ヒナたちの教育実習 スズメ 第2話

野鳥の世界 スズメ

「ヒナたちの教育実習 スズメ 第1話」の続きです。

自分で食べ物をついばむことができないスズメのヒナは、羽をバタバタさせて、親に「早く、早く!」と、催促し続けます。

スズメ30
2011年5月 あーちゃん宅の庭 スズメの親子(幼鳥:左、親:右)

親は、休む間もなく、せっせ、せっせとヒナに給餌をしますが、「小さな体にすごい食欲!」で、本当に驚かされます。

スズメ31
黄色い口を大きく開けて、親鳥に餌をもらうスズメの幼鳥

スズメ32
「もっと、もっと!」と幼鳥(左)

親鳥は、1羽のヒナに続けて給餌を繰り返すのですが、もう1羽のヒナは自分の順番が来るまで、辛抱強く待っていました。

スズメ33
順番に親鳥から餌をもらうスズメの幼鳥

中には、ヒナがいくら追いかけても、「もう、自分で食べなさい!」と、徹底的に無視する親鳥のスズメがいて、怒り心頭のヒナが周囲のスズメに突撃するという、八つ当たりシーンも披露してくれました。

昨年のちょうど同じ頃、上空を2羽の親子のスズメが飛んでいて、そこにカラスがヒナを狙って突っ込んできました。ヒナは無事だったのですが、怒ったスズメの親鳥がカラスを追いかけて飛んでいく、という大変珍しい光景を目撃しました。「怒る!」という感情は、ヒナの頃から、しっかり備わっているのかもしれません。
(スズメは仲間同士でもよく喧嘩しているので、血の気が多いのかも?)

南の島でも、教育期間中のスズメのヒナに出会ったので、少しだけ紹介します。

スズメ34
2011年5月 沖縄県宮古島 スズメの幼鳥

まだ「人間は怖い存在」と親鳥から教えてもらっていないヒナは、ぼぉ~としてあまり動きません。この時期が一番危険なんですよね。

スズメ35
「今は何をすればいいでちゅか?」 本当は逃げるんだよ!

全く逃げないので、ちょっと失礼して動画を撮影させてもらいました。


2011年5月 沖縄県宮古島 スズメのヒナ(動画 19秒:音声有)

スズメのヒナ達は、まだまだ学ぶべきことが、た~くさんありますが、野鳥の世界での教育実習期間はとっても短いのです。

スズメ36
再び、あーちゃん宅の庭の風景。
「今後は独りで生きていくんだよ!」と親鳥(中央)、「がんばりまちゅ!」と幼鳥たち(左右)

あーちゃん宅の庭でしっかり?教育を受けたスズメの幼鳥たちは、秋になると若軍団の一員として南下を始めることでしょう。今後は各地に分散して、自力で棲みよい環境を見つけてもらうしかありません。
約9割も減ってしまったと言われている数を少しでも回復できたらいいですね。スズメのみなさん、頑張って!チュ!

<余談>
数年前の春、庭に毛虫が大発生したことがあり、スズメの親子がせっせと毛虫を捕食する姿を目撃し、「いいぞ、いいぞ!」と感心したことがあったのですが、今年は様子が違っていました。

昨年に続き、今年の春も寒く、しかも梅雨入りが早いという、野鳥たちにとっては過酷な気候となってしまいました。寒い日や雨の日が続くと、蝶や蛾が飛ばないので虫が少ないのです。

開発により、草むらなどの空地が減少し、餌場が極端に少なくなったことも重なって、仕方なしにあーちゃん宅の庭で、ぴーさんの残り物をついばむ、という状況だったようです。

気候変動続きだと、スズメたちの数がさらに減ってしまうので、来年の春には虫がたくさんいる!という通常の気候に戻って欲しい!と思います。

スズメの関連記事:
「ヒナへのビックリな給餌 庭のスズメ」はこちら
「ヒナの虫とり訓練 庭のスズメ」はこちら
「水浴びを邪魔する奴は 庭のスズメ」はこちら
「ボディガード付マイホーム スズメ」はこちら
「試練の大雪 庭のスズメ」はこちら
「今そこにある幸せ スズメ」はこちら
「住めば都 スズメ」はこちら
「スズメのお宿はスイートホテル スズメ」はこちら
「スズメと友達 ノビタキ」はこちら
「野鳥たちの人気者 スズメ」はこちら
「豊かな表情がご自慢 スズメ」はこちら

<スズメを脅かすもの>
水田・農耕地の減少:えさ場が少なくなるようです。
空き地の減少・除草剤:冬場のえさとなる雑草の種などがなくなります。
人による捕獲:日本では、まだ害鳥として駆除される場合があるそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ。

すずめのヒナはくちばしが黄色いのですね。
顔つきもなんとなく幼い感じがして、本当にかわいいですね。
動画も拝見しました。「お母さんどこ?お腹すいたよ」といっているようでほのぼのした動画でした。

スズメのお宿さんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。

スズメのヒナはかわいいですよね。
スズメのヒナは口の中も黄色ですが、この黄色を目印に親鳥は給餌をするので、ちゃんと意味のある色なのですよね。
動画のヒナは、親鳥がいないとどうしていいか分からず、ただただ親を呼び続けていました。一人前になるのって大変ですね。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ