FC2ブログ

美しい縄張りの主 キジ

野鳥の世界 キジ

春になると、「ケッ、ケーン」という大きな鳴き声が里山に響き渡ります。声の主はキジのオス。今回は、美しい縄張りを持つ、キジのお話です。

近所に、見事な花を咲かせる大きな桜の木があります。

キジ13
今年も満開の桜でした

この桜の花が満開になる頃、付近から、キジのオスの鳴き声が聴こえてきます。キジのオスは、メスへのアピールと縄張り主張のため、羽をバタつかせながら、「ケッ、ケーン」と威勢よく鳴きます。この鳴き声を頼りに姿を探してみると・・・いました!茶畑にキジのオスが佇んでいます。

キジ10
2018年4月 埼玉県とある雑木林付近の畑 キジ(オス)

キジのオスは、こちらの様子をうかがっているのですが・・・大丈夫かな?

キジ11
ちょっと警戒中?

少し警戒はしているようですが、大丈夫そうなので、そのまま、キジのオスを観察させてもらいました。

この畑の周囲には、雑木林があります。食べ物と隠れ家の両方を兼ね備えているため、とてもよい縄張りのようです。(キジにとっては、どうでもいい事ですが)景色もきれいですし。

毎年、桜の花を観るついでに、キジも探してみるのですが、ここ何年も、見かけませんでした。この畑で、キジに出会ったのは、約7年ぶり!でした。以前、見かけたオスと同じかな?と思い、過去の写真と比較してみると・・・別のオスでした。このキジは、新しい縄張りの主!だったのですね。

キジ12
新しい縄張りの主 はじめまして!

しばらくの間、じっとしていたキジですが、雑木林の方へと歩き始めました。

キジ14

なかなか堂々とした態度のキジで、慌てる風もなく、ゆっくりゆっくりと歩いていました。さすが縄張りの主!です。そして、そのまま、姿が見えなくなりました。

キジ15
堂々とした態度のキジ

よい場所を縄張りに持つということは・・・それだけ、し烈な縄張り争いが勃発しているはず。他のキジに負けないよう、頑張って縄張りを守ってくださいね、キジのオスさん!チュ!

<余談>
鳴き声はするものの姿は見えずか、出会っても、すぐに、スタコラサッサと逃げ去るかで、近所では、久しぶりに、美しいオスのキジを観察させてもらえました。
キジの生息場所が住宅地になったりして、以前より、キジを見かける頻度が減っているため、元気そうな姿を見かけると、とても嬉しく思います。

キジの関連記事:
「畑でアピール キジ」はこちら
「胆のすわった里山の主 キジ」はこちら

<キジを脅かすもの>
里山、茶畑、藪の減少:生息場所がなくなります。
狩猟:生息数が減ります。(国鳥をハンティング・・・?世界的にも例がない・・・)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

六度目の越冬終了 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

シベリアから、はるばる日本のあーちゃん宅の庭に姿を現し、六度目の渡りを成功させたツグミのツーちゃん。今回は、越冬を終え、北の繁殖地に向けて、ツーちゃんが旅立つまでの様子を紹介します。

ツーちゃんの登場は、例年より随分遅かったのですが、3月以降、頻繁に姿を見かけるようになりました。

ツーちゃんのやって来る時間帯は、まだ辺りが薄暗い早朝5時台。ツーちゃんが水場に止まっている姿を頻繁に見かけます。

ツグミ70
2018年3月 埼玉県自宅の庭 早朝にやって来るツーちゃん

ツーちゃんは、よく水浴びをします。

ツグミ71
水浴び中

ツグミ72
水浴び後は、止まり木で羽づくろい

4月に入ると、ツーちゃんは、電線に止まり、さえずりの練習を始めました(昨年、初めて、この姿を目撃し、ツーちゃんはオス!と判明)。早朝6時台の少しの間だけ、ツーちゃんのさえずりが部屋の中まで聴こえてきます。

ツグミ73
2018年4月 さえずりの練習中

少し暑い日の午後にも、ツーちゃんが水場に姿を現しました。普段のツーちゃんは、ずんぐりして見えるのですが、この時は、本当にツーちゃん?と思うほど、スレンダーに見えました。

ツグミ74
スレンダーなツーちゃん

普段は、こんな感じで、ずんぐりして見えます。

ツグミ75
ずんぐりツーちゃん

4月中旬になると、ツーちゃん以外のツグミも庭に姿を現しました。

ツグミ76
別のツグミ

2年前のちょうど同じ頃、このツグミと似た鳥さんを庭で見かけたので、もしや?と思い、写真を比較してみると・・・同じツグミでした!

ツグミ77
ツグミ(左:2018年4月、右:2016年4月[幼鳥])
顔と背の模様がほぼ同じ

このツグミは2度目の登場なので、グミちゃん!と名付けます。ツグミは、群れで渡りをするため、ツーちゃんとグミちゃんは一緒に渡りを決行する仲間と思われます。2年前も今回も、ツーちゃんとグミちゃんが庭で一緒にいる所を目撃したので、仲良しのようです。
グミちゃん初登場の記事はこちら

そして、その数日後の早朝、近所の電線にツグミたちが集まっているのを目撃。部屋の中から見えたツグミをパシャリ。

ツグミ78
まずは、ツーちゃん

ツグミ79
次に、グミちゃん

ツグミ80
さらに別のツグミも2羽

ここは住宅街なので、普段、こんなにツグミを見かけることはありません。いよいよ、ツグミたちの旅立ちの日が近づいてきたようです。

それから、3日間は、ツーちゃんの姿を確認できました。

ツグミ81
庭で水浴び中

ツグミ82
キジバトと対峙中

そして、これがツーちゃん滞在最終日の姿でした。庭を覗き込んでいます。

ツグミ83
お別れの挨拶に来た?

その後、ツーちゃんは、電線に止まって、鳴いていました。

ツグミ84
「さようなら~!」と言っている?

ツーちゃんの姿を見かけなくなってから数日が経ちました。今、どの辺りを旅しているでしょうか。

どうか無事に北の繁殖地にたどり着き、次の冬も必ず戻って来て、元気な姿を見せてくださいね、ツグミのツーちゃん(とその仲間たち)!チュ!

<余談>
六度目の越冬となった今回は、ツーちゃんの登場が遅かったため、観察期間がわずか1ヵ月ほどしかありませんでした。今回も、例年と同じく、数日間、ツーちゃんの姿を見かけないと、大丈夫かな?と心配したり、元気な姿を目撃すると、ほっとしたりと、その繰り返しでした。

無事、越冬を終えて、仲間たちと一緒に旅をしているツーちゃん。みんなと、どんな会話をしているのでしょうか。「この冬は寒かったねー」とか、「何食べた?」とか話していますかね。「次の冬も、また、同じ場所に戻って来ようね!」という話も出ていたら、とても嬉しいですね。

ツグミの関連記事:
「六度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

春の宴 マヒワ

野鳥の世界 マヒワ

小さく可憐な姿が可愛らしいマヒワ。今回は、雑木林で見かけたマヒワたちの宴の様子を紹介します。

ここ数日は、春をすっとばして、いきなり初夏?と思えるほど暑い気候だっため、午前中の涼しい時間帯に森に行ってみることにしました。

芽吹いたばかりの新緑に包まれた雑木林を進んで行くと、鳥たちの鳴き声が聴こえてきました。樹木の上の方から、たくさんのかわいい声がするのですが、姿は確認できず。はて、誰でしょう?

マヒワ13
2018年4月 埼玉県とある雑木林 この中にたくさんの鳥がいます

見やすい枝に止まってくれた鳥の姿を確認してみると・・・マヒワです!この集団は、マヒワだったのですね!

マヒワ14
マヒワ(オス)

この冬は、とんと姿を見かけなかったマヒワですが、春になり、繁殖地に向けて旅をする途中に、この雑木林に立ち寄ったようです。ここでのマヒワたちの目的は、もちろん栄養補給!です。

マヒワ15
この木には、食べ物がいっぱい!

このマヒワたちは、数十羽の群れのようで、あちらこちら動き回っては、食べ物をついばんでいました。

マヒワ16
コナラの花穂をついばむマヒワ(オス)

マヒワたちは、とっても楽しそうで、まさしく春の宴!といった感じで、ウキウキした様子が伝わってきました。

マヒワ17
目の前にごちそうが! マヒワ(オス)

マヒワ18
頭の上にもごちそうが! マヒワ(オス)

マヒワ20
どれにしようかな? マヒワ(メス)

マヒワ19
もう食べきれない! マヒワ(オス)

マヒワたちは、かなり高い所にいたし、木々や葉の間から、わずかにしか姿が見えなかったのですが、それでも、何とか観察させてもらえました。マヒワたちは、すぐに旅立ってしまうはずなので、これが見納めとなるでしょう。まさしく一期一会です。

大勢で姿を見せてくれてありがとう。無事、繁殖地までたどり着き、また、次の年も、この場所に立ち寄ってくださいね、マヒワさんたち!チュ!

<余談>
春になり、自然界に食べ物が増えてくると、野鳥たちは、それはそれは嬉しそうにしています。厳しい冬を乗り越えて、生き残った者だけが味わえる喜び。そんな彼らの様子を観ているだけで、こちらも幸せな気持ちになります。生きているってことは、それだけで素晴らしいことなんだなぁと。

マヒワの関連記事:
「ガールズトーク マヒワ」はこちら
「女性の鑑(かがみ) マヒワ」はこちら

<マヒワを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ