FC2ブログ

九度目の越冬 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

この冬も待ち鳥来たる!今回は、九度目の越冬にチャレンジ中のツグミのツーちゃんのお話です。

秋になると、ツグミは、繁殖地のシベリアから越冬地の日本へ、群れで渡来します。しばらくの間、ツグミは集団で行動していますが、やがて群れを解散し、個々に越冬生活に入ります。この冬は、1月を過ぎても、近所で見かけるツグミたちは、まだ群れていました。ということは・・・毎年、冬になると、庭に姿を現すツグミのツーちゃんがやって来るのは、もう少し先かも?

と思っていたら、その数日後に、ツーちゃんらしきツグミが庭に登場しました!

ツグミ122
2021年1月初旬 埼玉県自宅の庭 ツグミ

この色味は・・・ツーちゃんに違いありません!

ツグミ123
ツグミ登場!

念のため、前の冬に撮った写真と比較してみると・・・同じ鳥さんです!

ツグミ124
ツグミ(左:2021年1月、右:2020年2月)
この鳥さんは、やはりツーちゃんでした!

前の冬、ツーちゃんが庭に現れたのは過去一番早い12月初旬でしたが、今回の登場は約1ヵ月遅れとなりました。

ツグミ125
無事でよかった!

これで、ツーちゃんは、9度目の渡りを成功させたことになります。今回も、ツーちゃんの渡りを図にしてみました。

ツグミ126
9度目の渡り成功!

ツーちゃんが庭に初めて姿を現したのは2013年2月だったのですが、この時は、まだ幼さが残る若鳥でした。今年で9歳となるツーちゃんは、昔と比べると、かなり貫禄がついたように見えます。

ツグミ127
今では貫禄満点
(左:2021年1月現在、右:2013年2月若鳥)

ツーちゃんは、庭でナッツのかけらを食べるのですが、競争率が高く、すぐになくなるため、昨年から、ツーちゃんが食べられそうな他の餌も置くことにしています。

前の冬は、ツーちゃん用にミールワームを用意したのですが、他の野鳥たちもミールワームをパクパク食べていて、売り切れるのが早かったため、今回は、ミミズの入ったトレイを設置してみることにしました。ツーちゃんは、すぐにトレイに気づき、ミミズを食べ始めました。今のところ、他の野鳥はミミズを食べていないようです。

ツグミ128
ミミズを食べるツーちゃん

ツーちゃんは、1日の大部分を庭で過ごしているようで、水場か庭木にいる姿を、よく見かけます。

ツグミ129
水浴び中

ツグミ130
庭木で休憩中

庭には、多くの野鳥が集まるのですが、9度目の越冬ともなると、ツーちゃんは、もう、冬の庭の主のようです。

ツグミ131
冬の庭の主、再び、越冬記録更新中

今回も、元気で冬を乗り越えて、必ず記録更新してくださいね、ツグミのツーちゃん!チュ!

<余談>
ツグミの群れや、ツーちゃんの様子を観察していると、どんな会話をしているのかなぁーと想像の世界が広がります。

越冬のため、群れで日本へ渡来するツグミですが、群れを解散する時期になると、ツーちゃんたちは、こんな会話をしているのかも?
ツーちゃん:「じゃあ、そろそろ、いつもの場所(あーちゃん宅)に行ってくるね!」
仲間のツグミ:「春になったら、また集合ね!」

そして、春になり、シベリアへ向けて旅立つ前に、仲間たちと合流すると、越冬時の話をするのかも?
ツーちゃん:「今回はねー、ミミズがあったよ!」
仲間のツグミ:「えっ?冬に、そんなご馳走が!」

春、ツグミたちの越冬話が楽しいものとなりますように!

ツグミの関連記事:
「九度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「八度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「八度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「七度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「七度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「六度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「六度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

V字編隊遊泳 トモエガモ(絶滅危惧種)

****************************************
あけましておめでとうございます。
本年も、懸命に生きる野鳥たちの姿を紹介できたら、と思います!
****************************************

野鳥の世界 トモエガモ

冬になると、シベリアなどから越冬のため、日本へ渡来するトモエガモ。今回は、トモエガモのV字編隊遊泳を目撃したので、その紹介です。

この冬は、とある湖で異変が起きていました。約20年もの間、毎年、カモたちを観察しているのですが、今季は、過去に見たことがないほどの群れが飛来していました。

トモエガモ22
2020年12月 埼玉県とある湖 カモの群れ

カモの群れのメンバーの多くは、マガモ、コガモ、オカヨシガモホシハジロカルガモ(留鳥)などです。その中に、埼玉では見かける機会が少ないトモエガモの姿もありました。

トモエガモ15
2020年11月 埼玉県とある湖 トモエガモ(オス)

その湖では、過去にも、何度かトモエガモを見かけたことがあったのですが、長期間滞在することがなかったため、今回も、すぐに飛び去るだろうと思っていたのですが、約1ヵ月経っても、トモエガモの姿を確認することができました。

トモエガモは、他のカモたちと混在していたため、全体で何羽ぐらいいるのか、分からなかったのですが、ある日、トモエガモだけで群れているのを発見!

トモエガモ16
群れるトモエガモ(左:メス、他:オス)

トモエガモは、みんな同じ方向に泳ぎ始めました。

トモエガモ17
一斉に右へ

トモエガモ18
ズーム

トモエガモ19
今度は、一斉に左へ

そして、トモエガモの群れ全体を眺めてみると・・・V字になっていました!一瞬でしたが、とても美しい光景でした。

トモエガモ20
トモエガモのV字編隊遊泳

この日、カウントできたトモエガモは22羽でした。そして、後日、再びカウントしてみると、トモエガモの数は、50羽を超えていました。こんなに多くのトモエガモを、その湖で観察したのは初めてです。この時は、トモエガモは群れではなく、バラバラに点在していました。

トモエガモ21
今日はペアで(左:メス、右:オス)

この冬は大勢で姿を見せてくれてありがとう!天敵に注意して、無事越冬してくださいね、トモエガモさんたち!チュ!

<余談>
何故に、こんなに多くのカモたちがやって来たのかというと・・・この冬は寒さが厳しいようなので、普段は東北あたりで越冬していたカモたちが、より南下して来たのカモ?
カモが大群になっている!と気づいたのは、11月下旬頃で、まだ寒くなる前です。ということは、カモたちは、この冬の気候がどうなるか?を事前に察知していた?これが本当なら、すごい能力ですね!

トモエガモの関連記事:
「波乗りサーフィン? トモエガモ(絶滅危惧種)」はこちら
「大勢の仲間と一緒! トモエガモ(絶滅危惧種)」はこちら

<トモエガモを脅かすもの>
湖沼・池・河川の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)、くま(犬)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ