臆病な怪獣 カケス

野鳥の世界 カケス

ゴマ塩頭で目つきが鋭い、カケスという鳥さんがいます。カラスの仲間の野鳥で、本州~九州では落葉広葉樹林などで周年観察することができます。

今回は、ひょうきん者のカケスのお話です。

インパクトのある表情をしばしお楽しみください。

カケス1
白黒のゴマ塩頭。

カケス2
恐い顔つき・・・その実態は

カケス3
「ガオ~」 怪獣カケゴン!

カケス4
・・・ではなく、カケス。

カケスは、ドングリが大好物なので、秋、ドングリがたくさん落ちているような山林で姿をみかけることが多いのですが、この怪獣、いえ、カケスは顔に似合わず大変な臆病者で、長時間姿を晒すことはなく、すぐに逃げ去ってしまうのです。

カケス5
2011年1月 埼玉県 北本自然観察公園 カケス

体長は約33cm、ジェーッ、ジェーッという大きな鳴き声の持ち主でもあるため、「あっ、カケス!」と分かっても、なかなか写真を撮らせてはもらえません。何故にこんなに臆病かというと、カケスは、動きが遅く、猛禽類などのハンターに狙われやすいから、だそうです。

カケス6
2011年2月 とある山林 カケス
すぐに逃げ去るカケス。飛翔時、羽の青色が目立ちます。

カケスは、冬に備え、ドングリをせっせと貯蔵することで有名です。ドングリを集めて、森の中に隠すようですが、ひと冬に蓄えるドングリの数は、何と3,000個ともいわれています。中にはそのまま放置されるドングリもあり、森林形成に大いに役立っているそうです。自分が食べるものは、自分で植えるってことですね。

カケスは、ドングリを喉にたくさん詰め込んで運ぶのですが、山林でその姿を見せてもらうことが難しく、どのくらい喉に入るのか不明だったのですが、とある山林に設置してあるえさ台で、たまたま、その姿を見せてくれました。

喉に、たらふく餌を詰め込んでおり、かなり膨張しています!

カケス7
2011年2月 とある山林 カケス 「喉にできるだけ詰めてっと!」

その山林に設置してあるえさ台は、冬季はおそらく毎日えさを補充していると思うのですが、カケスは、「そこに食べ物がある限り!」とばかり、餌がなくなるまで、せっせと運び続けているようでした。これは、独り占め状態となるので、かなりの迷惑行為ですね。

「何て、欲張りな!」と言いたいところですが、昨年の秋は、ドングリが不作となり、クマが食べ物を求めて街中に出没!という事件が多発していたため、困っていたのは、ドングリ好きのカケスも同様だったに違いありません。

カケス8
「これで、この冬は楽勝!」

臆病な怪獣のカケスさん、春までもう少しの辛抱ですので、あまり欲張らず、ほどほどに食べ物を貯蔵してくださいね、チュ!

<余談>
今の世の中、先のことを考えて、せっせと貯蓄するのは、人間でさえ難しいのに、ドングリを計画的に貯蔵するカケスは大したもんだなーと常日頃、感心していました。
あーちゃんの弟が、無一文で、自ら仕事を辞めた時、「あんたは、カケス以下だ!」と説教したことがあります。このような怒られ方をする人も珍しいでしょうが、逞しい野鳥たちの姿からは、学ぶべきものはとても多い気がします。
弟が、再びチンタラ生き始めたら、カケゴンに喝を入れてもらおうかな?「君~、もっとちゃんと生きなきゃ―いかんよ。おいらみたいにね!」っと。

カケスの関連記事「鈴の音大好き ミヤマカケス」はこちら

<カケスを脅かすもの>
シイ・カシ・ナラ類の落葉広葉樹林の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!
カケスはなかなか見つけるのが大変ですよね。
バードテーブルに来てくれたなんて羨ましです!
顔は怖いですが好きな鳥ちゃんです!

No title

カケゴンすごい顔ですね!
怖がりでなかなか見ることが難しい鳥ですが、面白い表情で笑わせていただきました。
しかし、のどに食べ物をつめすぎです。

atekichiさんへ

カケスは、我が家の庭のバードテーブルではなく、
山林に設置してあるバードテーブルで、
たまたま見かけたのですよ!
警戒心の強いカケスの姿をじっくり観る機会は
あまりないので、見入ってしまいました。
カケスは、物まね上手でもあるし、
なかなかユニークな鳥さんですよね。

オオトラさんへ

過去にカケスの写真を何度か撮ってはいたのですが、
どれも怖い顔つきばかりで、怪獣に睨まれているようなものばかりでした。
その時以来、怪獣カケゴンとあだ名を付けており、
出会うたびに、「カケゴン!」と呼んでしまいます(笑)
本当に、のどに詰めすぎですね。
よく膨らむもんだと感心します。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ