豊かな表情がご自慢 スズメ

野鳥の世界 スズメ

子供の頃から、スズメはどこにでもいる、と思っていたのですが、実はここ数十年で10分の1ぐらいまで生息数が減り、現在は、約1,800万羽ほどしかいない、というニュースが流れ、衝撃を受けました。いつの間に・・・。

理由は、えさ場や営巣場所の減少が原因のようです。

あーちゃん宅の周辺も、元々緑の多い地域だったのですが、開発につぐ開発で鳥さんのえさ場となる場所も減少の一途をたどっています。雑草の生えた空き地や畑も住宅に変わり、冬場には、えさらしきものは、ほとんど見当たらない状況です。

そこで、冬場はあーちゃん宅のちんまい庭にえさ台を設置し、鳥さんに少しでも飢えをしのいでもらう事に決め、ここ数年、続けています。

今回は、あーちゃん宅を訪れるスズメについてのお話です。

この冬は、何故かスズメに大人気で、数十羽がやってきます。ほぼ1日中、いすわっており、にぎやかにチュンチュンと騒いでいます。スズメや他の野鳥たちを観察していて気づいたのですが、野鳥の中では、スズメの表情が最も豊かな気がします。

シジュウカラを追い払う前と、追い払った後の顔ですが、明らかに目つきが悪いです!

スズメ1

シジュウカラを追い払う前

スズメ2

シジュウカラを追い払った後


こんなに豊かな表情の持ち主、おもしろスズメにチュ!

<余談>
昨年の春は、スズメとシジュウカラがそれぞれヒナを連れて、あーちゃん宅の庭に、毛虫を食べにやってきてくれました。でかした!殺虫剤を使っていなくてよかった~と、つくづく思いました。

殺虫剤は生態系を破壊するので、使用すべきではないですね。害虫退治は天敵にお任せあれ!です。
昨年、ハイビスカスにアブラムシが大発生した際も、殺虫剤を使わず、じっと我慢して数週間待っていると、やはり救世主が現れました!何らかの幼虫らしきものが、ムシャムシャとアブラムシを食べていました。その後、クモやテントウムシも参加してくれました。

アブラムシは殺虫剤に耐性を持っているので、殺虫剤を使うと、天敵のテントウムシなどがやられてしまい、かえってアブラムシが大発生!となってしまうそうです。
生態系とは、絶妙なバランスで成り立っているので、これを人間の手で崩してはいけませんね。

(世界的には、過去に北米で殺虫剤(農薬)大量散布により、生態系に壊滅的な打撃を与えてしまった、という例があります。)

スズメの関連記事:
「ヒナの虫とり訓練 庭のスズメ」はこちら
「水浴びを邪魔する奴は 庭のスズメ」はこちら
「ボディガード付マイホーム スズメ」はこちら
「試練の大雪 庭のスズメ」はこちら
「今そこにある幸せ スズメ」はこちら
「住めば都 スズメ」はこちら
「ヒナたちの教育実習 スズメ 第1話」はこちら
「スズメのお宿はスイートホテル スズメ」はこちら
「スズメと友達 ノビタキ」はこちら
「野鳥たちの人気者 スズメ」はこちら

<スズメを脅かすもの>
水田・農耕地の減少:えさ場が少なくなるようです。
空き地の減少・除草剤:草が生えないと、冬場のえさとなる雑草の種もないので、空き地は草ボウボウのまま、放置してもらいたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ