真っ赤な恥ずかしがり屋 ベニマシコ

野鳥の世界 ベニマシコ

赤い鳥として人気の高い、オスのベニマシコ。より鮮やかな赤色の姿に出会いたいならば、夏の北海道に行くしかありません。さて、2010年の夏も、真っ赤なベニマシコに出会うことができるでしょうか?

2009年の夏は、知床から女満別空港へ向かう途中の農道で、ベニマシコに出会うことができました。そのため、今回も、農道で出会えるかも!と期待していたのですが、女満別空港から知床へ向かう間は、1羽も姿を見せてはもらえませんでした。農道がダメなら、どこへ行けばベニマシコと出会えるかなー?

翌日、野付半島に行く途中、標津湿原に立ち寄りました。そこにベニマシコがいるらしいのですが、湿原にはいませんでした。「ここにもいないのかー、今回は出会えないかな―」と思い、湿原の奥にある丘陵地へ行ってみました。そこは、湿原とはうってかわり、たくさんの野鳥のさえずりが響き渡っていました。多くの野鳥たちが姿を見せてくれる中、ベニマシコはいません・・・。そろそろ帰ろうかと丘陵出口付近に向かうと、木の葉の間から赤い姿がチラチラ見えています。「もしや、ベニマシコ?」と双眼鏡で確認すると、ビンゴ!でした。ようやくここでベニマシコの登場です!

ベニマシコ7
2010年7月 北海道標津市 標津湿原付近の丘陵 ベニマシコ(オス)

ベニマシコは、警戒心が強いと言われていますが、このベニマシコもなかなかシャイで、葉の陰に隠れたまま、とうとう姿をさらすことはありませんでした。そんなに遠慮してくてもいいのに!(野鳥の世界には、目立ちたがり屋と恥ずかしがり屋がいますが、ベニマシコは間違いなく、恥ずかしがり屋の部類に入りますね。)

野付半島から知床へ戻る途中、電線に止まっている赤いベニマシコ(オス)を発見!車を停める場所が見つからず、何とかUターンして戻ってみたのですが、すでにベニマシコの姿はありませんでした・・・さようなら~、お元気で・・・。

そして、とうとう最終日。「今日は、何としてでも、真っ赤なベニマシコさんの姿をちゃんと見せてもらいたい!」と、知床から網走へ向かう途中、ずっと車中から探鳥を続けていました。そして、ようやくベニマシコのオスが電線に止まっているのを発見!そぉーと窓を開け、隠れながら写真を撮らせてもらいました。

ベニマシコ8
2010年7月 北海道網走市 ベニマシコ(オス)

ベニマシコ9
鮮やかな赤色が素敵です!

この時、ベニマシコのオスは2羽いて、交互に姿を見せてくれました。

ベニマシコ10
覗きこみポーズ!

ベニマシコ11
見返りポーズ!

結局、バッチシ姿を見せてくれたのは、この時出会ったベニマシコだけでした。
その後、網走のとある湖付近の藪でも、「フィッ、フィッ」と鳴く、オスのベニマシコを見かけたのですが、写真を撮らせてはもらえませんでした。

派手なわりには、夏もなかなかシャイなオスのベニマシコさん、次回は冬にお会いしましょう!チュ!

<余談>
赤い野鳥は人気がありますが、どうやら人間の世界でも、赤い服を着た男性の方が女性にもてるそうです(先日、TVで見ました)。興味のある男性の方は、ベニマシコのオスを見習って、赤色をお試しあれ!

ベニマシコの関連記事:
「赤い鳥を探して ベニマシコ」はこちら
「ご近所さん ベニマシコ」はこちら
「ひそかにモグモグ ベニマシコ」はこちら

<ベニマシコを脅かすもの>
灌木地、農耕地、藪の消失:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

ベニマシコさん☆
出会ってみたい鳥さんベスト10に入ります!!

風貌的にはヤンチャなのかと思っていましたが
見かけによらず・・・w

そして、「モグモグ ベニマシコさん」のメスも可愛いですね!
食べるときに集中するのは人も鳥さんもその他動物も同じなんですね~(笑)

それにしても、”念じる”事って大切なんですね。
これからは、「出会いたいっ!!」ともっと強く念じるようにしてみます!!

zooさんへ

ベニマシコは、姿も動作もかわいらしいですね。
いつか、ベニマシコに出会えるとよいですね!
冬場は、アシ原や藪に生息しているので、口笛のような鳴き声が聴こえてきたら、そぉーっと探してみてください。
オスが近くにいるかもしれませんよ!



No title

赤い鳥は 憧れですねー^^
青では オオルリ
赤では ベニマシコに出会いたいです
オオルリさんは まぁまぁなんとかなりそうですが
ベニマシコさんにお会いするのは 難しそうですね・・・
アップの写真を見て ちょっと驚きました
結構頭ボサボサなんですね
かわいいわぁ(笑)

ポンさんへ

オオルリに比べると、ベニマシコは、かなりシャイなので、出会うのは、ちょっと難しいですね。
次の冬も出会えるとよいのですが。
ベニマシコは、確かに、頭はボサボサ気味です(笑)
くちばしが小さく、顔のパーツがギュウっと寄っている感じなので、かわいいですね!
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ