絶大なるカワセミ効果? カワセミ

野鳥の世界 カワセミ

オレンジとブルーの色合いがとってもきれいなカワセミ。たまたま、目の前の枝に止まって、大サービスしてくれたカワセミがいましたので、今回はその紹介です。

冬季は、野鳥がたくさん現れる公園があり、早朝に行ってみることにしました。公園内をぐるりと回り、たくさんの冬鳥たちにも出会え、そろそろ帰ろうかと出口付近に向かった際、少し離れた場所に大勢のカメラマンがくつろいでいる姿を見かけました。

「誰かいるのかなー?」と思い、数メートル下に広がる湿地を見渡しましたが、野鳥の姿はありません。「カメラマンのみなさんは、おくつろぎ中なので、もう誰もいないんだー、さぁ、帰ろう」と顔をあげた瞬間、数メートル先の枝に、カワセミがちょこんと止まっている姿が目に飛び込んできました。「あっ、カワセミ!」と、たーさんに伝えた瞬間、そのカワセミは池にドボンと飛び込み、あーちゃん達の目の前の枝に飛んで来てくれました!急いで、写真をパシャリ。

カワセミ8
2010年12月 埼玉県 北本自然観察公園 カワセミ(メス)

こんなに近くに寄って来てくれたカワセミは、初めてです!どうやら、サービス精神旺盛なカワセミのようです。この時出会ったのは、メスでした。カワセミのメスは、くちばしの下側がオレンジ色です。(オスは、くちばしの下側が黒色)

カワセミ9
くちばしの下側が、かすかにオレンジ色だねー。

ここで、カワセミは、くるりと方向転換を始めました。

カワセミ10
「くるりっと!」 カワセミ(メス)

そして、光り輝くブルーの背中も披露してくれました!

カワセミ11
「どぉ?本物の宝石以上でしょ?」 うんうん、眩しいぐらい、きれいだねー。

カワセミは相当な頭でっかちで、2頭身ぐらいに見えます。人間がかわいいと思う条件のうち、「頭が大きく丸っこい」というのがありますので、カワセミは、まさにドンピシャの条件を兼ね備えていることになります。その上、こんなに美しい羽色も持っていますし。

この公園では、別の池でもカワセミを見かけました。あーちゃん達が最初に発見したので、他の方達に「あそこにカワセミがいますよ!」と伝えると、「ドヨドヨドヨ~」とざわめきが起こっていました。それだけ、カワセミは人気があるのですねー。

カワセミの営巣場所である川岸の土手などが土のままであり、河川や池などの水質がきれいであれば、カワセミの生息数も増えることでしょう。そして、カワセミが姿を現してくれるケースがもっと増えれば、よりハッピーな気持ちになれる人間もさらに増えるのでしょう。
これを「カワセミ効果」と呼ぶ・・・かどうかは分かりませんが、人間にとってプラスの効果となることは間違いないでしょう

天気よし、カワセミの機嫌よし?、のおかげで、とってもきれいな姿を見せてもらえて感激でした。ありがとう、カワセミさん!チュ!

<余談>
以前、ひたすらカワセミだけを追い続け、カワセミの写真だけを撮り続けているおじさんに遭遇したことがあります。そういう方にとっては「野鳥=カワセミ」であり、他の野鳥はどうでもいいそうです。野鳥の世界には、他にもたくさんの魅力的な野鳥がいますので、他の鳥さんにも目を向けて欲しいな~。

カワセミの関連記事:
「新しい住人 カワセミ」はこちら
「分不相応 カワセミ」はこちら
「飛ぶ宝石 カワセミ」はこちら
「リアル宝石 カワセミ」はこちら

<カワセミを脅かすもの>
水辺の消失・水質悪化:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

明けましておめでとうございます!
自然がつくりだすものは、本当に綺麗ですねそして、不思議です!!

本年も"野鳥の世界"を楽しませていただきます毎回楽しい記事をありがとうございます

No title

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。
カワセミを見て野鳥の世界に入り込むヒトも多いですよね!
結構身近に存在しますし、それだけ魅力のある鳥だと思います。
特に背中の色なんて、ほれぼれしますよね!

低空飛行さんへ

あけましておめでとうございます!
自然界が創り出す配色には、お見事!としか言いようがないものがたくさんありますよね。
カワセミもそんな美しい創造物の一つなので、出会うたびに感心してしまいます。

本年も記事をお読みいただけると嬉しいです!

atekichiさんへ

あけましておめでとうございます!
そうですよね、カワセミと出会って、どっぷりとはまり込む方も多いですよね。
カワセミは、何度出会っても、ワクワクする鳥さんだなーと思います。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

No title

あけましておめでとうございます
こんなにサービス精神旺盛なカワセミさんに出会えるなんて
羨ましい^^)
私は最初カワセミの小ささにビックリしました
よく見る写真で想像するにヒヨドリくらいの大きさがあるのかと思い込んでいましたから
それくらいカワセミ写真を撮る人は望遠レンズを駆使しているのでしょうね
本当に他のシブい鳥さん達にも是非目を向けてほしいですね

ポンさんへ

あけましておめでとうございます!
そうですね、カワセミはとっても小さいですよね。
カワセミは、本や雑誌の表紙などにバ~ンと登場することが多い鳥さんですので、
大きいのかな?と思われがちかもしれませんね。

小さな野鳥を撮影するには、望遠レンズがないと厳しいですねー。
でも、望遠レンズはとっても重いので、
小型・軽量・高性能の製品が早く登場してほしいです(笑)
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ