奄美大島探鳥旅行記 2010年2月 第6話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2010年2月 3日目

いよいよ、奄美大島滞在最終日です。くもりで、最高気温は昨日と同じく17度ぐらいで、かなり寒く感じます。今日も、野鳥と出会うのは、難しい天候のようです。

奄美大島1
とうとう3日間、晴れることはなく、ずっとこのような天候でした。
いつか、晴れの奄美大島を観たい!です。

気温が低い日の午前7時頃は、野鳥が活動するには早すぎる時間帯だと、前日、ガイドさんからお聞きしていたので、この日の探鳥は、9時頃からスタートすることにしました。

初日に全く出会えなかった森に、再び行ってみることに。

奄美大島北部の森 午前9時~11時頃。

森に向かう道路脇の林で、ルリカケスの姿を5羽ほど見かけたのですが、どのルリカケスもすぐに逃げ去ってしまい、とても写真を撮らせてもらえる状況ではありませんでした・・・。シャイすぎる・・・。

ミヤマホオジロ3羽が道路脇で採餌中でした。リュウキュウメジロ、アマミヤマガラの姿が、林の木々の間から、チラリチラリと見えています。

森に到着すると、「ピルルルルー」のアカヒゲ(絶滅危惧種)のオスの美声が響き渡っており、今日は姿を見せてもらえるかも!と、嬉しくなりました。薄暗い森の中を、ちょこまかと動き回っており、写真を撮らせてもらうのは、ちょっと大変でした。

アカヒゲ1
アカヒゲ(オス)

この時、アカヒゲ(オス)は4羽おり、縄張り争いの真っ最中だったようです。
アカヒゲの詳細記事「美声は罵声 アカヒゲ(絶滅危惧種)」はこちら

カラスバト(準絶滅危惧種)の「ウッウッー」の鳴き声が、2回だけ、別々の場所から聴こえてきました。

その後、前日にガイドさんからお聞きしていた、ルリカケスがいそうな場所に行ってみることにしました。

奄美大島中部の山 午後1時~2時頃。

山を少し登ったところに、人家が点在しており、「こんな所にいるのかなー?」と思っていると、目の前の林にルリカケスが現れました。3羽いて、付近の林を飛び回っていました。

しばらく待っていると、ようやく、1羽のルリカケスが、ゆっくりと姿を見せてくれました。瑠璃色のカケス、本当にきれいです。

ルリカケス4
ルリカケス

ルリカケスの詳細記事「見事な色彩 ルリカケス」はこちら

他には、アオジが姿を現しました。

山を下り、港付近の広場に行ってみました。ノゴマ(メス)が藪の中から少しだけ姿を見せてくれました。上空をミサゴ(準絶滅危惧種)が飛んでいます。

ミサゴ2
ミサゴ

草むら上の電線に、チョウゲンボウがいました。が、これまた、すぐに逃げ去ってしまいました・・・。

最後に、飛行機出発時間ぎりぎりまで、再び、北部の森を探鳥してみることにしました。

奄美大島北部の森 午後3時30分頃。

森と道路の間の少し開けた場所を、トラツグミがノコノコ歩いていました。トラツグミとは、約5メートルほどの距離だったのですが、逃げ去る様子はなく、しばらくの間、観察させてもらうことができました。ようやく、シャイじゃーない野鳥に出会えました!

トラツグミ4
トラツグミ

トラツグミの詳細記事「架空動物の正体 トラツグミ」はこちら

そして、薄暗い森の中に、再び入ってみることに。「今日もいないなー、帰ろうかなー」と思っていたところ、大きなドラミングの音が聴こえてきました。よ~く観ると、何とオーストンオオアカゲラ(絶滅危惧種)。ぜひとも、出会いたい!と思っていた、奄美大島の固有種です。オーストンオオアカゲラも、逃げ去ることなく、しばらく同じ場所にいてくれました。

オーストンオオアカゲラ3
オーストンオオアカゲラ

奄美大島での最後のご褒美は、オーストンオオアカゲラとの出会いでした!
オーストンオオアカゲラの詳細記事「食に夢中 オーストンオオアカゲラ(絶滅危惧種)」はこちら

天候のお悪い中、姿を見せてくれてありがとう、奄美大島の野鳥たち。感謝、感激です!チュ!

<余談>
奄美大島は、何がすごいって、奄美大島にしか生息しない固有種の豊富さに驚かされます。まさに宝島です!国の天然記念物に指定されている野鳥の中で、ルリカケス、オーストンオオアカゲラ、オオトラツグミ、アカヒゲたちに、悪条件の中で、出会えたことは、とても意義深いものがありました。

ただ、残念なことに、これらの固有種たちの生息場所を保全する、きちんとした法律がなかったがために、開発につぐ開発で、稀少種たちの生息数はかなり減ってしまったそうです。以前、何かの記事で見かけたのですが、今後、きちんと法律を制定し、保全するという話も浮上しているそうなので、ぜひとも、早急に対策を進めていただきたいです。
奄美大島の大自然は、本当に素晴らしいのですから、絶対に後世に残すべきですね!

奄美大島探鳥旅行記 2010年2月 トップへ戻る

奄美大島探鳥(2012年)の関連記事「奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

ついに来ましたね ルリカケスさん^^)
本当にありえないくらい綺麗な色調
なんだか オーストラリア辺りにいるインコの一種みたいですね
今回は 私の好きな鳥さんばかりで
目が釘付けです(笑)
しかし奄美大島で気温17℃とは
寒いのですね
野鳥さんも 暖かくなるのを待って 行動開始するのですね

No title

こんばんは。

大物が続々と登場ですね!
奄美大島にこんなに固有種がいるなんて知りませんでした。
ますます奄美大島へ行ってみたくなりました。

次の旅行記も楽しみにしています。

ポンさんへ

ルリカケスは、本当に綺麗でした!
次回は、明るい陽射しの中で、ルリカケスと出会ってみたいです。
きっと、もっともっと素敵だと思います!
冬の奄美大島は、暖かいだろうと思っていたのですが、2日目、3日目は、本当に寒かったです。
異常気象でしたが、飛行機は飛んでくれたし、野鳥たちも姿を見せてくれたし、思い出に残る旅となりました!

オオトラさんへ

こんばんわ!
最終日に、ようやく多くの固有種たちに会うことができました。
同じ場所であっても、時間帯や天候により、姿を見せてくれないこともあるので、限られた時間の中で出会うというのは、とても難しい!と感じました。
今後も旅行記を公開していきますので、またお越しいただけると嬉しいです!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ