古代の鳥 アリスイ

野鳥の世界 アリスイ

途中で進化がストップしてしまったようなアリスイという鳥さんがいます。キツツキの仲間の野鳥で、夏季は東北北部~北海道、冬季は本州中部以西で観察することができるようです。

今回は、この風変わりなアリスイのお話です。

おどろおどろしい背中の模様、とっても小さな目、ペロペロとした長~い舌を出しながらシューシューと威嚇する・・・姿から想像できる生き物といえば・・・ヘビ!そうです、アリスイは、ヘビにとってもよく似ているのです。

アリスイ1
2011年1月 埼玉県 秋ヶ瀬公園
背中の模様が爬虫類っぽいアリスイ

鳥類は目の大きな鳥さんが多いですが、アリスイの目の小さいこと!

アリスイ2
ポチンとあるかないかの小さな目

アリスイは、お世辞にもかわいいとは言えません。
にもかかわらず、アリスイは、とっても人気のある野鳥で、アリスイが現れると、大勢の人だかりが出来て、撮影会が始まります。この姿・形からアイドルになれたってことは、何とも不思議です。

別の公園でも、アリスイは人気者でした。あちらの枝、こちらの藪と、ゆっくりと動き回っていました。アリスイは体長約18cmとさほど大きくはないのですが、よ~く探してみると、藪の中をスローに動く姿などを見つけることができます。

アリスイ3
2010年12月 埼玉県 北本自然観察公園 アリスイ

アリスイは、アリが好物で舐めとって食べるところが、唯一キツツキかなー?という程度で、その他の行動は、一向にキツツキらしからぬ有りさまです。
例えば、キツツキ特有の垂直止まりはせず枝に水平に止まるし、自分で巣穴を掘ることはせず他のキツツキの古巣を使わせてもらっているし、他のキツツキは渡りをしないのにアリスイは渡りをするし・・・本当にキツツキの仲間?

アリスイ4
キツツキっぽくないアリスイ

敵を威嚇する時は、ヘビが発するような音を出し、ゆっくりと首をくねらせたりもするそうなので、アリスイは、本当に爬虫類っぽいです。
昔、鳥類は爬虫類から進化したそうですが、アリスイの姿を観ていると、「どうして進化をやめちゃったの?」と、聞きたくなります。ヘビに擬態することで、生き延びることができたのかなー?

アリスイ5
「これでも立派に生き残っているんだから、結果オーライ!」

何とも、古めかしい感じのする鳥さんですが、動きがスローなあまり、猛禽類に襲われることもあるようです。アリスイに出会った公園には、ハンターのモズがわんさかいて、シジュウカラシロハラを追い回していました。
くれぐれも、ハンターの標的にならないよう注意してくださいね、アリスイさん!チュ!

<余談>
アリスイは、確かに出会う機会は多くはありませんが、何故にあそこまで人気があるのか本当に不思議です。公園内で、「今日、どんな野鳥がいました?」と尋ねられた際、「アリスイがいましたよ」と伝えると、「えっ!アリスイ?」と、目の色を変え、喜びいさんで走り去るおばさまに出会ったこともあります。
大抵、野鳥はきれい、かわいいから好きという方が多い中、アリスイは異色の存在だなーと思います。あの「ヘビっぽい姿が魅力的!」なのでしょうか。まぁー、嫌われて駆除されるよりは人気者である方が、アリスイにとっては、ありがたいでしょうね。

<アリスイを脅かすもの>
林・農耕地・草原の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

アリスイは舌は長いし、模様はウロコみたいだし、不思議な鳥ですね。とてもキツツキには見えません。

鳴き声も奇妙な声なんでしょうかね?

オオトラさんへ

アリスイの鳴き声は、モズやカワセミの鳴き声に似ていて、
クィクィクィとよく響いていました。
鳴き声を頼りに、雑木林を探してみたのですが、
その時は、姿を見つけることができませんでした。
やはり、じっとしていると、探すのが難しいですね。

No title

アリスイという変わった名前に引かれて鳥辞典をひいて
その微妙な姿に…となった事があります(笑)
そんなアリスイさんが人気とは正直驚きです
「ブサカワ」という所なのでしょうか^^)
動きも独特なのですね
是非活動している姿を見てみたいです~

ポンさんへ

アリを吸いとるというより、舐めとることから、
アリスイと名づけられたようですが、
確かに変わった名前ですね。
動きも独特なので、キツツキどころか、鳥っぽくもない!と
思ってしまいます。
「ブサカワ」が魅力的なのかもしれませんね(笑)
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ