ひそかにモグモグ ベニマシコ

野鳥の世界 ベニマシコ

2010年3月 渡良瀬遊水地

小さな体にポチっとした嘴がかわいらしい、ベニマシコという鳥さんがいます。冬に、アシ原などで、出会える野鳥です。

今回は、赤い鳥(オス)として人気の高い、ベニマシコのお話です。

自宅近辺の生息環境が合わなくなってきているのか、生息数が減っているのか定かではありませんが、ベニマシコがいると言われている場所でさえも、この冬は、とんとお目にかかる機会がありませんでした。

もうすぐ、冬の野鳥たちとはお別れなので、鳥さんがたくさんいると言われている渡良瀬遊水地に行ってみることにしました。

現地付近で、最初にお出迎えしてくれた鳥さんは、数羽のトビたち。上空を悠々と飛んでいました。
そして、北口の駐車場へ向かう途中、辺り一面に広がるアシ原に圧倒されました。「こんな場所があるんだ~」と広大なアシ原を眺めつつ、これは、「今まで出会ったことがない鳥さんにも出会えるかも!」、とワクワクしてきました。

そして、すぐに超低空飛行で飛んでいく、猛禽類の姿がチラチラと目に入りました。ノスリでもなく、トビでもない、あの赤茶色の鳥さんは、誰ぞや?(チュウヒでした!)

あちらこちらに小さい鳥さんたちも、飛んでいます。ん~、これならベニマシコも期待できそう!

この日は、久々の行楽日和で、ポカポカと暖かかったので、レンタサイクルで敷地内を回ってみることにしました。

水辺の湿地には、たくさんの水鳥たち。あまりに広大&鳥さんが多すぎて、ここは双眼鏡では限界を感じました。
そこで、陸地に「まと」を絞って、探してみることに。

木々の新芽が出始めていて、たくさんのオオジュリンたちが新芽をついばんでいました。
自転車でキョロキョロと探しながら、進んでいくと、オオジュリンたちがいる木々の間に、見覚えのある、白い模様の入った後姿が目に入りました。いました!メスのベニマシコさん登場です!新芽をモグモグとついばんでいる最中でした。

ベニマシコ1
モグモグ中のベニマシコ(メス)


2009年7月に北海道東部で出会って以来の再会で、この冬はもう無理かな―と思っていたので、それはそれは感激でした。 しばらくの間、観察させてもらいましたが、ずっと、同じ場所で、新芽をモグモグとついばんでいました。嘴にいっぱい食べカスをひっつけながら・・・。(まっ、そこはご愛嬌)

ベニマシコ2
食べカスが嘴にたくさん・・・ ベニマシコ(メス)


オオジュリンは、活動的に飛び回っているのに比べ、ベニマシコはほとんど動かず、「ひそかにモグモグ」といった光景が、印象的でした。

どうせなら、オスのベニマシコもいないかなーと思い、その周囲を探しましたが、いませんでした。すでに16時過ぎ。明日、アシ原を焼くとのことで、「17時までには退去ください」との放送が流れ続けていたので、帰ることに・・・ちょっと残念。

駐車場付近に戻り、17時ぎりぎりまで、頑張ってみよう!ということに決め、再びアシ原に行ってみました。
「ベニマシコは新芽をついばんでいたから、ここでも新芽のある木を探せばいるかも?」と思い、ふっと目を向けた木の先に、いました!再び、メスのベニマシコさんです。

ベニマシコ3
ベニマシコ(メス)


「また、メスだったね~」と言いながら、少し観察して、通り過ぎようとしたその瞬間、「フィッ、フィッ」という鳴き声が聴こえてきました。「あれ?オスもいるの?」と、その木を注意深く探してみたところ、いました!もう夕方なので、赤いオスも、茶色いメスも、よ~く見ないと識別できないほどの薄明かりだったので、写真を撮らせてもらう際、「今、枝の先にいるのがオスだよ!」などと、あーちゃんが双眼鏡を覗きながら、たーさんへ指示を出して、ようやく数枚撮れました。

ベニマシコ4
ベニマシコ(オス)
(他の写真は、ピンボケだったので、これが唯一マシな一枚)


このオスとメスはペアのようで、「ひそかにモグモグ」を仲良く一緒に続けていました。

この冬、最後に姿を見せてくれてありがとう!次回は、夏の北海道で会いましょう!チュ!

<余談>
冬鳥たちは、春になると、世界中の繁殖地に向けて、飛び去っていきます。ベニマシコは冬鳥なので、埼玉県では、冬にしか出会うチャンスがありません。夏に出会える場所といえば、北海道(繁殖地)です。
ベニマシコのオスの色味は、夏と冬とでは、少し異なります。2009年7月北海道東部で出会ったベニマシコのオスは赤色でした。今回、渡良瀬遊水地で出会ったオスのベニマシコは薄い赤色でした。これから、メスへアピールするために、より鮮やかな赤色に変わっていくのでしょう!

人間も結婚前は、それなりに「おしゃれさん」だったのに、結婚後はあまり気を使わなくなる、という方がいますね。 その典型の一人である、たーさんは、「その寝ぐせ、直したら?」と、いつもあーちゃんに指摘されています

ベニマシコ5
2009年7月 北海道東部の農耕地で出会ったベニマシコ(オス)
(コンパクトデジカメでの撮影&逆光で暗いですが・・・)


ベニマシコの関連記事:
「赤い鳥を探して ベニマシコ」はこちら
「ご近所さん ベニマシコ」はこちら
「真っ赤な恥ずかしがり屋 ベニマシコ」はこちら

<ベニマシコを脅かすもの>
灌木地、農耕地、藪の消失:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ
またお邪魔させていただきました。
渡良瀬遊水地行かれましたか!
私達も先月初めて訪れましたが、あの葦原にはビックリしました!
ベニマシコの雄にも出会えてよかったですね!
オオジュリンは見たことがないので羨ましいです~

atekichiさんへ

再び、コメントをくださり、ありがとうございます!
はい、あのアシ原には、驚きました!
オオジュリンについても、近いうちに紹介させていただきますね!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ