FC2ブログ

ヒナの誕生 コチドリ

野鳥の世界 コチドリ

毎年、春になると、子育てのため、とある湖の護岸に姿を見せるコチドリたち。今回は、フワフワの綿毛に包まれた小さな小さなコチドリのヒナの紹介です。

ここ数年、コチドリたちの営巣の様子を観察していたのですが、彼らの繁殖の成功率は、あまり高くはないようでした。というのも、親鳥たちの姿は確認できるのですが、ヒナを見かけないのです。昨年は、コチドリが抱卵しているところまでは観察できたのですが、後日、卵自体が忽然と消えてしまっていました。連日の豪雨で流されてしまったのかもしれません。

コチドリ73
2019年6月 東京都 とある湖の護岸 コチドリの卵

コチドリ74
コチドリの親が抱卵中
この約1週間後、卵が消失

今年は、どうだろう?と思い、コチドリのヒナを探しに、湖に行ってみました。すると・・・いました!虫のように小さなヒナが歩いています!

コチドリ75
2020年5月 東京都 とある湖の護岸 コチドリのヒナ

上手に虫を捕まえています。

コチドリ76
虫をGet!

すぐ近くに、別のヒナの姿も。しゃがみこんでいます。

コチドリ77
ちょっと休憩中

そして、もう1羽、ヒナがいました。全部でヒナは3羽のようです。

コチドリ78
ヒナは3兄弟!

コチドリのヒナは、小さいながらも、スタスタと歩き回っていました。あまりにも小さいので、すぐに見失ってしまいます。
近くには、親鳥がいて、ヒナたちを見守っていました。

コチドリ79
ヒナを見守る親鳥

親鳥はメスだったので、お母さんです。

コチドリ80
コチドリの親(メス)

今年は、無事、ヒナの姿を確認することができて、ほっとしましたが、ヒナたちにとっては、これからが大変です。

自然界は厳しいですが、頑張って生き抜いてくださいね、コチドリのヒナさんたち!チュ!

<余談>
年々、コチドリたちの子育ての環境は、厳しくなりつつあるようです。暑すぎる気候は、開けた場所で抱卵するコチドリたちを容赦なく照りつけます。連日、豪雨が続くと、卵が流されたり、ヒナが命を落としてしまいます。天敵のカラスも非常に多く、ここ数年、コチドリのヒナを見かけなかったのは、これら複数の要因があるのでは?と思います。野鳥たちが生きづらい世界は、当然、人にとっても、住みやすい環境とはいえないですね。
今後も、毎年、コチドリのヒナの姿を確認できることを願うのみ!です。

コチドリの関連記事:
「ヒナは4兄弟 コチドリ」はこちら
「密着取材コチドリ 産卵編」はこちら
「美人争奪戦 コチドリ」はこちら
「目力で勝負! コチドリ」はこちら

チドリの関連記事:
「寒さにも負けず 越冬チドリ」はこちら

<コチドリを脅かすもの>
水田・河川・干潟の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒナの巣立ち シジュウカラ

野鳥の世界 シジュウカラ

春は野鳥たちの子育ての季節。あちらこちらで、続々とヒナたちの鳴き声が聴こえ始めてきました。今回は、巣立ち直後のシジュウカラのヒナを目撃しましたので、その紹介です。

雨降りの日が続く中、ほんのひととき、雨が止んだため、今がチャンス!とばかりに、外に出かけました。久しぶりのウォーキングを終え、自宅に戻る途中、シジュウカラのヒナの鳴き声に気が付きました。そこは、近所の住宅街で周辺に小さな林があります。ははぁ、あの林で育ったヒナが巣立ちしたんだ~!ということは・・・すぐ近くにいるはず!と、注意しながら、声の出どころを探してみると・・・いました!電線にヒナが止まっています!

shijyukara54
2020年5月 埼玉県 とある住宅街 シジュウカラのヒナ

まだ、フワフワの羽毛です。なんて、可愛いんでしょう!
あれれ、ヒナの鳴き声が、いろんな場所から聴こえてきます。さらに、探してみると・・・ここにも、ヒナが!

shijyukara55
住宅のレンガの上に2羽のヒナが!

ズームしてみると・・・

shijyukara56
胸の黒ネクタイが細!

さらに、向かいの住宅の雨どいの上にも、ヒナが!

shijyukara57
「ごはん、ちょうだい!」

合計4羽のヒナがいるようです。まさに、巣立ち直後の現場に、タイミングよく出くわしたようです。

親鳥は大忙しで、ヒナのもとへ、順番に餌を運んでいました。
電線に止まっているヒナに餌を与え

shijyukara58
親鳥と一緒にパシャ
ボケていますが・・・

レンガの上にいるヒナにも餌を与え

shijyukara59
幼虫を食べています

雨どいに止まっているヒナにも餌を与えていました。

shijyukara60
足の長い虫を食べています

まだ、ヒナは、あまり飛べませんが、それなりに動き回ります。餌探しをしている親鳥の後を追いかけるヒナも。

shijyukara62
「はやく、食べたいでしゅ!」

電線に止まっていたヒナは、レンガの上に降りていました。

shijyukara61
「ごはん、まだでしゅか?」

そこは、ヒナたちの催促の声が充満し、もう、てんやわんやの大騒ぎの現場と化していました。騒ぎを聞きつけ、天敵のカラスがやってこないか?とハラハラしました。
しばらくの間、賑やかなシジュウカラファミリーの様子を見せてもらいましたが、天敵らしき動物は現れなかったので、ほっと一安心。

ヒナたちは、親鳥から自然界で生き抜く術を短期間で学び、独り立ちするのですが、成鳥になれるのは、ほんのわずかです。頑張って、生き延びてくださいね、シジュウカラのヒナちゃんたち!チュ!

<余談>
森や林などで、シジュウカラのヒナの鳴き声が聴こえたとしても、枝や茂った葉が邪魔で、姿を見つけづらいのですが、今回のように、住宅街に家族で現れてくれると、ヒナが何羽いて、どんな餌を与えているか?などを観察できるので、とてもラッキーです。

生命力あふれる野鳥たちの子育ての様子を見せてもらうと、こちらまで元気をもらえますね!

シジュウカラの関連記事:
「ヒナの水浴び訓練 庭のシジュウカラ」はこちら
「ヒナは一人っ子 シジュウカラ」はこちら
「いつも朗らか シジュウカラ」はこちら
南方の色味の濃いシジュウカラの記事「ダークカラーが渋い! イシガキシジュウカラ」はこちら

<シジュウカラを脅かすもの>
森林・湿地の草むらの減少:採餌場所がなくなります。
営巣用の木の減少:ほどよい穴(約2.8cm)のある木が減少しており、営巣できないそうです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

森の妖精たちの水浴び エナガ

野鳥の世界 エナガ

小さくて可憐で、まるで森の妖精のようなエナガ。今回は、エナガたちの水浴びシーンを超至近距離で目撃しましたので、その紹介です。

秋晴れの空の下、ウォーキングにはもってこい!の気候だったので、ちょっと遠出してみることに。久しぶりに訪れた公園では、ほんのりと色づいた木々たちが迎えてくれました。

小さな池のほとりに雑木林があるので行ってみると、樹上から、かわいらしい声が聴こえてきました。エナガの群れです。エナガたちは、あちらこちらと素早く移動しながら、食事をしているようでした。もう少し先に進もうと思い、歩き始めると・・・大きなカメラでヒヨドリの群れを撮影している男性の姿が目に入りました。細い歩道なので、追い越すこともできず、ましてや撮影の邪魔をしても悪いと思い、しばらく待つことに。数分経ったものの、撮影が終わる気配がないため、あきらめて、元来た道を引き返すことにしました。

再び、エナガたちの鳴き声が聴こえ始めたのですが、先ほどとは、違う場所から響いています。よ~く見ると、前方の薄暗い下の方で、エナガがチラホラと動いています。ん?と思い、再度、凝視してみると・・・何と、水浴びをしています!その距離、わずか数メートル!

エナガ18
2019年11月 埼玉県 とある公園 エナガ

エナガの水浴びシーンを観察するのは、初めてです。

エナガ19
エナガ2羽が水浴び中

エナガ20
エナガの水浴びは結構豪快で、姿が見えません

エナガたちは、入れ替わり立ち替わり水浴びをしていて、その数は、どんどん増えていきました。

エナガ21
3羽になり

エナガ22
4羽になり

エナガ23
5羽になり

エナガ24
6羽になった森の妖精たち

こんなに大勢で水浴びをしていても、スズメと違い、エナガはケンカをしません。スズメは、数羽だけでも、すぐにケンカが始まりますが。エナガは、可愛らしいだけではなく性格も穏やかなのです。究極の癒し系ですね。

エナガの群れが去った後、水浴び場所を確認してみると・・・そこは、歩道脇の小さな小さな水たまりでした。人通りが多そうな、こんな場所で水浴びをしていたとは驚きです。

エナガ25
水浴び場所は、歩道脇の小さな水たまり

思いがけず、大勢で水浴びシーンを披露してくれてありがとう!また、お会いしましょう、森の妖精さんたち!チュ!

<余談>
男性カメラマンが歩道をふさいでいたため、「あぁ、残念!」と思いつつ道を引き返したのですが、結果、エナガたちの水浴びシーンを観察することができました。今から思うと、「あなたのおかげです。ありがとう!」と、あの男性カメラマンにお礼を伝えたいです。
自然が猛威をふるい始め、しっぺ返しが始まったかと思っていた昨今、エナガたちのおかげで、久しぶりに癒されました。

エナガの関連記事:
「救世主あらわる! 庭のエナガ」はこちら
「フワフワの巣材集め エナガ」はこちら
「白い妖精 シマエナガ」はこちら
「気のいい森の妖精 エナガ」はこちら

<エナガを脅かすもの>
森林破壊:森の妖精ですので森がなくなると生息できません。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

うさぎと仲良し? ホシムクドリ

野鳥の世界 ホシムクドリ

日本では珍鳥扱い、海外では害鳥扱い・・・それは、ホシムクドリ!今回は、ホシムクドリを観察する機会があったので、その紹介です。

日本では、以前、沖縄本島で、一度だけ、ホシムクドリを見かけたことがあります。日本では、ホシムクドリを見かける頻度が少ないため、会えると嬉しい鳥さんです。

ところが、海外では、ホシムクドリは、ムクドリの仲間特有の巨大な群れを形成するため、騒音・フン害などを理由に、はなはだ迷惑な存在として扱われているようです。

超大群ではなく、少数のホシムクドリがノコノコと歩きまわる姿は、とても愛嬌があります。
フランスのサクレクール寺院近くの公園で、ホシムクドリを見かけました。

フランス6
2019年4月 フランス サクレクール寺院

サクレクール寺院からは、パリ市内が一望でき、素晴らしい眺めでした。下の写真の手前に樹木が生い茂っていますが、そこに小さな公園があります。

フランス7
パリ市内を一望!手前が公園

その公園には、カワラバトやホシムクドリが数羽いました。

ホシムクドリ2
サクレクール寺院付近の公園 ホシムクドリ(夏羽)

ホシムクドリの体長は約22cmで、オス・メス同色です。

ホシムクドリ3
ホシムクドリ(夏羽)

ホシムクドリは、木の実や昆虫などを採食します。この時は、虫を捕らえていたようです。

ホシムクドリ4
ホシムクドリ(夏羽)

日本でよく見かけるムクドリは、夏と冬とでは、羽色に大きな違いは見られませんが、ホシムクドリは、夏羽より冬羽の方が斑点が目立ちます。参考までに、ホシムクドリの冬羽の写真を載せます。

ホシムクドリ1
2018年1月 イタリア ローマ ホシムクドリ(前:冬羽)
※後ろの野鳥はクロウタドリ(オス)

サクレクール寺院付近の公園では、クロウタドリも見かけました。

クロウタドリ8
クロウタドリ(オス)

くちばしに虫をたくさんくわえたクロウタドリのメスの姿も。

クロウタドリ9
子育て中のクロウタドリ(メス)

クロウタドリは、日本では稀な旅鳥か冬鳥です。日本では、西表島で観察したことがあります。

公園内の樹々を素早く動き回る野鳥がいました。シジュウカラです。ヨーロッパのシジュウカラは腹部が黄色です!

シジュウカラ52
ヨーロッパシジュウカラ

巣穴にせっせと餌を運ぶシジュウカラを発見。この公園の野鳥たちは、子育てで大忙しのようでした。

シジュウカラ53
ヨーロッパシジュウカラも子育て中!

パリ市内にフォンダシオン ルイ・ヴィトンという美術館があり、その前に公園が広がっているのですが・・・草むらにポツポツと何かがいることに気がつきました。

フランス8
2019年5月 フォンダシオン ルイ・ヴィトン美術館前の公園

フランス9
ポツポツといるのは・・・?

よ~く観ると、ホシムクドリと

ホシムクドリ5
ホシムクドリ

ウサギ!です。

フランス10
ウサギ

この公園では、ウサギとホシムクドリとが、仲良く同居?していました。

フランス11
ウサギとホシムクドリは仲良し?

ウサギが逃げることなく、公園にいる光景って、ちょっと信じられませんでした。

フランス12
逃げないウサギ

ウサギとホシムクドリのいる、この和やかな光景は、歩き疲れた体に、しばしの癒しを与えてくれました。ありがとう!また、会えるかな?チュ!

<余談>
ムクドリやホシムクドリは、大群となるため、人からは嫌われがちですが、実は彼らは仲間同士の絆が大変強く、とても賢い野鳥なのです。以前、ムクドリのヒナを保護したことがあるのですが、ベランダにいるヒナの鳴き声を聞きつけて、(赤の他人の)ムクドリ3羽が、ヒナを心配してベランダまで様子を見に来ていました。彼らの友情に胸が熱くなったことを覚えています。
また、群れでいるムクドリ同士がケンカしている姿を一度も見かけたことがないのです。本当に仲がよいのです。スズメなどは、群れでいると、ケンカばかりしているのですが(笑)
ムクドリたちの様子を、よ~く観察してみると、彼らの良い面も見えてくるのでは?と思います。

それから、パリ市内で見かけたウサギについては、こんな歴史がありました。
過去にフランスでは、ウサギを害獣扱い&駆除対象としていたため、絶滅寸前まで追いやってしまったことがあったそうです。当然、そのウサギを獲物としていた猛禽類なども減ってしまい、生態系が大きく乱れてしまいました。
現在では、ウサギは保護されているのですが、天敵のいないパリ市内では増えすぎてしまったため、毎年、一定数を捕獲して、ウサギの少ない場所へ引っ越しさせているとのことです。
※参考:Eテレ 地球ドラマチック「ミラクルパワフル!ウサギの世界」2019年5月18日放送より

いったん崩れた自然のバランスを保つためには、人的努力が不可欠!ってことですね。あのほのぼのとしたパリ市内の公園で見かけたウサギたちからは、想像もつきませんでした。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

春の宴 マヒワ

野鳥の世界 マヒワ

小さく可憐な姿が可愛らしいマヒワ。今回は、雑木林で見かけたマヒワたちの宴の様子を紹介します。

ここ数日は、春をすっとばして、いきなり初夏?と思えるほど暑い気候だっため、午前中の涼しい時間帯に森に行ってみることにしました。

芽吹いたばかりの新緑に包まれた雑木林を進んで行くと、鳥たちの鳴き声が聴こえてきました。樹木の上の方から、たくさんのかわいい声がするのですが、姿は確認できず。はて、誰でしょう?

マヒワ13
2018年4月 埼玉県とある雑木林 この中にたくさんの鳥がいます

見やすい枝に止まってくれた鳥の姿を確認してみると・・・マヒワです!この集団は、マヒワだったのですね!

マヒワ14
マヒワ(オス)

この冬は、とんと姿を見かけなかったマヒワですが、春になり、繁殖地に向けて旅をする途中に、この雑木林に立ち寄ったようです。ここでのマヒワたちの目的は、もちろん栄養補給!です。

マヒワ15
この木には、食べ物がいっぱい!

このマヒワたちは、数十羽の群れのようで、あちらこちら動き回っては、食べ物をついばんでいました。

マヒワ16
コナラの花穂をついばむマヒワ(オス)

マヒワたちは、とっても楽しそうで、まさしく春の宴!といった感じで、ウキウキした様子が伝わってきました。

マヒワ17
目の前にごちそうが! マヒワ(オス)

マヒワ18
頭の上にもごちそうが! マヒワ(オス)

マヒワ20
どれにしようかな? マヒワ(メス)

マヒワ19
もう食べきれない! マヒワ(オス)

マヒワたちは、かなり高い所にいたし、木々や葉の間から、わずかにしか姿が見えなかったのですが、それでも、何とか観察させてもらえました。マヒワたちは、すぐに旅立ってしまうはずなので、これが見納めとなるでしょう。まさしく一期一会です。

大勢で姿を見せてくれてありがとう。無事、繁殖地までたどり着き、また、次の年も、この場所に立ち寄ってくださいね、マヒワさんたち!チュ!

<余談>
春になり、自然界に食べ物が増えてくると、野鳥たちは、それはそれは嬉しそうにしています。厳しい冬を乗り越えて、生き残った者だけが味わえる喜び。そんな彼らの様子を観ているだけで、こちらも幸せな気持ちになります。生きているってことは、それだけで素晴らしいことなんだなぁと。

マヒワの関連記事:
「ガールズトーク マヒワ」はこちら
「女性の鑑(かがみ) マヒワ」はこちら

<マヒワを脅かすもの>
森林の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ