名前にモノ申す イソヒヨドリ

野鳥の世界 イソヒヨドリ

オスは、ブルーに深紅の色合いがとってもきれいなイソヒヨドリという鳥さんがいます。ヒヨドリと名前がついていますがツグミの仲間の野鳥で、日本では海岸付近で周年観察することができるようです。

今回は、このイソヒヨドリのお話です。

イソヒヨドリは、磯付近に生息しているということから名前にもイソが付いていますが、近年は都市化に適応しつつあり、ビル街などにも姿を現すそうです。

残念ながら、埼玉には海がないので、イソヒヨドリを見かける機会が全くないのですが、旅先では、そのきれいな姿をよく見せてくれます。イソヒヨドリのさえずりは、声量があり、かなりの美声なので、鳴いていればすぐに見つけることができます。

今まで一番多くのイソヒヨドリを見かけたのは、宮古島でした。あちらこちらでヒョコっと姿を現してくれました。

イソヒヨドリ10
2010年10月 沖縄県宮古島熱帯植物園 イソヒヨドリ(オス)

イソヒヨドリのオスは、後姿も本当にきれいです。

イソヒヨドリ11
2010年10月 沖縄県宮古島島尻マングローブ イソヒヨドリ(オス)

イソヒヨドリのメスは、オスに比べるとかなり地味に見えますが、天候や光の具合により、色味が変わるので、「あれは、誰?」と、幾度となく悩まされました。

イソヒヨドリ12
2010年10月 沖縄県宮古島農耕地 イソヒヨドリ(メス)

メスの腹部は鱗模様です。

イソヒヨドリ13
2010年10月 沖縄県伊良部島 イソヒヨドリ(メス)
このメスは、新種発見か?というぐらい、色味が違って見えました・・・。

イソヒヨドリの幼鳥時代の羽色は、どんな感じかと言うと、メスは成鳥とほぼ同じ色合いです。

イソヒヨドリ14
2009年5月 沖縄県本島北部 イソヒヨドリ(メス:幼鳥)
くちばしに黄色が残っています。

ところが、イソヒヨドリのオスの幼鳥は、成鳥の羽色と全く違うのです!

イソヒヨドリ15
2009年5月 沖縄県本島北部 イソヒヨドリ(オス:幼鳥)
お腹が赤ではなくグレーで、白っぽい模様があります。

この白斑が、成鳥になると鮮やかな深紅に変わるのですねー。別の種類の鳥さんみたいです。

イソヒヨドリ16
2010年10月 沖縄県宮古島島尻マングローブ イソヒヨドリ(オス)

まぁ、野鳥の世界でも子供のうちは、そんなにカッコつける必要もなく、目立つ必要もないってことですかね。人間も小学生の頃におしゃれに目覚めると、「ませてる」なんて言われてしまいますしね。

磯だけに生息しているわけでもなくヒヨドリの仲間でもない、名前が変?なイソヒヨドリさん、旅先では、いつも姿を見せてくれてありがとう!また、お会いしましょう!チュ!

<余談>
イソヒヨドリの食性は、甲殻類や昆虫類、トカゲなどの爬虫類と幅広い上、街中のビルなどを磯に見立てて生息することもできるので、内陸部のダム湖などにも生息域を広げているそうです。とても逞しい鳥さんですね。磯に生息するヒヨドリに似た鳥ということから付けられた名前も、現状ではそぐわなくなってきているような・・・。現代風に付けるなら「マチ(街)ツグミ」かなー?

イソヒヨドリの関連記事:
「内陸部でご対面 イソヒヨドリ」はこちら
「盗っ人犯 イソヒヨドリ」はこちら

<イソヒヨドリを脅かすもの>
甲殻類・昆虫類・爬虫類の減少:採餌ができなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

街ツグミ(笑)本当ですね!
なぜイソヒヨドリ?
メスとかヒナの姿を見るとヒヨドリに見えないこともない…
現代では街に生息した方が都合がよくなっているのでしょうか?
こんなに綺麗な鳥さんだったら
ビル街で華麗に舞っている姿を見てみたいです!

ポンさんへ

観たことがない野鳥や、図鑑に載っていない野鳥に出会った時は、ほぼ間違いなく、適当なネーミングをして、
その鳥の特徴を覚えるようにしているので、勝手にネーミングしてしまう癖がついてしまいました(笑)

以前、沖縄本島のショッピングモールのテラス席で、ハンバーガーとフライドポテトを食べていたら、イソヒヨドリのメスがフライドポテトをかっさらって行きました。
野鳥がフライドポテトを?と意外な好みにちょっとビックリでした。

No title

自分は 海の無い県で暮らしていますが このイソヒヨは たくさんいます。

去年から隣の空き家の換気口で 巣作りまでしました。今年も今 巣作りの真っ最中です

去年の巣作りの時は 虫をくわえて巣に入っていく姿を 何度もみましたが 人間の食べ物も食べるんでですね! 今年は巣の近くに フライドポテトなどを 置いとこうかな。

雄は精悍な顔つきですが どこかおっとりとしていて セキレイほどではないですが 人をあまり怖がらない愛すべきかわいい鳥です。

黒岩さんへ

はじめまして。
空き家の換気口で巣作りとは!
海のない内陸部でも、イソヒヨドリは逞しく生息していますね。
イソヒヨドリのオスは、見た目も鳴き声もきれいですし、久しぶりに出会うと、見入ってしまいます。
メスは地味ですけど、動きがかわいらしいです。
まだ、内陸部ではイソヒヨドリを見かけたことがないので、いつか出会ってみたいですね!
コメント、ありがとうございました。

イソヒヨドリの巣について

我が家の近くにもよくイソヒヨドリが来るのですが、なんとか巣を作ってくれないかと思い、普通の小鳥箱(W20H25D20)を置いていますが、近くまで見に来てもなかなか巣作りをしません。形状が悪いのかどうかわかりません?場所はマンション7Fでベランダの上(庇の直ぐ下)です。いい場所だと思いますが、かにかいい知恵がなかろうかと思い、探したらこのホームページにたどり地来ました。思い当たることがあれば教えてください

やすねこさんへ

住宅街に生息するイソヒヨドリは、屋根や軒下などの隙間に営巣するようなので、小鳥用の巣箱には営巣しないと思います。
板や石などを使って、いろいろな大きさの隙間を作ってみるというのは、どうでしょうか?
直射日光が当たらず、雨にも濡れない場所に作ってあげるのがいいと思います。
イソヒヨドリが気に入る大きさの隙間があれば、営巣に使ってくれるかもしれません。

寄居の駅前でイソヒヨドリを見ました

はじめまして。

2月15日の午後4時前、駅のロータリー(北口)で人を待っている時、
客待ちタクシーの運転手が鳥に餌をやっているのを見ていると
赤い胴体のヒヨドリのような鳥も混ざっていました。

以前小笠原で見たイソヒヨドリに似ていたので、
今日になって画像検索してみると、やはり、イソヒヨドリのようです。

埼玉では、珍しいとの記述があり、口出ししてみました。

オノデラさんへ

初めまして。
寄居の駅のロータリーで、餌をもらっているイソヒヨドリがいるとは、ビックリですね!イソヒヨドリは、内陸部での生息域をさらに広げているのかもしれませんね。なかなか逞しい鳥さんです。

自宅からわりと近い場所でも、イソヒヨドリが出没することがあるようなのですが、残念ながら、まだ見かけたことはありません。

貴重な情報をありがとうございました!

はじめましてぇ。
イソヒヨドリで検索してコチラにたどり着きましたぁ。

海のない奈良県の住宅街に住んでいますが、マンション1階のベランダに止まり、毎朝美声を聴かせてくれています♪
ニワトリならぬ、イソヒヨドリの鳴き声で朝を知る、なんとも贅沢な今日この頃です。

ゴトキさんへ

奈良県の住宅街にもイソヒヨドリがいるのですね。
毎朝、あの美声を聴けるとは、羨ましい限りです!

内陸部でのイソヒヨドリの目撃情報が増えつつあるので、さらに生息域を拡大しているようですね。
住宅街では、何を食べているのか気になりますねー。

情報、ありがとうございました!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ