FC2ブログ

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第3話

野鳥の世界 宮古島探鳥旅行記 2011年5月 2日目

2日目の天候は、早朝のみ小雨、のちくもりで、気温は26℃ぐらいまであがりました。風が強いです。

早朝探鳥は、まだ薄暗いうちから目的地へ行き、野鳥たちが起き始めるのを待つことにしました。

大野山林 午前6時~7時40分頃。

大きなフクロウが木の枝に止まっており、地面に下りて獲物を捕らえ、何かを食べています。が、暗すぎて写真は撮れず・・・。

その後、リュウキュウサンコウチョウ、リュウキュウアカショウビンを何度か見かけます。山林の野鳥は動きが速く、なかなか思うように写真が撮れません。

リュウキュウサンコウチョウ21
リュウキュウサンコウチョウ

木の上で休んでいる、チュウダイズアカアオバトを発見。

チュウダイズアカアオバト16
チュウダイズアカアオバト

池にコサギとバン(幼鳥)がいます。このコサギは警戒心が強く、遠く離れていてもすぐに飛び去ってしまいます。

コサギ15
コサギ

バン(幼鳥)とシロハラクイナもチラリと見かけました。

朝食を食べ損ねないうちに、宿泊施設へ戻ることに。
途中、ゴルフ場周辺の林の道路脇を野鳥がノコノコと歩いているのを見かけました。
この野鳥、よ~く観ると、天然記念物に指定されているキンバト(絶滅危惧種)ではありませんか!こんな場所に現れるとは驚きです。

ゴルフ場周辺の林の道路 午前8時頃。

光り輝くグリーンの羽色。なんてきれいな鳥さんでしょう!

キンバト8
キンバト(オス)

キンバトの詳細記事「よく出来たモデルで賞 キンバト(絶滅危惧種)」はこちら

イソシギもウロウロしています。

朝食を食べた後、北部へ行ってみることに。

島尻干潟へ行く途中の農耕地 午前10時30分~11時頃。

チュウサギ4羽を発見。

チュウサギ18
チュウサギ

次は、アマサギの群れ。アマサギは10羽いて、夏羽に換羽中です。

アマサギ18
アマサギ(夏羽に換羽中)

シロハラクイナ2羽を見かけます。

シロハラクイナ18
シロハラクイナ

途中でマングローブの干潟に立ち寄ることに。干潟には食べ物がたくさんあるので、誰かはいるはず。さて、誰に会えるでしょうか?

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第4話へ続く

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第2話

野鳥の世界 宮古島探鳥旅行記 2011年5月 1日目の続き

漁港付近の広場と草むらで探鳥を続けます。ちょこまかと早足で動き回る野鳥がいます。かわいらしいシロチドリ(絶滅危惧種)です。

シロチドリ5
シロチドリ

シロチドリの詳細記事「気ままな独り身 シロチドリ(絶滅危惧種)」はこちら

まだ冬羽のダイゼンが、草むらをゆっくり歩いています。

ダイゼン3
ダイゼン(冬羽)

他には、イソシギ、イソヒヨドリ(オス)がいました。

再び農耕地の探鳥を続けます。

農耕地 午後2時30分~3時頃。

畑にムナグロ3羽を発見。ダイゼン同様、ムナグロも北方の繁殖地へ向けて、そろそろ旅に出る頃でしょう。

ムナグロ24
ムナグロ(夏羽に換羽中)

夕方、大野山林を探鳥してみることに。

大野山林 午後5時00分~6時30時頃。

リュウキュウサンコウチョウがぶんぶん飛び交っています。かろうじてパシャリ。

リュウキュウサンコウチョウ20
リュウキュウサンコウチョウ

天然記念物に指定されているカラスバトを発見!宮古島のカラスバトはヨナクニカラスバト(絶滅危惧種)だそうです。頭が小さく体が大きいです!

カラスバト4
ヨナクニカラスバト

カラスバトの詳細記事「珍事の源 カラスバト(準絶滅危惧種)」はこちら

リュウキュウアカショウビンは姿は見かけるものの、やはり写真は撮れず・・・。リュウキュウコノハズクは鳴き声のみ、聴こえました。

葉っぱを体に巻きつけているヤエヤマオオコウモリ(沖縄県指定の準絶滅危惧種)を発見!かわいすぎる。

ヤエヤマオオコモリ9
ヤエヤマオオコウモリ

1日目の探鳥はこれにて終了。明日は誰に会えるでしょうか?

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第3話へ続く

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第1話

野鳥の世界 宮古島探鳥旅行記 2011年5月 1日目

今回は、2011年5月に2泊3日で沖縄県宮古島を旅した際の探鳥のお話です。第1話~第8話の8回に分けて、紹介していきます。

沖縄本島と八重山諸島の中間に位置する宮古島。繁殖シーズンの宮古島はどんな感じか?と約半年ぶりに行ってみることにしました。さて、どんな野鳥たちに会えるでしょうか?

午前中に宮古空港に到着。気温は23℃ぐらい、天候は晴れです。

沖縄県宮古島

宮古空港 午前11時頃。

イソヒヨドリ(オス)が柵に止まっています。

イソヒヨドリ25
イソヒヨドリ(オス)

まずは、大野山林を探鳥してみることに。大野山林を繁殖場所として利用する夏鳥、リュウキュウサンコウチョウやリュウキュウアカショウビンたちはやって来ているでしょうか?

大野山林 午前11時30分~午後0時30分。

山林の入口で、いきなりリュウキュウサンコウチョウの登場です。すでにかなりの数のリュウキュウサンコウチョウが飛来しているようで、姿を頻繁に見かけます。が、動きが速すぎて写真は撮れず。

リュウキュウアカショウビンの「キョロロロロー」のさえずりが聴こえ、飛翔姿も何度か見かけます。が、写真は撮れず・・・。なかなか手ごわそうです。

リュウキュウメジロ、リュウキュウヒヨドリ、リュウキュウキジバトはたくさん見かけます。池のほとりにはコサギとバン(幼鳥)が。

そして、枯れ木にヒヨドリサイズの野鳥が止まっており、よ~く観ると、猛禽類のツミです!さて、誰を狙っているのでしょうか?

ツミ3
ツミ

山林のふもとでイソヒヨドリのメスを見かけました。枯れ草をたくさんくわえています。どうやら巣作りの最中のようです。

イソヒヨドリ26
イソヒヨドリ(メス)

次に農耕地を探鳥してみることに。車でノロノロと進んで行きます。

農耕地 午後0時50分~1時50分頃。

畑にチュウサギ(準絶滅危惧種)が。そして、夏羽のツバメチドリ(絶滅危惧種)を発見!ツバメチドリは農耕地も繁殖場所として利用するそうです。

ツバメチドリ10
ツバメチドリ(夏羽)

ツバメチドリの詳細記事「夏は試練の季節? ツバメチドリ(絶滅危惧種)」はこちら

漁港 午後2時~2時10分頃。

漁港に野鳥数羽がいます。岸部ですごい勢いで爆走している野鳥は、キョウジョシギ。キョウジョシギは5羽います。

キョウジョシギ8
キョウジョシギ(左:オス、右:メス)[夏羽]

キョウジョシギの詳細記事「君と一緒にどこまでも キョウジョシギ」はこちら

小さなトウネンが、キョウジョシギの近くで採餌中です。

トウネン4
キョウジョシギとトウネンのツーショット

トウネン5
トウネン(夏羽)


漁港付近の草むらには、他にもいろんな野鳥がいます。1羽1羽、確認していくと・・・。

宮古島探鳥旅行記 2011年5月 第2話へ続く

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ