなどの生き物が豊富にいる場所です。長野県のとある村で、サシバが繁殖しており、村をあげて保護している、という情報を見かけました。
その村の環境をぜひとも見てみたい!と思い、行ってみることにしました。

夜中に出発し、目的の村には午後に到着。山裾に集落があり、見渡す限りの田んぼが広がっています。はてさて、この村に本当にサシバがいるのでしょうか?適当に車で走ってみることに。

猛禽類が上空を飛翔しています。「おっ!サシバかな?」と確認すると・・・トビでした。
次に、地面に下りている猛禽類を発見!「今度こそ!」と確認すると・・・トビです。
枝に止まっている猛禽類が。「あれこそは!」と確認すると・・・またしても、トビです。

ここは、どうやらトビの村のようで、サシバの姿は全く見当たりません。
「こんなにトビが多くいる村に、サシバが生息できる余地はあるのだろうか?」と、疑問がわいてきました。

村をあげて保護しているぐらいだから、村の方に尋ねれば分かるだろうと、村役場へ行ってみました。が、休日なので入口は開いているものの、誰もいません。その代わり、パンフレットがたくさん置いてあり、観光案内所を発見したので、そこへ行ってみることに。

「あの~、この村にサシバがいるそうですが、どこで観察できますか?」と受付の方に質問すると、「差し歯?」と怪訝そうな顔をされたので、「サシバという鳥です」と説明しました。

「村をあげての保護のはずなのに、観光案内所の方がご存じない!」とは、かなり雲行きが怪しくなってきました。案の定、受付の方は、どこかへ電話をかけ始め、サシバのことを聞き始めました。

そして、「サシバは子育てが終わったので、どこにいるか分かりません。子育てをしていた場所も、(今後)カメラマンが近づきすぎて子育てを放棄することがあるため、教えることはできません」とのことでした。
「(マナーが悪い方もいるので)それなら仕方ないですね、分かりました」と、サシバ保護のためには止むを得ない、と観光案内所を後にしました。

繁殖地であることは間違いない、一部の方が保護していることも間違いない、ということは分かったものの、「せっかくここまで来たのに、サシバには会えずじまいかー。せめて、元気な姿を見せてもらいたかったなー」と、思いながら、車で進むこと約数分。

「あれ、何?」とたーさんが、田んぼの中にポツンと立つ電柱を指さしました。電柱のてっぺんに何かがいます。「ん?トビより断然小さい!もしや、サシバ?」と双眼鏡で確認すると、ビンゴ!でした。何ともまぁ、会いたかったサシバが、すぐそこに!

サシバ21
2011年7月 長野県 とある村 サシバ

電柱のてっぺんに、サシバがで~んと止まっているこの光景は、冬季の南西諸島ではお馴染みです。夏も、同じ姿で、周囲を見回しています。

サシバ22
カエルでも探しているのでしょうか?

サシバが好む環境とは、周囲に山林あり、無農薬と思われる田んぼあり、といった里山の風景でした。

サシバ23
この風景の中にサシバがいます。電柱のてっぺんに!

サシバは羽をプルプルしたり、足の指で器用に頭を掻いたりしていました。


夏の田園風景 サシバ(動画 50秒)

この日は、とても暑かったせいか、サシバは頻繁に口を開けていました。

サシバ24
「あ~、暑い!」 サシバ

現在、生態系に配慮した無農薬の田んぼを増やす取り組みが始められており、その数が増えつつあるようです。昔のように、サシバを普通に見ることができる時がくれば、健全なる生態系に戻りつつある、ということになるのでしょう。その日が待ち遠しいです。

サシバ25
この光景が普通になる日は、いつのことやら?

野鳥は環境のバロメーター。その代表ともいえるサシバに繁殖地で出会えたことは、この上ない貴重な体験でした。いつか、自宅近辺でも会えることを楽しみにしています、サシバさん!チュ!

<余談>
野鳥に近づきすぎたり、追いかけまわしたりするカメラマンの方を見かける機会が増え、常日頃、残念に思っていたのですが、今回、「サシバの居場所を教えることができない」と言われたことで、マナーの悪い方が増えた、というのを、より実感させられました。

野鳥観察は、目立たない服装で遠くからそっと、を心がけない限り、観察できるチャンスを自ら失ってしまうってことですね。気をつけましょう!

サシバの関連記事:
「近所にお立ち寄り サシバ(絶滅危惧種)」はこちら
「カラスとの壮絶バトル サシバ(絶滅危惧種)」はこちら
「青空がお似合い サシバ(絶滅危惧種)」はこちら

<サシバを脅かすもの>
農耕地・水田の減少:狩り場が減少しているようです。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ