沖縄探鳥旅行記 2009年11月 第3話

野鳥の世界 沖縄探鳥旅行記 2009年11月 2日目の続き その2

屋我地島(やがじしま) 午前10時~11時30分頃。

本島から屋我地島には車で行くことができ、島に近づくにつれ、晴れ間が見え始めました。「いいぞ、いいぞー、頑張れ、お空!」
島に入ってすぐ、目の前にすごい光景が飛び込んできました。真っ青な空を背景に、サシバ(絶滅危惧種)がでで~ん!と電柱に止まっています。南国ならではの空の青さは、野鳥の姿を引きたててくれて、本当に素敵です!

サシバ15
青空に映えるサシバ

サシバの詳細記事「青空がお似合い サシバ(絶滅危惧種)」はこちら

屋我地島では、たくさんのサシバに出会うことができました。中には、頭が白いサシバもいました。

サシバ16
頭が白いサシバ

サシバの飛翔姿も素敵です!白っぽいので幼鳥のようです。

サシバ17
サシバ(幼鳥)

と、次第に雲行きが怪しくなり始め、晴れたり曇ったりを繰り返します。気温は30度ぐらいまで上がり、とても暑い!です。

サシバ18
あっという間に雲が・・・。 サシバ(幼鳥)

屋我地干潟は、ちょうど干潮時で、遠くまで干潟が続いています。そのおかげで、野鳥たちの姿は、虫のように小さいです・・・。干潟には、シロチドリ(絶滅危惧種)、イソシギ、ミサゴ(準絶滅危惧種)がいました。

シロチドリ2
シロチドリ(冬羽)

イソシギ2
多分、イソシギ

ミサゴ3
遠すぎて小さいですが、ミサゴ

干潟には、小さいマングローブがあり、スズメ数羽がくつろいでいました。スズメは、マングローブにも出没するのですね!

スズメ5
マングローブでくつろぐ、スズメたち

屋我地島から観る景色は、とても綺麗でした。束の間の晴れの風景を見せてくれたのは、この屋我地島だけでした。ありがとう、屋我地島!

屋我地島1
束の間の晴れの景色 屋我地島

その後、本島に戻り、嘉津宇岳(かつうだけ:標高452m)に登ってみることにしました。

嘉津宇岳 午後0時~2時。

途中までは車で行けるのですが、嘉津宇岳の頂上には、徒歩で登るしかありません。約40分ほどかけて、岩がゴツゴツのすごい山道を登って行ったのですが、野鳥の姿はありません。ようやく頂上に到着したものの、岩だらけで狭く、ゆっくり座る場所もないほどです。景色はきれいだったので、とりあえず写真だけ撮って、すぐさま下山することに。

嘉津宇岳1
嘉津宇岳の頂上から眺める景色

この山登りのおかげで、滝のような汗と共に、体に溜まった毒素が一気に外に出た気がして、不思議とすっきりした気分になりました。野鳥には出会えなかったけれども、5歳ぐらい?若返った気がします。沖縄の森林パワーはすごい?

嘉津宇岳の駐車場から麓に下るまでの間、キセキレイが車の前を飛んでは待ち、飛んでは待ちを繰り返していて、数十メートルは一緒に下って行きました。まるで、道先案内人みたい!

キセキレイ7
道案内、ありがとう! キセキレイ

やんばるの森に戻り、探鳥することにしたのですが、今にも降り出しそうな空模様となってきました。この後、野鳥に出会うことができるでしょうか?

沖縄探鳥旅行記 2009年11月 第4話へ続く

沖縄探鳥旅行記 2009年11月 トップへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

すごい 青空に栄えますね サシバさん!
悠々たる姿が 見ていて気持ちがいいです^^
頭の白いサシバがいるのですか
なんだか 主のようで カッコイイですね(笑)
空からこんなに良い景色が眺められるなんて
鳥って本当にうらやましいですね^^)

No title

こんばんは!

青空とサシバ。
映えますね~☆
名前は面白いのに凛とした立ち姿!飛翔姿!
カッコイイです~i-237

マングローブのスズメさんたちは
どんな会話をしているのでしょうね~

ポンさんへ

真っ青な空を背景にした野鳥と出会う機会は、
あまりないので、サシバとの出会いは、
とても嬉しいものでした。
大空を悠々と飛翔する姿は、
本当に気持ちよさそうで、羨ましいですねー。
いつか、渡りのサシバの大群(タカ柱)も、
見てみたいです!

zooさんへ

こんばんわ!
サシバという響きは、人によって興味をそそるようで、
呪文のように、「サシバ、サシバ、サシバ・・・」と
言い続ける方がいました。
差し歯を連想するのでしょうか?(笑)

スズメは、とってもおしゃべりなので、
マングローブで出会った子たちも
「暑いねー」とか、「今日、何食べた?」とか
間違いなく会話をしていたと思います!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ