西表島探鳥旅行記 2010年5月 第3話

野鳥の世界 西表島探鳥旅行記 2010年5月 2日目

本日から梅雨入りとのことで、天候が非常に気になりますが、大雨でない限り、探鳥を続けることに。まずは、早朝探鳥に出発!

浦内川付近 午前6時15分~8時15分頃。

まだ薄暗い中、浦内川の橋の上をオサハシブトガラスが占拠しています。そこは、前日の夜、たくさんのカニがゾロゾロ歩いていた場所でした。車にひかれてしまったカニも見かけていたので、「ははぁ、西表ではオサハシブトガラスが掃除屋なんだ。カニの死も全く無駄がないんだなぁー」と、ある意味感心。

カラス7
掃除屋のオサハシブトガラス

次は、川付近の遊歩道を散策することに。

早朝、まだ誰も通っていない山道は、スリル満点です。あっちでガサガサ、こっちでガサガサと、おっかなビックリ状態でした。この音の正体は、天然記念物のヤエヤマセマルハコガメ (絶滅危惧種)でした!

ヤエヤマセマルハコガメ1
ヤエヤマセマルハコガメ

ヤエヤマセマルハコガメの詳細記事「甲羅が箱に変身! ヤエヤマセマルハコガメ」はこちら

うっそうと茂っているので、野鳥の声はすれども、なかなか姿は見えません。何とか姿を見せてくれたのは、リュウキュウメジロ。

メジロ12
リュウキュウメジロ

木に大きなコブのような塊を発見!タカサゴシロアリのアリ塚です。八重山諸島では、このアリ塚にリュウキュウアカショウビンが営巣する場合もあるそうです。

西表島4
リュウキュウアカショウビンが営巣することもあるアリ塚 そんなのアリ?

次は、車中から探鳥することに。

アマサギは、牛が動くと飛び出す虫を狙い、執拗に牛をマークをします。子牛とアマサギのツーショット。

アマサギ11
アマサギ

今日のえさ場を相談中?のアマサギ。

アマサギ12
「どの牛をマークする?」 アマサギ

小川付近にチュウサギ(準絶滅危惧種)を発見。

チュウサギ2
チュウサギ

そして、本日も、西表島を南下してみることに。

大原港方面 午前10時~午後0時頃。

草むらにコサギが。

コサギ7
コサギ

次第に雨足が強くなり、前方が見えにくくなってきました。
大雨の中、道路をシロハラクイナが歩いています。シロハラクイナは、交通事故に遭いやすいのですが、視界の悪い雨降り時は、特に危ないです。

シロハラクイナ10
道路にフラフラと出てくるシロハラクイナ

細い枝に、リュウキュウサンショウクイが止まっています。

リュウキュウサンショウクイ5
リュウキュウサンショウクイ

南下すればするほど、雨がひどくなるので、再び北部へ戻ることに。

北部周辺 午後1時~2時頃。

なかなか出会えなかった、ムラサキサギをついに発見!水辺ではなく、パイナップル畑にいました。

ムラサキサギ1
ムラサキサギ

ムラサキサギの詳細記事「パイナップル畑に擬態? ムラサキサギ」はこちら

車中からシロハラクイナの親子を発見。警戒心が強いので、ヒナの姿をちゃんと観るのは、とっても難しいです。

シロハラクイナ5
シロハラクイナの親子

草むらの中にカモのような鳥が。カルガモです。日本全国どこにでも出没するのですね。逞しい!

カルガモ9
カルガモ

アマサギ群団のいる、同じ水田にダイサギが。

ダイサギ13
ダイサギ

2日目の探鳥も、まだまだ続きます!

西表島探鳥旅行記 2010年5月 第4話へ続く

<余談>
埼玉の感覚で、朝早起きして出かけよう!と思っても、南の地域では、まだ真っ暗で「あれ?」と思う事がよくありました。西表島も、日の出も日の入りも遅く、不思議な感じがしていたのですが、何と44分もの時差があったそうです。知らなかった!

西表島探鳥旅行記 2010年5月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

まずビックリしたのがお日様の出入りが44分の差!
44分て結構な時間ですよねー
そしてシロハラクイナのヒナちゃん
なんて可愛い^^)
でも以外に大きいのですね
なんだかフワフワのカラスみたい…
てシロハラクイナのお母さんに怒られちゃうね(笑)

ポンさんへ

南の地域では、時差があるとは知らず、
いつ夜明けか分からなかったため、まだ暗くても、まぁいいか、と
適当に出発することが多かったです。
旅先では、あまり計画をたてずに、行き当たりばったりに
行動することが多いですね。
そうすると、思いがけない出会いがあったりするので、
本当にワクワクします(笑)

シロハラクイナは、親子共々可愛いですよね。
ヒナには、また姿を見せてもらいたいです!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ