夜間の鬼ごっこ ズグロミゾゴイ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 ズグロミゾゴイ

「素敵な隠れ家 ズグロミゾゴイ(絶滅危惧種)」の続きです。

その日の夜、フクロウを探しに行こう、ということで、宿泊施設の庭の駐車場で、鳴き声に耳を澄ませていると・・・「何あれ?」とたーさん。暗闇の中、駐車所の入り口付近で、風に吹かれた草が、ユラユラ~と揺れています。で、「草だよ」とあーちゃん。
「違うよ、あいつは獣だよ。歩いてこっちへ来たんだよ」とたーさん。う~ん、どう見ても草にしか見えない・・・。
「草を生き物だなんて、変なこと言うな―」と思いながら、双眼鏡で覗いてみると・・・ムッムッ、あれは・・・ミゾゴイらしき鳥ではないか!体を左右に揺らしながら、見事に草に擬態しています。

「これは、うまく騙されたな―」と大笑いしながら、その鳥の姿を目で追っていると、庭をのそのそと歩き回り始めました。

ズグロミゾゴイ10
2011年3月 沖縄県西表島北部 宿泊施設の庭

そして、通行人がすぐ近くを歩くと、その鳥は即座に停止。これだけで、誰一人、その鳥の存在に気づかないのです。わずか2メートルほどの距離なのに!

ズグロミゾゴイ11
「人間って鈍感だなー」

後頭部が黒いので、この自信家さんはズグロミゾゴイ!と判明。「あれ?ズグロミゾゴイは半夜行性?」と一瞬思ったのですが、ズグロミゾゴイは曇りや雨の日、朝方、夕方など薄暗い中で採餌することが多いので、庭にポツンポツンとある、ほんのり明るい街灯を頼りに、夜間も行動することができるようでした。そして、人間に気づかれることなく、頻繁にこの庭に現れていたと思われます。

このズグロミゾゴイも、のそのそとおじいちゃんのような歩き方でした。

ズグロミゾゴイ12
のそのそと歩き回るズグロミゾゴイ

このズグロミゾゴイは、「人間には絶対に見つからない」という自信が相当あったようで、あーちゃん達がそぉーと後をつけ始めると、かなり戸惑った仕草をみせ始めました。「なんで分かるんだ?」といわんばかりに。

ズグロミゾゴイ13
「なんであいつらには、こっちが見えるんだ?」

決してズグロミゾゴイは、こちらを恐がっている様子はなく、つかず離れずの距離を保ったまた、ウロウロしていました。まるでズグロミゾゴイと鬼ごっこをしているみたいで、楽しい時間帯でした。そして、その後、ズグロミゾゴイは、いつもと様子の違う人間(あーちゃん達)に気をとられすぎ、うっかり通行人とぶつかりそうになって、慌てて樹上に飛び上がりました。

ズグロミゾゴイ14
「夜間の鬼ごっこか。こんな事は初めてだなー!」とズグロミゾゴイ

その後、ズグロミゾゴイは、飛び去ってしまったのですが、この日の出来事は、きっとよい教訓になったことでしょう。「人間は鈍感じゃない!」と。

おじいちゃんのような歩き方、草になりきりユラユラ揺れる擬態方法、など、魅力満載のズグロミゾゴイ。知れば知るほど味わいのある鳥さんです。また会う日までお元気で!チュ!

<余談>
絶滅危惧種なのに、人間のすぐ近くで生活するズグロミゾゴイ。彼らの様子を観察していると、人間の側は安全ってことになるのでしょうか。ユラユラするか、停止さえすれば、人間の目は簡単にごまかせるので、今後もうまく人間と共存し、逞しく生き抜いてほしいと思います。

ズグロミゾゴイの関連記事「屋根の上がお気に入り ズグロミゾゴイ(絶滅危惧種)」はこちら

<ズグロミゾゴイを脅かすもの>
森林・農耕地の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ