ホクロがないスズメって? ニュウナイスズメ

野鳥の世界 ニュウナイスズメ

人家近くではなく、林付近に生息する、ニュウナイスズメという鳥さんがいます。スズメの仲間の野鳥で、夏季は北海道、冬季は関東以南で観察することができるようです。

今回は、このニュウナイスズメのお話です。

ニュウナイスズメは名前の由来が面白いです。「ニュウ」とは黒斑(ホクロ)の意味があるそうで、スズメのホッペにこの黒斑(ニュウ)が無い(ナイ)からニュウナイスズメとつけられたそうです。
(普通のスズメは、ニュウアルスズメとは、名付けられなかったのですね!略された?)

埼玉では、林付近の電線で、何度かニュウナイスズメを見かけたことがありますが、出会う機会は少ないです。冬、電線に止まっているスズメを見つけると、「あれは、ニュウアリ?、ニュウナシ?」とたーさんが聞いてくるので、そのたびに双眼鏡で確認し、「ニュウアリ」と答えています・・・。(たーさんは、埼玉でニュウナイスズメに出会ったことがないので、何とか見つけたいそうです。が、いつも他力本願・・・)

夏の北海道では、ニュウナイスズメに出会える頻度は、ぐ~んと高くなります。農耕地を車でブラブラ走っているだけで、電線に止まっている姿を見せてもらうことができます。

ニュウナイスズメ1
2010年7月 北海道東部 ニュウナイスズメ(オス)

ニュウナイスズメ2
「ホッペにニュウ(黒斑)がナイ(無い)よ!」 ニュウナイスズメ(オス)

ニュウナイスズメのメスは、オスとは違う色合いなので、ぱっと見は別種の野鳥に見えます。この時出会ったニュウナイスズメのメスは、羽部分の模様がはっきりしていないので、幼鳥と思われます。

ニュウナイスズメ3
2010年7月 北海道東部 ニュウナイスズメ(メス:幼鳥)

ニュウナイスズメ4
くちばしに食べカスをたくさん、ひっつけています・・・。

向きを変えても、食べカスをひっつけたたままです。

ニュウナイスズメ5
「何か文句ある?」 いえ、ちょっと食べカスが気になるだけ・・・。ニュウナイスズメ(メス:幼鳥)

ニュウナイスズメ6
「お腹空いた!」 催促時も、食べカスをつけたまま・・・。

人家の瓦屋根が大好きなスズメとは違い、ニュウナイスズメは樹洞やキツツキ類の巣に営巣するそうです。同じスズメでも、生態は全然違いますね。

スズメといえども、ニュウナイさんには、なかなか出会う機会がないので、何度も姿を見せてもらえると嬉しいです!ありがとう、ニュウナイスズメさん!チュ!

<余談>
出会う機会が非常に少ないニュウナイスズメであっても、イネを食べる害鳥として大量に駆除されることがあるそうです。スズメやニュウナイスズメは、害虫も食べる野鳥なので、駆除しすぎると害虫が大発生し、取り返しのつかないことになりかねません。

野鳥の世界では、多くの鳥さんたちが絶滅の危機に瀕していますが、日本のスズメの減少率も、凄まじいものがあります。
わずか数十年で9割も減ってしまったスズメは、今後、10年ぐらいかけて生息数の調査が実施されることになりました。が、ニュウナイスズメの調査は・・・?
ニュウアリさんもニュウナシさんも、頑張って生き抜いてほしい!と思います。
スズメの関連記事「豊かな表情がご自慢 スズメ」はこちら

<ニュウナイスズメを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。
人による捕獲:害鳥として駆除される場合があるそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

「あれはニュウあり ニュウなし?」トークに笑いました^^
しかし 当然ながらスズメとそっくりですね
たーさんでなくても
にゅうあり にゅうなし といちいち確認したくなります(笑)
オカメインコもニュウが無いコがいるので
ニュウナシオカメインコって言っても良いのでしょうねぇ(笑)

ポンさんへ

ニュウナイスズメのオスは、ホッペの黒斑があるかないか?で見分けない限り、ぱっと見は、わかりません!
この冬は、埼玉でも、もう少し頑張って探してみたいと思います。
オカメちゃんでも、確かにニュウアリとニュウナシがいますね。
ぽんちゃんとゲンさんはニュウアリオカメで、ココちゃんはニュウナシオカメとなりますね(笑)

No title

> 黒斑(ホクロ)のことを「ニュウ」と呼ぶそうですが、

そんな言葉はないと思いますよ。これはただのの冗談です。まことしやかに本当のようにおっしゃってはいけません。

kumagerasuさんへ

いろいろな説があると思いますが、山と渓谷社の「野鳥の名前」図鑑の「(1)「ニフ」「ニュウ」は黒子(ほくろ)のことで、」を参考としました。確かに、「「ニュウ」と呼ぶそうですが」は正しくないので、「「ニュウ」とは黒斑(ホクロ)の意味があるそうで、」に変更しました。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ