五度目の越冬終了 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

あーちゃん宅とその周辺で、五度目の越冬を決行中だったツグミのツーちゃん。今回は、庭でのツーちゃんの様子を紹介します。

ツーちゃんは、夜明け前の薄暗い時間帯に、一番乗りで姿を現すことが多かったです。渡り鳥なので、薄暗くても、よく見えるのかも。自宅前の道路に、ぼぉ~と佇んでいるツーちゃんを目撃。下の写真では明るく映っていますが、実際は、1月の6時台なので、まだ薄暗いです。

ツグミ52
2017年1月 埼玉県自宅前の道路 ツグミ 丸い!

ツーちゃんは、庭で、ピーナッツのかけらを食べていました。ライバルが多いのですが、負けずに頑張っていたようです。

ツーちゃんは、よく水場も利用するので、他の野鳥と一緒になることも。スズメと一緒にパシャリ。

ツグミ53
2017年1月 自宅の庭 ツグミとスズメ

大抵の場合、スズメと仲良くできるようになったツーちゃんですが、水浴び中は、スズメを威嚇することも!

ツグミ54
スズメ(右下)を追い払うツグミ

野鳥たちは、庭の2カ所の水場を、うまく使い分けているようでした。シジュウカラとツーちゃんをパシャリ。

ツグミ55
ツグミとシジュウカラ

ヒヨドリとツーちゃんをパシャリ。

ツグミ56
ツグミとヒヨドリ

キジバトとツーちゃんをパシャリ。

ツグミ57
ツグミとキジバト

面白い顔をしたツーちゃんを激写!

ツグミ58
2017年2月 水を飲んだ直後のツーちゃん

意外な場所で休憩中のツーちゃんを発見!

ツグミ59
ウサギの置物の上にツーちゃんが

3月になると暖かい日が増えてくるので、思いっきり水浴びをするツーちゃんを目撃する回数も増えてきます。

ツグミ60
2017年3月 水浴び中のツーちゃん

4月に入ると、そろそろ旅立ちの準備です。自宅前の電線に止まって、ツーちゃんが鳴いていました。ツーちゃんは、オスなので、さえずりの練習を始めたのかも。前の年は、4月中旬頃に旅立ったので、今年もそうかなー?と思いきや、4月初旬以降、ツーちゃんの姿を見かけなくなりました。

ツグミ61
2017年4月 早朝5時台のツーちゃん

これが、越冬最後の姿でした。

五度目も無事、越冬を終えることができたツグミのツーちゃん。次の冬も、必ず元気な姿を見せてくださいね。チュ!

<余談>
庭で、ツーちゃんを初めて見かけた時は、こんなにも長く、1羽のツグミを観察することができるとは、全く思っていませんでした。よくぞ五度目もピンポイントで戻って来て、無事越冬してくれたものだと、感心します。六度目も七度目も、元気な姿を見せてくれたら!と思います。
ようやく春になったばかりですが、もう、次の冬が、ちょっと待ち遠しいです(笑)

ツグミの関連記事:
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

珍客の水浴び 庭のシロハラ

野鳥の世界 シロハラ

冬季、庭で時々姿を見かけるシロハラ。今回は、シロハラの意外な行動を目撃したので、その紹介です。

越冬のため、中国やロシアから日本に渡来するシロハラですが、警戒心が強いせいか、ここ数年は、あまり庭で見かけません。この冬も、まだ、シロハラを庭で目撃していませんでした。

冬季の庭は、多くの野鳥で賑わうため、しょっちゅう誰かが水浴びをしています。その日も、窓越しに庭を眺めてみると、水浴びをしている野鳥がいました。でも、いつも見かける野鳥たちとはちょっと違うような・・・。

シロハラ15
2017年2月 埼玉県自宅の庭 水浴びをする野鳥が

よ~く見てみると、何とシロハラです!

シロハラ16
水浴びをするシロハラ

あの警戒心の強いシロハラが、この狭い庭で水浴び?過去に、庭で水浴びをするシロハラを見かけたことがなかったため、ビックリです!しばらくの間、このシロハラは、せっせと水浴びを続けていました。

シロハラ17
ド正面! 水浴びに夢中のシロハラ

過去に庭を訪れていたシロハラはメスだったのですが、このシロハラは色味が濃いのでオスです。けれども、このシロハラの慣れた様子からすると、新参者ではないようです。いつ頃から庭に飛来していたのでしょう?ん~、謎です。

シロハラ18
庭への初飛来はいつかな?

数分後、存分にパシャパシャしたシロハラは、水入れの縁に止まりました。改めて、シロハラの全身を眺めてみると、渋い中にも美しさが。水浴びしてすっきりしたせいか、なかなかきれいに見えます。

シロハラ19
すっきりしてきれいに見える?シロハラ

このシロハラは、他の野鳥が少ない午後の時間帯に、水浴びをしていました。野鳥の数が多いと、水場争いが勃発するので、それを避けていたのかもしれません。とっても遠慮がちなシロハラですが、また、庭で姿を見せてくれるかな?

とても珍しい庭での水浴び姿を披露してくれてありがとう。頑張って、無事、越冬してくださいね、シロハラさん!チュ!

<余談>
庭で最も騒がしく、長居をする野鳥といえば・・・スズメたちです。彼らが、大騒ぎしながら食べ物を探していると、それにつられて、いろいろな野鳥たちが庭を偵察にやって来ます。おそらく、上記のシロハラもその中の1羽だったと思われます。庭で野鳥たちに与える餌は、すぐに売り切れとなってしまうため、シロハラが食べ物にありつけているか?は分かりません。
野鳥たちには、無事、生き延びて、春を迎えて欲しいです。

シロハラの関連記事:
「珍客再来 シロハラ」はこちら
「珍客 シロハラ」はこちら

<シロハラを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

五度目の越冬 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

ここ数年、冬になると、はるばるシベリアから、あーちゃん宅の庭へやって来る鳥さんがいます。ツグミのツーちゃんです。今回は、この冬も、無事、姿を現したツーちゃんのお話です。

冬のとある朝、ふっと庭を眺めてみると、水入れに止まっているツグミの姿を発見!

ツグミ45
2016年12月 埼玉県自宅の庭 ツグミ

通年、ツーちゃんは、1月以降に庭に姿を現すのですが、まだ12月中旬です。果たして、ツーちゃんでしょうか?

ツグミ46
ツーちゃんかな?

念のため、前の冬に撮った写真と比較してみると・・・顔と背の模様がほぼ同じです!やはり、ツーちゃんです。よくぞ、ご無事で!

ツグミ47
ツグミ(左:2016年12月、右:2016年2月)
顔と背の模様がほぼ同じ

これで、ツーちゃんは、5度目の冬を、あーちゃん宅の周辺で迎えることになります。海を渡り、ピンポイントで、5年目も庭にやって来るなんて、奇跡に近いような気がします。今回も、ツーちゃんの渡りを図にしてみました。

ツグミ48
5度目の渡り成功!すごいぞ、ツーちゃん!

ところで、ツーちゃんは、オスであることが分かっています。前回の越冬終了間際に、自宅前の電線に止まって、さえずりの練習をしているのを目撃したので。

ツグミ49
ということで、オスのツーちゃんから一言
「すごいだろう!」

渡りの能力は、すごいツーちゃん。けれども、庭では、図体のでかいキジバトにはかないません。下の水場も利用するツーちゃんでしたが、あっさり、キジバトに追い払われてしまいました。

ツグミ50
キジバト(右)に追い払われたツーちゃん(左)

その後、ツーちゃんは、庭の止まり木に移動し、飛び去りました。

ツグミ51
「キジバトには、かなわないなー」

この冬も、無事な姿を見せてくれてありがとう。キジバトを初め、庭には強力なライバル達が大勢いますが、頑張って越冬してくださいね、ツグミのツーちゃん!チュ!

<余談>
日本国内に生息しているけれども、季節により棲家を変える野鳥や、渡りをする野鳥の中で、庭に姿を現す常連さんがいると、「無事、生き延びているだろうか?」と、とっても気になります。

そして、約8ヵ月ぶりに、元気な姿を目の当たりにすると、ほっと胸を撫で下ろします。
今後も、できるだけ長く、彼らが無事に越冬できるよう、見守っていけたら!と思います。

ツグミの関連記事:
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
林・農耕地の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

四年連続の越冬 庭のアオジ

野鳥の世界 アオジ

自宅周辺では、夏と冬とで、生息場所を変えるアオジ。今回は、4年連続で、庭に姿を現したアオジのお話です。

あーちゃん宅の庭には、季節に関係なく、スズメがよくやって来ます。その日も、庭をウロウロしている野鳥を見かけたのですが、スズメとは違うようなので、よ~く見てみると・・・アオジです!

アオジ34
2016年11月 埼玉県自宅の庭 アオジ(メス)

ここ数年、冬になると、Aちゃんと名付けたアオジが姿を現すのですが、果たしてAちゃんでしょうか?昨年、撮影した写真と比較してみると・・・顔の模様が同じなので、Aちゃんです!無事、生き延びていたのですね!

アオジ35
顔の模様が同じのAちゃん(左:2016年11月、右:2015年12月)

この時期は、まだ、えさ台を設置していないのですが、Aちゃんは、庭で食べ物を探していました。

アオジ36
食べ物を探すAちゃん

アオジ37
「食べ物はあるかなー」

それから、数日後、再びアオジのAちゃんが、庭に姿を現しました。庭木に止まって、くつろいでいます。

アオジ38
庭木で休憩中のAちゃん

この角度の写真も、一応チェックしてみます。昨年、撮影した写真と比較してみると・・・顔の模様が同じなので、やはりAちゃんです。

アオジ39
顔の模様が同じのAちゃん(左:2016年11月、右:2015年11月)

ところが、この日を境に、Aちゃんの姿を見かけなくなりました。けれども、自宅周辺からは、時々、アオジの鳴き声が聴こえるので、元気にしているはず。

せっかく、無事な姿を見せてくれたので、この冬も、頑張って生き延びてほしいです。頑張れ、アオジのAちゃん!チュ!

<余談>
冬季は、庭にえさ台を設置するのですが、Aちゃんが姿を現す10月末~11月初旬の時期に、えさやりは早すぎるため、ちょっと悩みます。Aちゃんは、食べ物があると知っているからこそ、飛来してすぐに、この庭へやって来ているはず。それなのに、食べ物がないとなると、困惑しているかも。ん~、と悩んだ結果、少しだけ、アワを撒くようにしました。

けれども、庭の常連のスズメやキジバトが、それを見逃すはずもなく、あっという間に食べつくしてしまいます。Aちゃんの口に少しでも入っていれば!と願うしかありません。冬期の野鳥への餌やりは、葛藤の連続です。

アオジの関連記事:
「三年連続の越冬 庭のアオジ」はこちら
「お友達と一緒に再来! 庭のアオジ」はこちら
「お友達を連れて アオジ」はこちら
「人間なんか恐くない! アオジ」はこちら

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒナの保育園 庭のキジバト 第3話

野鳥の世界 キジバト

「ヒナの保育園 庭のキジバト 第2話」の続きです。

あーちゃん宅の庭に通い続けるキジバトの幼鳥のキーちゃん。キーちゃんは、さらに大きくなり、首の模様が見え始めてきました。

キジバト40
2016年9月 埼玉県自宅の庭
首の模様が見えてきたキーちゃん(9日目)

キジバト41
翼も丈夫になってきた?

キーちゃんは、水浴びが好きなようで、頻繁に水場でパシャパシャしていました。ちなみに、成鳥のキジバトが庭で水浴びをしている姿を見かけたことはありません。成鳥のキジバトは、せいぜい足をチャポンと水につける程度だったので、子供のキーちゃんは、かなり好奇心旺盛なチャレンジャーのようです。

キジバト42
水浴び中のキーちゃん

水場でおくつろぎ中のキーちゃん。しゃがみ込んでいます。

キジバト43
水場でおくつろぎ中

そして、こんな場所にもキーちゃんが。いつもの所にいないなーと思っていたら、庭の隅の倉庫の上で休憩中のキーちゃんを発見。

キジバト44
倉庫の上で休憩中(10日目)

どしゃ降りの雨の中、キーちゃんは大丈夫かな?と見てみると・・・庭木の下で、うたた寝中でした。

キジバト45
どしゃ降りの雨の中、お昼寝中(11日目)

そして、庭のオブジェになりきるキーちゃんを目撃。キーちゃんはど~こだ?

キジバト46
キーちゃんを探せ!(12日目)

キジバト47
キーちゃんを探せ!の答え

何を思ったか、ウサギの置物の上にキーちゃんが!

キジバト48
ウサギの頭の上で休憩中

庭で、キーちゃんの姿を確認できたのは、この日が最後でした。

キジバト49
もう立派?なキジバトのキーちゃん

キーちゃんの姿を初めて見かけてから、わずか12日の間に、随分と成長しました。写真で比べてみると・・・ビックリです!

キジバト50
1日目(左)、12日目(右)

13日目以降、キーちゃんの姿を見かけることはありませんでした。おそらく、キーちゃんは、親鳥の縄張りから追い出され、独り立ちしたと思われます。
日々、成長する姿を間近で見せてくれてありがとう!庭の卒園児代表として、自然界で力強く生き抜いてほしいです。頑張れ、キーちゃん!チュ!

<余談>
キジバト夫妻がヒナを庭に連れてきて、そこに置き去りにするという事態に、当初は、「こんな狭い庭に何故?」と、戸惑ってしまいました。

ヒナを怖がらせてはいけないと思い、最初の頃は、庭に入るのも躊躇していたのですが、全く動じないヒナの姿に、「逃げなさすぎ!」と、こちらが驚かされるばかりでした。ヒナとは、わずか1メートルほどの距離で、自転車の出し入れをしても、水場の水換えをしても、植木の水遣りをしても、逃げることはありませんでした。

以前から、そうだろうとは思っていましたが、野鳥の親が子に「この人は大丈夫」と、教えていることについて、今回の観察を通して確信できました。いつか、野鳥と友達になりたい!と本気で思っていたのですが、キジバトとは、少しだけ友達になれたような気がします。

「ヒナの保育園 庭のキジバト 第1話」へ戻る

キジバトの関連記事:
「忘れ物は何ですか? キジバト」はこちら
「いつも仲よし キジバト」はこちら

<キジバトを脅かすもの>
林・農耕地の減少:生息地がなくなります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ