複雑な子供心 アカゲラ 第1話

野鳥の世界 アカゲラ

2010年7月、北海道知床で、とても面白いアカゲラ(エゾアカゲラ)の幼鳥に出会いました。まだまだ子供で、なかなか愉快な動作を見せてくれました。今回は、物語形式で、2回に分けて、紹介します!(野鳥の世界での出来事に、所々あーちゃんが乱入します!)

さて、物語のはじまり、はじまり!

ある夏の日の早朝、アカゲラ(エゾアカゲラ)の父が食事をしていました。

アカゲラ5
「飯は、ここら辺にあるかなー?」と父。

と、そこに、他の鳥の影が行ったり来たり・・・。
「あいつ、まだついてくるなー、早く逃げることにするか!」と退散する父。

アカゲラ6
朝食もそこそこに、早々と立ち去る父。

もう1羽のアカゲラ(エゾアカゲラ)が登場!父の周囲をうろついていた影の正体は、子供でした!父がいた同じ場所に陣取るが、父の姿は、もうありません・・・。


アカゲラ7
「あー、お父ちゃん、行っちゃった・・・」と子供。

そして、心の叫びがさく裂!

アカゲラ8
「お父ちゃーん!カムバッ~~ク!」

「ちょっとちょっと、あなたはもう独り立ちしたのだから、追いかけちゃーダメでしょ?」と、あーちゃん。
「お父ちゃんが僕を見捨てるはずはない!もう1回、探してみる!」と、場所を移動する子供。

アカゲラ9
「ここにいるかなー?」と、子供。

アカゲラ10
「あっ!見つけた!」と、上を見上げる子供。

お父さんに逃げられてしまった、アカゲラの幼鳥。場所を変えて誰かを見つけたようですが、それは・・・。

「複雑な子供心 アカゲラ 第2話」へ続く
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ。

キツツキ大好きです!
お父さんと子供の見分け方はどこなんでしょう?
子供のほうが、お尻のあたりの赤色が薄い?

子供のほうは、顔つきも子供っぽい感じもしますね!

続き楽しみにしています。

No title

わーい
今回は私の好きなアカゲラさんだ
しかも幼鳥さんの お出ましだわ(笑)
ちょっとムックリしていて 可愛らしい
それにしても 父アカゲラの色合いは
相変わらず美しいですね
次回が楽しみです~^0^)/

くまげらさんへ

こんばんわ!
キツツキは、かわいいですね。
幼鳥は、少しぷっくらしているように見えますね。
アカゲラの成鳥と幼鳥の見分け方については、次号で説明しますので、お楽しみに!

ポンさんへ

北海道では、たくさんのキツツキに出会うことができるので、いつも驚かされます!
アカゲラは、あまり警戒心がないようで、すぐ近くに寄って来てくれることもあります。
赤、白、黒の色合いがきれいですよね。
幼鳥の体は親鳥と同じくらい大きいのですが、しぐさが幼くて可愛いです!
次回も、お楽しみにー!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ