FC2ブログ

森の妖精の巣立ち エナガのヒナ

野鳥の世界 エナガ

生命が躍動する春は野鳥たちにとっても子育ての季節。今回は、森の妖精エナガの小さな小さなヒナの巣立ちを目撃しましたので、その紹介です。

エナガは森や林などで見かけることが多い野鳥ですが、もう何年も前から、冬~初春にかけて、木の実や虫を目当てに、住宅街にある自宅や近所のお宅に姿を現すようになりました。

エナガ17
2018年2月 埼玉県 自宅の庭で虫を捕食するエナガ

エナガは他の野鳥よりも早い時期に営巣を開始するため、そろそろヒナの巣立ちの時期かな?と思っていると、4月中旬頃、ヒナの鳴き声が、自宅裏のお宅から聴こえてきました。えっ?自宅の裏にヒナがいる?そこは、小さな庭木が1本あるだけのお宅です・・・。その日は、ずっと、その1本の庭木からエナガのヒナの鳴き声が聴こえていて、親鳥が出入りしているのが見えました。もしかすると、エナガは、その庭木で営巣していたのかも?

ちなみに、エナガの巣はコケやガのマユの糸・クモの糸で作られた球形で、内側には大量の羽毛が敷きつめられています。エナガの巣は、とても小さいのですが、冬季、落葉した雑木林などで、見かけることがあります。

エナガ27
雑木林で見かけた古いエナガの巣

自宅裏でエナガのヒナの鳴き声を聴いた翌日、今度は、そこから約5m離れた自宅横の植木からヒナの鳴き声が響いてきました。少しだけ、ヒナが移動したようです。この間、驚かしてはいけないと思い、様子を見に行くことはせず、数時間経ってから、自宅前に出てみると、小さな小さな物体が電線でモゾモゾと動いているのが見えました。エナガのヒナです!約1日半かけて、ようやく、電線まで、たどり着きました!

エナガ28
2021年4月 埼玉県 自宅前の電線 エナガのヒナ

ヒナは、しきりに親鳥を呼んでいます。

エナガ29
親鳥を呼ぶヒナ

親鳥はというと、ヒナから約10m離れた林近くの電線に止まっていて、ヒナが来るのを待っていました。

エナガ30
エナガのヒナを待つ親鳥

上の写真の右下に樹木が見えていますが、そこから先には小さな林があり、親鳥は、そこへヒナを誘導したいようです。

エナガ31
ヒナを待つ親鳥

エナガのヒナは、あまりにも小さく(7cmほど?)、近くを数人が通ったのですが、誰も気づかず。
ヒナは、飛ぶのをためらっているようで、しばらくの間、じっとしていました。

エナガ32
動かないヒナ

この状態は、とても危険です。自宅周辺では、常にカラスやネコがうろついているため、天敵に捕まらないか?とハラハラしながら様子をうかがっていると・・・約5分後に、ようやくヒナが親鳥のところまで、ヨタヨタと飛んでいきました。そして、ヒナは、親鳥とともに林の中へと姿を消しました。

その後、自宅周辺からエナガの鳴き声が聴こえなくなったため、あの幼鳥が最後に巣立ったヒナだったようです。

思いがけず、住宅街で巣立ち直後の姿を披露してくれてありがとう!頑張って自然界で生き抜いてくださいね、エナガのヒナちゃん!チュ!

<余談>
何故、エナガは、最初から林で営巣をせず、住宅街を選んだのだろう?と考えてみると、天敵対策だったのかもしれません。林にはカラスがいるし、飼いネコも常時2~3匹がウロウロしています。あーちゃん宅にはカラスもネコもやって来るのですが、裏のお宅は天敵が近寄りづらい地形(周囲と大きな段差があり、柵もある)になっていました。
あえて住宅街で子育てをし、巣立った後はヒナを林へ連れていくというのが、エナガカップルの戦略だったようです。
エナガは子だくさんのため、実際は、何羽のヒナが林へ移動できたのか?は確認できなかったのですが、林の前を通ると、今でも、エナガファミリーの鳴き声が聴こえてくるため、きっと、たくさんのヒナが元気に育っているはずです。
エナガが住宅街の庭木をうまく利用して人と共存できていることを再認識でき、とても嬉しく思いました。

エナガの関連記事:
「森の妖精たちの水浴び エナガ」」はこちら
「救世主あらわる! 庭のエナガ」はこちら
「フワフワの巣材集め エナガ」はこちら
「白い妖精 シマエナガ」はこちら
「気のいい森の妖精 エナガ」はこちら

<エナガを脅かすもの>
森林破壊:森の妖精ですので森がなくなると生息できません。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

日光浴は最高! タヒバリ

野鳥の世界 タヒバリ

地味~な色合いの冬の使者、タヒバリ。今回は、愛嬌たっぷりの意外な姿を披露してくれたタヒバリの紹介です。

毎年、北方から渡ってきて、同じ場所で越冬するタヒバリの群れがいます。普段見かけるタヒバリたちは、人とは、ある一定の距離を保っていて、少しでも異変があると、その場から飛び去ってしまいます。この時見かけた群れも、すぐに離れた場所へと移動してしまいました。

タヒバリ7
2020年2月 埼玉県 前の冬に飛来していたタヒバリの群れ

今年も、そろそろタヒバリがやって来る頃かな?と思いながら散策していると・・・何と、すぐ目の前を1羽のタヒバリが横切りました。えっ?と思い、タヒバリを眺めていると、数メートル先の草むらの手前で停止しました。

タヒバリ8
2020年11月 埼玉県 タヒバリ(冬羽)
「この冬もヨロシク!」

タヒバリは、ガサガサと草むらの中から枯れ葉を取り出して、ブンブンと振り回し始めました。

タヒバリ9
枯れ葉を振り回すタヒバリ

タヒバリとの距離は、わずか3メートルほどですが、こちらを気にせず、食べ物を探しているようでした。

タヒバリ10
「何かあるかな?」

しばらくして、再び、タヒバリが目の前を横切り、今度は、反対側にある石の上で停止しました。

タヒバリ11
石の上で停止

タヒバリとの距離は、またしても3メートルほど。再び、こんなに近くで観察させてもらえるとは!と思い、様子を見ていると・・・タヒバリがモゾモゾと動き始めました。何と、目の前で日光浴を開始!

タヒバリ12
日光浴スタート!

こんなにサービス精神旺盛なタヒバリを見たのは初めてです。

タヒバリ14
日光浴中

このタヒバリは、時々、チラッと上空を見上げていました。猛禽類などの天敵をチェックしているようです。

タヒバリ13
天敵チェック中

とってもいい表情の瞬間をパシャリ!

タヒバリ15
「日光浴っていいわぁ~」

日光浴終了。そして、一言、

タヒバリ16
「すっきり~」

とでも言っていますかね~。

今年も、元気な姿を見せてくれてありがとう。この場所で、仲間たちと無事に越冬してくださいね!タヒバリさん!チュ!

<余談>
野鳥たちが、普段とは違う姿を見せてくれた時は、こんな一面があったんだ!と、驚くと同時に、とても嬉しく思います。タヒバリは長年観察している野鳥ですが、超至近距離で日光浴シーンを披露してくれたのは初めてで、何とも、ほほ笑ましい気持ちにさせてくれました。今年の冬は、寒さが厳しいとの予報ですが、野鳥たちには、逞しく、冬を乗り越えてほしいです。

タヒバリの関連記事「ジミー(地味)対決の行方は? タヒバリ」はこちら

<タヒバリを脅かすもの>
草原・水田・河川敷の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒナの誕生 コチドリ

野鳥の世界 コチドリ

毎年、春になると、子育てのため、とある湖の護岸に姿を見せるコチドリたち。今回は、フワフワの綿毛に包まれた小さな小さなコチドリのヒナの紹介です。

ここ数年、コチドリたちの営巣の様子を観察していたのですが、彼らの繁殖の成功率は、あまり高くはないようでした。というのも、親鳥たちの姿は確認できるのですが、ヒナを見かけないのです。昨年は、コチドリが抱卵しているところまでは観察できたのですが、後日、卵自体が忽然と消えてしまっていました。連日の豪雨で流されてしまったのかもしれません。

コチドリ73
2019年6月 東京都 とある湖の護岸 コチドリの卵

コチドリ74
コチドリの親が抱卵中
この約1週間後、卵が消失

今年は、どうだろう?と思い、コチドリのヒナを探しに、湖に行ってみました。すると・・・いました!虫のように小さなヒナが歩いています!

コチドリ75
2020年5月 東京都 とある湖の護岸 コチドリのヒナ

上手に虫を捕まえています。

コチドリ76
虫をGet!

すぐ近くに、別のヒナの姿も。しゃがみこんでいます。

コチドリ77
ちょっと休憩中

そして、もう1羽、ヒナがいました。全部でヒナは3羽のようです。

コチドリ78
ヒナは3兄弟!

コチドリのヒナは、小さいながらも、スタスタと歩き回っていました。あまりにも小さいので、すぐに見失ってしまいます。
近くには、親鳥がいて、ヒナたちを見守っていました。

コチドリ79
ヒナを見守る親鳥

親鳥はメスだったので、お母さんです。

コチドリ80
コチドリの親(メス)

今年は、無事、ヒナの姿を確認することができて、ほっとしましたが、ヒナたちにとっては、これからが大変です。

自然界は厳しいですが、頑張って生き抜いてくださいね、コチドリのヒナさんたち!チュ!

<余談>
年々、コチドリたちの子育ての環境は、厳しくなりつつあるようです。暑すぎる気候は、開けた場所で抱卵するコチドリたちを容赦なく照りつけます。連日、豪雨が続くと、卵が流されたり、ヒナが命を落としてしまいます。天敵のカラスも非常に多く、ここ数年、コチドリのヒナを見かけなかったのは、これら複数の要因があるのでは?と思います。野鳥たちが生きづらい世界は、当然、人にとっても、住みやすい環境とはいえないですね。
今後も、毎年、コチドリのヒナの姿を確認できることを願うのみ!です。

コチドリの関連記事:
「ヒナは4兄弟 コチドリ」はこちら
「密着取材コチドリ 産卵編」はこちら
「美人争奪戦 コチドリ」はこちら
「目力で勝負! コチドリ」はこちら

チドリの関連記事:
「寒さにも負けず 越冬チドリ」はこちら

<コチドリを脅かすもの>
水田・河川・干潟の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒナの巣立ち シジュウカラ

野鳥の世界 シジュウカラ

春は野鳥たちの子育ての季節。あちらこちらで、続々とヒナたちの鳴き声が聴こえ始めてきました。今回は、巣立ち直後のシジュウカラのヒナを目撃しましたので、その紹介です。

雨降りの日が続く中、ほんのひととき、雨が止んだため、今がチャンス!とばかりに、外に出かけました。久しぶりのウォーキングを終え、自宅に戻る途中、シジュウカラのヒナの鳴き声に気が付きました。そこは、近所の住宅街で周辺に小さな林があります。ははぁ、あの林で育ったヒナが巣立ちしたんだ~!ということは・・・すぐ近くにいるはず!と、注意しながら、声の出どころを探してみると・・・いました!電線にヒナが止まっています!

shijyukara54
2020年5月 埼玉県 とある住宅街 シジュウカラのヒナ

まだ、フワフワの羽毛です。なんて、可愛いんでしょう!
あれれ、ヒナの鳴き声が、いろんな場所から聴こえてきます。さらに、探してみると・・・ここにも、ヒナが!

shijyukara55
住宅のレンガの上に2羽のヒナが!

ズームしてみると・・・

shijyukara56
胸の黒ネクタイが細!

さらに、向かいの住宅の雨どいの上にも、ヒナが!

shijyukara57
「ごはん、ちょうだい!」

合計4羽のヒナがいるようです。まさに、巣立ち直後の現場に、タイミングよく出くわしたようです。

親鳥は大忙しで、ヒナのもとへ、順番に餌を運んでいました。
電線に止まっているヒナに餌を与え

shijyukara58
親鳥と一緒にパシャ
ボケていますが・・・

レンガの上にいるヒナにも餌を与え

shijyukara59
幼虫を食べています

雨どいに止まっているヒナにも餌を与えていました。

shijyukara60
足の長い虫を食べています

まだ、ヒナは、あまり飛べませんが、それなりに動き回ります。餌探しをしている親鳥の後を追いかけるヒナも。

shijyukara62
「はやく、食べたいでしゅ!」

電線に止まっていたヒナは、レンガの上に降りていました。

shijyukara61
「ごはん、まだでしゅか?」

そこは、ヒナたちの催促の声が充満し、もう、てんやわんやの大騒ぎの現場と化していました。騒ぎを聞きつけ、天敵のカラスがやってこないか?とハラハラしました。
しばらくの間、賑やかなシジュウカラファミリーの様子を見せてもらいましたが、天敵らしき動物は現れなかったので、ほっと一安心。

ヒナたちは、親鳥から自然界で生き抜く術を短期間で学び、独り立ちするのですが、成鳥になれるのは、ほんのわずかです。頑張って、生き延びてくださいね、シジュウカラのヒナちゃんたち!チュ!

<余談>
森や林などで、シジュウカラのヒナの鳴き声が聴こえたとしても、枝や茂った葉が邪魔で、姿を見つけづらいのですが、今回のように、住宅街に家族で現れてくれると、ヒナが何羽いて、どんな餌を与えているか?などを観察できるので、とてもラッキーです。

生命力あふれる野鳥たちの子育ての様子を見せてもらうと、こちらまで元気をもらえますね!

シジュウカラの関連記事:
「ヒナの水浴び訓練 庭のシジュウカラ」はこちら
「ヒナは一人っ子 シジュウカラ」はこちら
「いつも朗らか シジュウカラ」はこちら
南方の色味の濃いシジュウカラの記事「ダークカラーが渋い! イシガキシジュウカラ」はこちら

<シジュウカラを脅かすもの>
森林・湿地の草むらの減少:採餌場所がなくなります。
営巣用の木の減少:ほどよい穴(約2.8cm)のある木が減少しており、営巣できないそうです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

森の妖精たちの水浴び エナガ

野鳥の世界 エナガ

小さくて可憐で、まるで森の妖精のようなエナガ。今回は、エナガたちの水浴びシーンを超至近距離で目撃しましたので、その紹介です。

秋晴れの空の下、ウォーキングにはもってこい!の気候だったので、ちょっと遠出してみることに。久しぶりに訪れた公園では、ほんのりと色づいた木々たちが迎えてくれました。

小さな池のほとりに雑木林があるので行ってみると、樹上から、かわいらしい声が聴こえてきました。エナガの群れです。エナガたちは、あちらこちらと素早く移動しながら、食事をしているようでした。もう少し先に進もうと思い、歩き始めると・・・大きなカメラでヒヨドリの群れを撮影している男性の姿が目に入りました。細い歩道なので、追い越すこともできず、ましてや撮影の邪魔をしても悪いと思い、しばらく待つことに。数分経ったものの、撮影が終わる気配がないため、あきらめて、元来た道を引き返すことにしました。

再び、エナガたちの鳴き声が聴こえ始めたのですが、先ほどとは、違う場所から響いています。よ~く見ると、前方の薄暗い下の方で、エナガがチラホラと動いています。ん?と思い、再度、凝視してみると・・・何と、水浴びをしています!その距離、わずか数メートル!

エナガ18
2019年11月 埼玉県 とある公園 エナガ

エナガの水浴びシーンを観察するのは、初めてです。

エナガ19
エナガ2羽が水浴び中

エナガ20
エナガの水浴びは結構豪快で、姿が見えません

エナガたちは、入れ替わり立ち替わり水浴びをしていて、その数は、どんどん増えていきました。

エナガ21
3羽になり

エナガ22
4羽になり

エナガ23
5羽になり

エナガ24
6羽になった森の妖精たち

こんなに大勢で水浴びをしていても、スズメと違い、エナガはケンカをしません。スズメは、数羽だけでも、すぐにケンカが始まりますが。エナガは、可愛らしいだけではなく性格も穏やかなのです。究極の癒し系ですね。

エナガの群れが去った後、水浴び場所を確認してみると・・・そこは、歩道脇の小さな小さな水たまりでした。人通りが多そうな、こんな場所で水浴びをしていたとは驚きです。

エナガ25
水浴び場所は、歩道脇の小さな水たまり

思いがけず、大勢で水浴びシーンを披露してくれてありがとう!また、お会いしましょう、森の妖精さんたち!チュ!

<余談>
男性カメラマンが歩道をふさいでいたため、「あぁ、残念!」と思いつつ道を引き返したのですが、結果、エナガたちの水浴びシーンを観察することができました。今から思うと、「あなたのおかげです。ありがとう!」と、あの男性カメラマンにお礼を伝えたいです。
自然が猛威をふるい始め、しっぺ返しが始まったかと思っていた昨今、エナガたちのおかげで、久しぶりに癒されました。

エナガの関連記事:
「森の妖精の巣立ち エナガのヒナ」」はこちら
「救世主あらわる! 庭のエナガ」はこちら
「フワフワの巣材集め エナガ」はこちら
「白い妖精 シマエナガ」はこちら
「気のいい森の妖精 エナガ」はこちら

<エナガを脅かすもの>
森林破壊:森の妖精ですので森がなくなると生息できません。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)、くま(犬)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ