ヒナたちの教育実習 スズメ 第1話

野鳥の世界 スズメ

冬の間、あーちゃん宅の庭を訪れていたスズメたち。そのスズメも立派?な親となり、ヒナを引き連れてやって来るようになりましたので、その教育現場を2回に分けて紹介します。

春になり、いったんはどこかへ行ってしまったと思われたスズメたちですが、ここ最近、ゾロゾロと数が増えているように見えたので、よ~く観察してみると・・・ヒナたちがたくさん紛れ込んでいました。

スズメ20
2011年5月 あーちゃん宅の庭 スズメファミリー(左2羽:親、右3羽:ヒナ)

スズメの成鳥と幼鳥の見分け方は、ホッペに黒斑があり喉の下が黒いと成鳥、くちばしに黄色があり、頬と喉下の黒色が薄いと幼鳥です。

スズメ21
スズメの成鳥(左)と幼鳥(右)

冬季の間に設置してあったえさ台を撤去した後は、庭にぴーさん用のえさの残りを少しだけ撒いてあったのですが、どうやら親鳥がそれをヒナたちに与えていたようです。気づいた時には、ヒナたちの教育実習現場と化していました。

冬季に、あーちゃん宅の庭にやって来ていたスズメたちは子供のような存在だったので、そのヒナとなると、もう孫みたいな存在です。子供が孫を連れて来てくれた!というような感覚で、嬉しいながらも遠くからそっと観察させてもらいました。

スズメのヒナたちは、あーちゃん宅の庭で、食べられる物、そうでない物を学び、ついばい方の練習をしていました。

スズメ22
スズメ3兄弟(幼鳥)

スズメ23
「これ、食べられるかな?」スズメの幼鳥たち

野鳥たちは、くちばしが汚れると、どこかにこすりつけて常にきれいにするのですが、ヒナはまだその方法を知りません。となると・・・もう汚れ放題です!

スズメ24
「どこかおかしいでちゅか?」スズメ(幼鳥) くちばしに食べカスが・・・。

スズメ25
「私たちは大丈夫でちゅか?」スズメ(幼鳥たち) やはり・・・くちばしに食べカスが・・・。

幼鳥たちは、一時もじっとせず、羽をしょっちゅう伸ばして筋肉を鍛えていたり、新しいことにチャレンジしていました。

スズメ26
「こうやって、羽を鍛えるんでちゅ!」スズメ(幼鳥)

好奇心旺盛なヒナは、いろんなことをしてみたくなるようです。

ヒナのチャレンジその1。何があるわけでもないけれど・・・

スズメ27
鉢の上に乗ってみた!

ヒナのチャレンジその2。冬季にあーちゃんが設置済みの・・・

スズメ28
棒に止まってみた!

ヒナのチャレンジその3。これは何だろう?と首をかしげながら・・・

スズメ29
柵の中に入ってみた!(柵は、ガーデンタワーです)

まだ自分で餌を食べられないヒナは、どうするか?というと、親におねだり攻撃です。
「ヒナたちの教育実習 スズメ 第2話」へ続く

<余談>
スズメは大変警戒心が強い野鳥で、冬季、あーちゃん宅の庭にやって来るスズメ達も、数年前は、ちょっとでも姿を見せてしまうと遠くまで逃げていき、約30分以上は戻って来ませんでした。今回、ファミリーでやって来たスズメの親は、何年連続で来ているかは分かりませんが、逃げたとしても約1分で戻って来るまでになっていました。

「人間は危険」と先祖代々インプットされ続けた彼らの常識を簡単に覆すことはできないようですが、少しずつでも、「大丈夫な人間もいる」と、認めてもらえたら、と思います。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ