FC2ブログ

正々堂々と勝負? ルリビタキ

野鳥の世界 ルリビタキ

冬季に観察できる美しい鳥さんといえば、ルリビタキのオスですが、見かけによらず、気が強い一面があるようで。今回は、正々堂々?と勝負を挑む、ルリビタキのお話です。

冬のある朝、雑木林のある公園を散策していると、大きなカメラをセットして、何かを狙っている男性バードウォッチャーの姿が目に入りました。邪魔にならないよう、その場所を避けるようにして歩いていると、「ルリビタキがいますよ!」と、その男性が声をかけてくれました。

せっかくなので、その場所に行ってみると・・・いました!ルリビタキのオスです!

ルリビタキ37
2020年1月 東京都 とある公園 ルリビタキ(オス)

このオスは、警戒心がないようで、全く逃げようとしません。

ルリビタキ39
警戒心のないルリビタキ(オス)

このルリビタキは、あーちゃん達の周辺をウロウロし続けていたため、「あ~、よく人に慣れたルリビタキ。サービス精神旺盛なよい子だなぁ」と思っていました。最初は。

ルリビタキ38
よい子?のルリビタキ

ルリビタキを観察しているうちに、このオスが、「カッカッカッ!」と威嚇の声をあげていることに気がつきました。本当は、歓迎されていなかったのですね。

ルリビタキ40
威嚇するルリビタキ

男性バードウォッチャーの方は、この場所に何度か来ているそうで、「このルリビタキは、いつも近くに寄って来るんですよ。50cmぐらいのところまで来ますよ」と教えてくれたのですが、ルリビタキからすれば、「この、縄張り侵入者め!出ていけ!」と、言っていたに違いありません。つまり、ルリビタキから勝負を挑まれていたってわけですね。

ルリビタキをよ~く見ると、顔が怒っているような・・・。

ルリビタキ41
怒っている?

ルリビタキ42
怒っている?

ルリビタキ43
怒っている?

ムムッ、これは、相当、お怒りモードですね。
ルリビタキをもっと観察していたかったのですが、ここは早々に退散することにしました。あの男性バードウォッチャーは、他の野鳥を観察したいとのことで、まだ、同じ場所にいたため、その後も、オスから勝負を挑まれていたはず。

縄張りに侵入してしまい、ごめんなさい。縄張りを死守して、無事、越冬してくださいね、ルリビタキのオスさん!チュ!

<余談>
このルリビタキのオスは、前の冬も同じ場所にいたとのことなので、人といえども縄張り争いに負けるわけにはいかないようです。そのため、人が現れると、追い払おうと必死になって、オスが人の周囲をウロウロし続けるわけですが、きれいなオスが逃げないとなると、人は観察してしまいますよね。喜んでいるのは人だけで、当のルリビタキはプンプンと怒っているのです。見た目とは裏腹に、ルリビタキは、本当に気が強いですねぇ。

ルリビタキの関連記事:
「ご機嫌なルリビタキ」はこちら
「にらめっこ最長記録 ルリビタキ」はこちら
「日の光を浴びて ルリビタキ」はこちら
「侵入者には、めっ! ルリビタキ」はこちら
「見た目では負けないよ! ルリビタキ」はこちら
「女性は強し ルリビタキ」はこちら
「見る人を幸せにする青い鳥 ルリビタキ」はこちら

<ルリビタキを脅かすもの>
森林・里山の減少:冬場はオスもメスも個々に、なわばりを持つので広めの生息域が必要です。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

八度目の越冬 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

冬季、7年連続で、あーちゃん宅の庭に姿を現すツグミがいたのですが、この冬も無事かなーと思い待っていると・・・やって来ました!今回は、八度目の越冬となるツグミのツーちゃんのお話です。

12月初旬のある日、庭を見ると、ツグミがいるではありませんか!

ツグミ101
2019年12月 埼玉県自宅の庭 ツグミ

ツグミ102
あれ?ツーちゃん?

この色味は、ツーちゃんに違いありません。念のため、前の冬に撮った写真と比較してみると・・・同じ鳥さんです!

ツグミ103
ツグミ(左:2019年12月、右:2019年2月)
同じ鳥さんなので、ツーちゃんです

例年だと、庭にツーちゃんが現れるのは、1月以降が多いのですが、今回は、これまでで、一番早い登場です。ツーちゃんは、去年の4月に繁殖地のシベリアに向けて旅立ち、約8ヵ月後、越冬のため、この場所へ戻って来ました。


ツグミ104
ご無事で何より!

これで、ツーちゃんは、8度目の渡りを成功させたことになります。今回も、ツーちゃんの渡りを図にしてみました。

ツグミ105
8度目の渡り成功!

この日以降、ツーちゃんは、毎日、庭にやって来るようになりました。

ツグミ106
上部の水入れに止まるツーちゃん

ツーちゃんは、庭で食べ物を探したり、水浴びをしたりするのですが、まだ12月だというのに、他の野鳥も多く庭に集うようになっていたため、食べ物確保が難しいようでした。

そこで、ツーちゃんだけが食べられる餌場を用意することにしました。トレイの中に、コガネムシの幼虫とミールワームを入れて置いてみると・・・

ツグミ107
幼虫を入れたトレイを設置

3日目ぐらいに、ツーちゃんが気づいて、食べ始めました。

ツグミ108
幼虫を食べるツーちゃん

コガネムシの幼虫は、花の植え替え時に鉢の中から数十匹が出てきたので、ツーちゃんが来たらあげてみようと思い、秋頃から捕獲していた物です。コガネムシの幼虫は、かなり美味しかったようで、すぐに、ツーちゃんに食べつくされてしまいました。ツーちゃんは、ナッツのかけらも食べるのですが、こちらはすぐに完売となるため、そんな時は、ミールワームを探して食べています。

八度目の越冬ともなると、顔見知りの野鳥も多いようで、キジバトと一緒に休憩中のツーちゃんを見かけました。

ツグミ109
キジバトと一緒に

ツーちゃんは、頻繁に水場を利用するので、姿を観察することによって、「今日も元気そうでよかった!」と、無事を確認するのが日課となりつつあります。

ツグミ110
越冬記録更新中

今回も、無事、越冬して、必ず記録更新してくださいね、ツグミのツーちゃん!チュ!

<余談>
今年は、早い時期(10月下旬頃)から、食べ物を探しに野鳥たちが次々と庭にやって来るので、自然界の食べ物が少ない?と思っていました。暑すぎる気候、大型台風の襲来などの影響かもしれませんが、被害を受けるのは人だけではないなーと、つくづく思います。ツーちゃんを含め、庭を訪れる野鳥たちが無事越冬できるよう、見守っていきたいと思います。

ツグミの関連記事:
「九度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「九度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「八度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「七度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「七度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「六度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「六度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)、くま(犬)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ