さえずり疲れでヘタっ! ガビチョウ

野鳥の世界 ガビチョウ

かなりの美声なのに、目の敵のように扱われている、ガビチョウという鳥さんがいます。中国や東南アジア原産の野鳥ですが、日本では、積雪のある地域以外に生息し、数を大幅に増やしていると言われています。

今回は、日本の特定外来生物に指定され、侵略的外来種ワースト100にも見事に選ばれている、ガビチョウのお話です。

コジュケイも外来種ですが、ガビチョウほど人間に敵視されていません。しかも、ガビチョウが生態系に及ぼす悪影響については、まだよくわかっていないそうですが、何故に、ガビチョウだけ、こんなにも嫌われることになったのでしょうか?

それは・・・きっと、目立つ場所に居座り、大音量でさえずる美声のせいではないでしょうか?つまり、彼らは、人の目につきやすいのです。ガビチョウを観ていると、とにかくさえずり大好き!といった感じがします。自分の美声に酔いしれているかのように、延々と鳴き続けます。あちらでもこちらでも、「ヒョ~ロロロ、ヒョ~ロロロ」と鳴いていると、本当に目立ちます。

コジュケイのように藪に隠れて、ひっそりと生息していれば、ワーストなんて扱いを受けずに済んだかもしれませんね。

ある夏の日、奥多摩の山に登った際、人が大勢通る道路上の電線に止まり、気分良くさえずっているガビチョウを見かけました。通る人、通る人、この美声の発生源はどこか?とキョロキョロしながら、探していました。そのくらい、人の興味をそそる声なのですね。

大勢の人が注目する中、当のガビチョウは、一向に気にかけるそぶりもなく、夢中でさえずっていました。

ガビチョウ1
2010年8月 奥多摩の山林入口付近 ガビチョウ

ガビチョウ2
「おいらの声は、なかなか素敵だろう?」

と、しばらくの間、陽気にさえずっていたガビチョウですが、突然、エネルギー切れを起こしてしまいました!

ガビチョウ3
「エ、エネルギーが・・・」

ガビチョウ4
「切れた・・・ヘタっ」 あっはっは!ちょっと面白すぎるんだけど!

ガビチョウが、疲れ果てた瞬間を初めて見ました。尾羽を広げたまま、ヘタっとして動かないのです!そして、約5分後・・・充電完了!

ガビチョウ5
「シャキーン!復~活!」

ガビチョウ6
「おいらも、頑張って生きてるんだから、そんなに嫌わないでくれよな!」 うん、そうだよね!

元々は、輸入鳥のペットとして、日本で飼われていたガビチョウ。日本に広まってしまったのも、元はと言えば、人間のせいですよね。
藪の中で、ひっそりと生活するのであれば、人間に見つからないので大丈夫ですよ、ガビチョウさん。でも、電線で「ヘタっとポーズ!」は、目立ち過ぎるので、注意して下さいね!チュ!

<余談>
外来種の侵略問題については、ガビチョウに限ったことではありません。さも、その生物が悪いように言われていますが、一番悪いのは、捨てたり放したりする人間です。現在でも、外来生物をペットとして購入したものの、捨ててしまうケースが後を絶ちません。

2009年8月、まーさん、レオさんの散歩でよく訪れる池から、体長約60cmはあろうかというほどの大きなワニガメが釣りあげられた現場を目撃しました。外来種のワニガメが、海外から自力でこの池に来るわけがないので、人間の手によって捨てられた、ということになります。
別の湖では、ミドリガメが何十匹も甲羅干しをしている姿を見かけました。まるで木の枝に、カメの実がなっているような、異様な光景でした。ミドリガメも、元々は日本にいません。

外来種をペットとして飼育するからには、飼い主には最後まで面倒をみる、という責任があるのに、あっさり捨ててしまうとは・・・。
外来種問題の本質は、人間側のモラルが問われているのだと思います。

<ガビチョウを脅かすもの>
人による捕獲:今後、駆除される可能性が高いです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

完全にエネルギーが切れてますね!(笑)
顔が脱力してます(笑)
ガビチョウは声が大きいから、たくさんエネルギーを使うのでしょうかね!

その後、シャキーン!と復活しているのがさらにウケます。

No title

ガビチョウ 正直知りませんでした
でもきっと鳴き声を聞いたら ああ!って思うかもしれませんね
おいしそうなチョコレート色
ヘタっポーズが かわいらしいですね^^)
本当に外来種問題は人間の無責任さが原因だと思います
いつかきっと逆襲を食らうということを
人々は覚悟すべきですね…

すごい顔してますね~((笑))
ガビチョウさん、ひょうきんですね!さすが外来種!?

人間側のモラル見直したいですよね。一人一人が気づく事ができれば、少しずつでも良い変化になると思いたいです

オオトラさんへ

先日、午後6時を過ぎて、かなり薄暗いにもかかわらず、
まだ意気揚々とさえずっているガビチョウを見かけました。
あんなに暗いと周囲に野鳥がいるはずもなく、
一体誰に向かってさえずっているの?と考えたとき、
やはり、自分が楽しいからでは?と思ってしまいました。
自分の美声に酔いしれ過ぎて?、ついつい疲れ果ててしまうこともあるようです!

ポンさんへ

初めてガビチョウを見かけたとき、何の鳥だろう?と思って
野鳥図鑑をいろいろ調べたのですが、なかなか見つからなくて苦労しました。
外来種なので、日本の野鳥としては紹介されていなかったのですね。
ガビチョウは、関東ではかなり生息数が増えているそうですが
関西ではまだ少ないかもしれません。
外来種の問題は、年々ひどくなっているように思いますので
飼育されている方は、決して捨てたりしないで欲しい!です。

ヨタカさんへ

はじめまして!
コメントを下さり、ありがとうございます!
ガビチョウが陽気さえずっている声を聴くと、
あまりにも楽しそうなので、思わず笑ってしまいます。
ガビチョウもなかなかの物まね上手なので、
他の野鳥の鳴き声をよく真似るのですよ。
ところどころ、ガビチョウの本来の声が混じるので、
「あっ、これはガビチョウ」と分かりますけど(笑)
これ以上、かわいそうな外来種を増やさないよう、
捨てない、責任を持って最後まで飼う、ということを
徹底していただきたいですね。

No title

目の周りの白い縁取りと黄色いくちばしを手がかりに
図鑑やインターネットで調べました。
ても分かりませんでした。

やっとこちらのサイトにたどり着き名前が分かりました。
奇麗な写真に見とれてしまいました。

有り難うございます。

itotonbosanさんへ

ガビチョウは外来種ですので、情報が少ないですよね。

ガビチョウはあーちゃん宅の庭にも頻繁に姿を現すため、
観察する機会が増えてきました。
ガビチョウはとっても賢い上、物怖じしないので
彼らの生息数が増加傾向にあるというのも、分かる気がします。

ガビチョウのつがいはいつも一緒にいるし、
森の中では群れている姿もよく目撃するため、
仲間同士の絆が強い鳥さんのようです。

コメントありがとうございました!

たいへん勉強になり、シェア
させていただきました、ありがとうございました。

Yukitanさんへ

この春も、ガビチョウは庭にやって来て、陽気にさえずっていたのですよ。夕方には、ほぼ毎日、水浴びをしに庭に姿を現します。観察すると、なかなか面白い鳥さんです。
コメントありがとうございました!

No title

あーちゃんさん、はじめまして!

ガビチョウは最近知りましたが、気づくと家の周辺にもいました。
電線に止まっていてヒヨドリより尾が短くてハトよりは小さくて
ムクドリでもないし何だろうと思っていた鳥たちがガビチョウの
ようです。あまりにぎやかに囀ってはいませんが(^^;)

写真と説明で思い出したのですが、羽ダニを退治するための
虫干しポーズに似ていますね。
真夏に保護していたシジュウカラの雛を初めて陽に当てた時、
羽根を拡げてべたっと伏せてくちばしをカッと開け上を向いたきり
動かなくなったので、熱中症の発作でも起こしたかと焦ってしまい
ましたが、調べたところ、数羽の野鳥が屋根の上で虫干しをして
いる写真がありました。雛はかなり体をかゆがっていたので
納得でした(^^;)

このガビちゃんは、歌い過ぎて力尽きてからの~虫干し!
だったのかもしれませんね!

私も野鳥が好きでメジロにみかんをあげていた経験があります。
我が家は庭がなくバルコニーなので大変でした。網のグッズを
見る度に、ヒヨ対策に使えないものかと考えていたのも同じだ!
と笑いました。近所の目が気になり、もう止めていたのですが・・・

この夏はやむを得ず保護したシジュウカラを育て、無事に放野
までこぎ着けました。現在は毎日、連れあいとひまわりの種を
食べに来ていますが、この冬を無事に越えられるか心配です。
冬場は住宅地の野鳥にとって本当に厳しい環境ですね。
あーちゃんさんのおっしゃる通り、自然を大事にしてほしいと
切に願っています。

maruruさんへ

初めまして!
maruruさんは、シジュウカラのヒナを保護されたことがあるのですね。
元気に育って、毎日、姿を見せてくれるのは、とても嬉しいことですね。
私はムクドリのヒナを保護したことがあり、放鳥した場所を通ると、今でも、「元気にしているかな~?」と、気になります。
虫干しポーズも、ムクドリの家族が披露してくれましたよ(笑)

ムクドリのヒナの記事と虫干しポーズの記事がありますので、よかったらご覧になってください。
ムクドリのヒナ:http://maroleopie.blog118.fc2.com/blog-entry-406.html
虫干しポーズ:http://maroleopie.blog118.fc2.com/blog-entry-357.html


今年は食べ物がなくなるのが早いのか、まだ10月なのに「何かないかな~?」と庭で食べ物を探す野鳥たちを見かけるようになりました。
この冬も、頑張って乗り越えて欲しいです。
微力ながら、彼らのお手伝いも、引き続きやろうと思っています。

コメント、ありがとうございました!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ