よく出来たモデルで賞 キンバト(絶滅危惧種)

野鳥の世界 キンバト

緑色に輝く美しい羽色の持ち主のキンバト(天然記念物)。警戒心の強いキンバトが何度も姿を見せてくれる機会がありましたので、今回はその紹介です。

雨上がりの早朝、宮古島の南部の道を車で走っていると、「あれ?キンバト?」と、たーさんがつぶやきました。「山林でもない、こんな場所にキンバト?しかも道路に?そんなわけない!」と思い、確認してみると・・・

キンバト5
2011年5月 沖縄県宮古島 南部
緑色の羽の鳥がテクテクと・・・。

こんなに光り輝く緑色の羽の持ち主は、日本広しといえども、あの鳥しかいません。そう、キンバト(リュウキュウキンバト)です!
前回は、ニアミスのような出会いしかなかったキンバトが、すぐそこに。「今回は、ぜひともその姿をちゃんと観察させてもらいたい!どうか逃げずに、そのまま、そのまま」と切に祈りながら、キンバトの姿を目で追いました。

車中からの観察というのがよかったのか、キンバトは全くこちらを警戒せず、自分のペースで歩き回っていました。頭が青いので、オスのキンバトです。

キンバト6
リュウキュウキンバト(オス)

道路脇には、低木の植林が続いているのですが、その植林と道路を行ったり来たりして、キンバトの姿は何度も見え隠れします。

キンバト7
まだ、行かないで―!

雨降りの後、木の実が落ちているのか、食べ物を探しているようでした。

キンバト8
「ご馳走は・・・」

キンバト9
「あった、あった!」

と、キンバトのいる所に、車が通ってしまい・・・驚いたキンバトは植林の中に飛び去ってしまいました。「あ~、行っちゃった・・・」と、キンバトが飛び去った林の中を覗いてみると・・・枝にちょこんと止まっているではありませんか!

キンバト10
「まだ、いるよ!」

車中からキンバトまでの距離は、わずか4メートルほど。けれども、キンバトは全く逃げず、ず~っとそのまま、同じ姿勢でそこに居てくれました。こんなに気前のよい、キンバトも存在するのですね。「よく出来たモデルで賞」を進呈したいぐらい、感謝、感謝でした。

この出来事の直前、大野山林でサンコウチョウアカショウビンに振られまくって、かなり意気消沈していた、たーさんでしたが、このキンバトのおかげで、すっかり元気になった様子でした。単純ですね~。

そして、キンバトとの出会いは、まだ続きました。翌日、マングローブ周辺を散策してみようと、駐車場に入った途端、飛翔しながら目の前を横切る緑色の物体を目撃。

「えっ?マングローブにもキンバト?」と不思議に思い、飛んで行った方向を探してみると・・・いました!マングローブ林の根元で採餌中でした。驚いて逃げてしまわないよう、そぉーと近づいて、パシャリ。頭が茶色いのでメスのキンバトです。

キンバト11
2011年5月 沖縄県宮古島 ウプカー・マングローブ
リュウキュウキンバト(メス)

このメスのキンバトも、しばらくの間、ウロウロしながら姿を見せ続けてくれました。葉や枝の陰に隠れてばかりいるので、写真はあまり撮れませんでしたが。

その日の午後、最後の大野山林探鳥を車中から行っていると、枝の上で休憩中のキンバトと、アカショウビンの求愛ダンス場所の近くにひょっこり姿を現したキンバトを目撃しました。残念ながら写真は撮れませんでしたが、こんなにもたくさんのキンバトが姿を見せてくれたことに、ただただ驚くばかりでした。

日本では八重山諸島と宮古諸島だけに生息し、絶滅が危惧されているキンバト。今回は、思いがけず何度も姿を見せてくれて、本当にありがとう!また、いつかお会いしましょう、チュ!

<余談>
キンバトの本来の生息地は山林とばかり思い込んでいたのですが、そうでもない、ということ実感させられました。これは宮古諸島での生息場所が少なくなったせいで、人間の生活圏にも生息域を広げているのかもしれません。人間を見かける機会が増えるにつれ、次第に警戒心が薄れてしまったのかも。
キンバトに出会うと、ついつい嬉しい気持ちが先走ってしまうのですが、逃げないという状況は、本来は危惧すべきことなんですよね。今後、キンバトの生息数がさらに減ってしまわないよう、祈るばかりです。

キンバトの関連記事「生きた芸術作品 キンバト(絶滅危惧種)」はこちら

<キンバトを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

頭は白で、羽がグリーンとなんて派手な鳥なんでしょうか。
これだけ鮮やかなら、目立ってすぐに見つけられそうと思いますが、それは保護色でなかなか見つけられないんでしょうね・・・

Re: No title

キンバトは、明るい場所だと羽の色が光っていて、とってもきれいですが、森の中で観ると、全然目立たないのですよ。
しかも、森に生息するキンバトは、非常に警戒心が強いので、じっくり観察させてもらうのが難しいですし。森というのは、派手な色合いも隠してしまうので、不思議ですね。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ