一匹オオカミ ミミカイツブリ

野鳥の世界 ミミカイツブリ

白と黒のコントラストがはっきりした冬羽の顔と赤い目に特徴がある、ミミカイツブリという鳥さんがいます。カイツブリの仲間の野鳥で、日本では冬季に観察できるようです。

今回は、このミミカイツブリのお話です。

ミミカイツブリの繁殖地は北欧・中央アジア・アラスカ・カナダなどで、越冬期は温帯の沿岸部にいることが多いようです。ミミカイツブリは、日本への渡来は遅め、繁殖地へ向けての出発は早めの鳥さんです。

ミミカイツブリの体長は約33cmで、潜水して魚類などを捕食します。夏羽では、耳のように見える金色の飾り羽が現れ、それが名前の由来になっていますが、観察したことのあるミミカイツブリは、冬羽ばかりです。

冬になると、時々、ミミカイツブリを見かけますが、湖の遠い場所にいることが多いため、写真を撮らせてもらう機会は少ないです。けれども、この冬は、珍しく、ミミカイツブリが岸辺付近に何度か姿を現してくれました。

まずは、強風の日に見かけたミミカイツブリ。波が荒く、すぐに見失うし、頻繁に潜るしで、撮影には一苦労でした。

ミミカイツブリ1
2016年11月 埼玉県とある湖 強風の日のミミカイツブリ

ミミカイツブリ2
すぐに潜水するミミカイツブリ  体の後方に足がついている

次は、曇りの日に見かけたミミカイツブリ。この時は、2羽いました。

ミミカイツブリ3
1羽目は、前回見かけたのと同じミミカイツブリ

ミミカイツブリ4
2羽目のミミカイツブリ

晴れの日に見かけたのは、また別のミミカイツブリでした。

ミミカイツブリ5
3羽目のミミカイツブリ

この湖には、少なくとも3羽のミミカイツブリがいることが判明。写真で比較してみると、顔の模様が少しずつ違っています。

ミミカイツブリ6
ミミカイツブリが3羽

ちなみに、冬羽のミミカイツブリとハジロカイツブリは、非常によく似ています。識別方法は、ミミカイツブリの顔は黒色と白色の境がはっきりしていて、くちばしは真っすぐで先端が白、ハジロカイツブリの顔は黒色と白色の境が不明瞭で、くちばしは少し上に反っている、という点をチェックします。

ミミカイツブリ7
ミミカイツブリ(左)、ハジロカイツブリ(右)

この2種の冬羽姿は似たもの同士ですが、生態はちょっと違っていて、ハジロカイツブリは群れで行動することが多いのに対し、ミミカイツブリは単独を好む一匹オオカミ的な鳥さんです。

ミミカイツブリ8
一匹オオカミのようなミミカイツブリ

そして、ハジロカイツブリに比べて、ミミカイツブリの日本への渡来数は、あまり多くないそうで、ようやく撮れたミミカイツブリのツーショット写真が・・・これ。遠い!

ミミカイツブリ9
ミミカイツブリのツーショット もうちょっと近くに寄ってほしい!

いたっ!と思ったら、すぐに潜ってしまうため、ミミカイツブリの観察は、なかなか大変でしたが、数日に渡って、観察させてもらうことができました。

まだ初冬ですが、すでに何度も姿を見せてくれてありがとう。これからが冬本番ですが、頑張って越冬してくださいね、ミミカイツブリさんたち!チュ!

<余談>
日本で観察することができるカイツブリ類は、カイツブリハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリカンムリカイツブリですが、運がよければ、5種とも、同じ湖で観察することができます。なかなかそのような機会がないのですが、1度だけ、5種とも、同時に観察することができました。カイツブリ類は、すぐに潜水するので、観察するには、ちょっと根気がいりました。

特にミミカイツブリは、離れた場所に3羽もいたため、写真を撮らせてもらうのに時間がかかってしまい、強風の中、薄着で粘っていたこともあり、その後、数日間は、鼻水が止まらなくなりました。防寒対策はしっかりと!ですね。

<ミミカイツブリを脅かすもの>
海岸・港湾・河口・湖沼の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

岸辺にひょっこり アカエリカイツブリ

野鳥の世界 アカエリカイツブリ

目はどこ?と言いたくなるほど、顔色からして冬羽がシックなアカエリカイツブリという鳥さんがいます。カイツブリの仲間の野鳥で、夏季は北海道、冬季は本州以南で観察することができるようです。

今回は、このアカエリカイツブリのお話です。

とある日の午前中、「誰かいるかな~?」と、湖の岸辺付近をチェックしていると・・・オオバンの群れの中に、見慣れない鳥さんがいます。はて?

アカエリカイツブリ1
2016年11月 埼玉県とある湖
オオバンと一緒に見慣れぬ鳥さんが(右)

よ~く見てみると・・・アカエリカイツブリです!

アカエリカイツブリ2
オオバン(左)、アカエリカイツブリ(右)

アカエリカイツブリの繁殖地はヨーロッパ・ロシア東部・カナダ・アメリカ合衆国などで、越冬期は南下して沿岸部にいることが多いようです。北海道では、水草のある湖や沼などを繁殖地として利用しているそうです。

アカエリカイツブリの体長は約45cmで、魚類などを捕食します。夏羽のアカエリカイツブリは首部分の色味が赤褐色で名前の由来にもなっているのですが、冬羽の姿は、それはそれは地味です。

アカエリカイツブリ3
地味な色合いのアカエリカイツブリ(冬羽)

その日は、くもり空だったせいもあり、どの写真を見ても、アカエリカイツブリの目がどこにあるのか分からないほど、顔の色味が暗いです。

アカエリカイツブリ4
目はどこ?

アカエリカイツブリ5
かろうじて目が分かる?

アカエリカイツブリ6
これまた目が分かりづらい

顔部分を拡大してみると・・・ようやく目を発見!

アカエリカイツブリ7
目、みっけ!

冬季、この湖で姿を現すアカエリカイツブリは、カンムリカイツブリの群れに紛れている場合が多く、しかも、通常は、非常に遠くにいるため、姿を見る機会は、なかなかありません。

カンムリカイツブリ4
カンムリカイツブリの群れ

その日は、何故か、カンムリカイツブリの群れから離れ、アカエリカイツブリは、岸辺付近にヒョッコリと姿を現してくれました。「オオバンの群れでも、まぁいっか!」という気分だったのでしょう!・・・?

わずか数分後には、アカエリカイツブリは、湖の彼方へと去って行きました。

アカエリカイツブリ8
あっという間に彼方へ・・・さようなら!

この湖で越冬するのか、さらに旅を続けるのか分かりませんが、頑張って、冬を乗り切ってくださいね。姿を見せてくれてありがとう、アカエリカイツブリさん!チュ!

<余談>
カイツブリの仲間は、夏羽は美しいのですが、冬羽はかなり地味で、別人(別鳥)のようです。アカエリカイツブリも、「夏羽はきれいなのになー。夏羽の姿が見たいなー」と、思わざるをえませんでした。夏季の北海道に行けば、アカエリカイツブリの夏羽の姿を観察できるかもしれませんね。いつか、見てみたいです!

<アカエリカイツブリを脅かすもの>
大きな湖沼・河川・海岸の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ