美しいアカガシラサギがいっぱい! in 香港

野鳥の世界 アカガシラサギ

サギ類の中でも格別に美しい羽色(夏羽)を持つアカガシラサギ。日本では出会う機会の少ないアカガシラサギですが、今回は、香港で、多くのアカガシラサギが姿を見せてくれたお話です。

約7年前、西表島で、きれいな夏羽のアカガシラサギを見かけたことがあります。けれども、そのアカガシラサギは、非常に警戒心が強く、遠く離れた場所からでしか、観察させてもらえませんでした。

いつか、もう一度、近くでその姿を見せてもらえたら!と、長年思っていたところ、ついに念願が叶いました。香港で、え~、こんなに?というぐらい、たくさんのアカガシラサギが姿を現してくれました。

まず、香港湿地公園(Hong Kong Wetland Park)で、出会ったアカガシラサギたちです。

草の茂みに隠れながら、ソロリソロリと歩き、食べ物を探すアカガシラサギを発見。

アカガシラサギ8
2017年5月 香港湿地公園 アカガシラサギ(夏羽)

木の枝に止まり、休憩中のアカガシラサギも数羽います。

アカガシラサギ9
休憩中のアカガシラサギ(夏羽)

5月だというのに、まだ冬羽のアカガシラサギが。幼鳥や若鳥は上側のくちばしが黒っぽいのですが、この鳥さんの上側のくちばしは黒っぽくないので成鳥と思われます。単に夏羽への換羽が遅いだけ?

アカガシラサギ10
アカガシラサギ(冬羽)

地元バードウォッチャーからお勧めとの話があったため、水田や農耕地が広がるロングバレー(Long Valley)にも行ってみることに。ここはどうでしょうか?

水田の畔に降り立つアカガシラサギを発見。

アカガシラサギ11
2017年5月 ロングバレー 翼が白いアカガシラサギ(夏羽)

このアカガシラサギは、少しだけ畔を歩き、すぐに水田の中へと姿を消しました。

アカガシラサギ12
すぐに水田の中へ

ロングバレーにも湿地があり、野鳥がたくさんいました。2羽のアカガシラサギもいます。

アカガシラサギ13
2羽のアカガシラサギ

ロングバレーで出会ったアカガシラサギたちは、人に対する警戒心があまりないようで、観察している最中、逃げるということはありませんでした。近くに民家があり、農作業をしている人たちを普段から見慣れているせいかも。西表島で出会ったアカガシラサギとは大違いです。

アカガシラサギ14
人を警戒しないアカガシラサギ(夏羽)

アカガシラサギは、魚類・甲殻類・昆虫類を捕食しますが、湿地には、多くの食べ物があるのでしょう。ゆっくりと歩き回って、食べ物を探していました。

アカガシラサギ15
湿地で食べ物を探すアカガシラサギ(夏羽)

他にも、木の上で休憩中のアカガシラサギや、農耕地で食べ物を探すアカガシラサギがいました。

アカガシラサギは香港では夏鳥のようですが、こんなにも多くのアカガシラサギが繁殖のため飛来しているとはビックリです。美しい姿を見せてくれてありがとう、またお会いしましょう!アカガシラサギさん!チュ!

<余談>
ロングバレー(Long Valley)は、とても辺ぴな所にあるため、タクシーの運転手に「ロングバレー」の漢字(塱原)を見せて、行けるかどうか?を聞いてみることにしました。
一人目のタクシーの運転手からは場所が分からないと言われたのですが、二人目のタクシーの運転手は知っていると答えたので、そのタクシーに乗り込み、現地に向かいました。到着したところは、「本当にここ?」というぐらい、のどかな光景が広がっていました。

さて、「行きはよいよい帰りは怖い」です。探鳥を終えて、さぁ、どうやって帰ろうか?となりました。当然、タクシー乗り場なんてありません。炎天下の中、主要道路まで歩いて、そこでタクシーを拾おうかな?と思っていた矢先、1台のタクシーが目の前に止まりました。そして、観光客らしき御一行がガヤガヤと降りてきました。なんと、ラッキーなことでしょう!すぐさま、タクシーをつかえて、事なきを得ました。オウチュウ探鳥時のタクシー事件に続き、これまた幸運な出来事でした。

西表島で出会ったアカガシラサギの記事「注目度抜群! アカガシラサギ」はこちら

<アカガシラサギを脅かすもの>
河川・湿原・干潟・水田の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

美鳥の食事 サンジャク in 香港

野鳥の世界 サンジャク

見応えのある長い尾と美しい羽色を持つ、サンジャクという鳥さんがいます。カラスの仲間の野鳥で、中国~インドシナ半島の森林に留鳥として生息しています。今回は、香港で出会ったサンジャクのお話です。

香港の九龍公園(Kowloon Park)を散策中、大きな野鳥が姿を現しました。ぜひとも、観察したいと思っていたサンジャクです!

サンジャク1
2017年5月 九龍公園 サンジャク

サンジャク(山鵲、学名:Urocissa erythroryncha、英名:Red-billed Blue Magpie)の体長は約70cm、雑食性で昆虫や小動物などを捕食します。

サンジャクは頭部が黒で腹部は白、上面はグレーがかった青色で、きれいな羽色です。

サンジャク2
頭部が黒で腹部は白

サンジャク3
背面はグレーがかった青色

サンジャクのくちばしと足は赤色で目立ちます。

サンジャク4
くちばしと足は赤

現れてすぐに、サンジャクは、食事を始めました。

サンジャク5
食事を始めるサンジャク

小動物を食べているようなのですが・・・カエル?

サンジャク6
獲物はカエル?

サンジャクは、食べ終わると、すぐさまどこかへ飛んでいき、再び獲物を運んできては、同じ場所で食べ始めていました。同じ行動を繰り返すこと数回。美しい容姿に似つかわしくない光景でしたが、サンジャクにとっては、楽しい食事タイムだったようで、ウキウキした様子が伝わってきました。

ところで、このサンジャクに、とってもよく似た野鳥が台湾に生息しています。台湾固有種のヤマムスメです。さて、違いは何でしょうか?ここで、サンジャクとヤマムスメの写真を比較してみます。

まず、正面を比較。サンジャクは腹部が白色で、ヤマムスメは青色。

サンジャク7
サンジャク(左)、ヤマムスメ(右)

背面の比較。サンジャクの上面は落ち着いたブルーグレーで、ヤマムスメは鮮やかなブルー。

サンジャク8
サンジャク(左)、ヤマムスメ(右)

頭部の比較。サンジャクの頭頂部には大きな白斑あり、ヤマムスメにはなし。

サンジャク9
サンジャク(左)、ヤマムスメ(右)

最後に虹彩の比較。サンジャクの虹彩は茶色で、ヤマムスメは黄色。

サンジャク10
サンジャク(左)、ヤマムスメ(右)

こうしてみると、結構違っていますね。ぱっと見は、分かりませんでしたが。
香港滞在期間中、サンジャクを観察できた場所は、この九龍公園だけでした。しかも、たったの1羽!

よくぞ姿を現してくれて、食事シーンまで披露してくれてありがとう、サンジャクさん!お元気で!チュ!

<余談>
サンジャクとヤマムスメは、どちらも美しい鳥さんですが、調べているうちに、実は、困った事態が発生していることが判明しました。それは・・・交雑種問題です。

サンジャクは外来種として台湾にも生息しており、2007年台中市でサンジャクとヤマムスメの交雑個体が3羽見つかったそうです。台湾では、この問題を解決すべく、サンジャクを捕獲したり、巣を移動するなどして、生息数をコントロールしているとのこと。
※参考文献:「Formosan Blue Magpies / BEAUTY of Birds.com」

本来生息していなかった台湾にサンジャクを持ち込んだのは人なので、これまたサンジャクに罪はないですね。

サンジャクによく似た野鳥の記事「ヤマムスメ 台湾の美鳥」はこちら

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

公園で営巣 ギンムクドリ in 香港

野鳥の世界 ギンムクドリ

羽色が美しいギンムクドリは、日本では数少ない旅鳥か冬鳥です。そのため、国内で営巣はしないのですが、旅先の香港で、ギンムクドリの営巣場所を観察する機会がありました。今回は、ギンムクドリの営巣場所のお話です。

今回、訪れた九龍公園(Kowloon Park)には、たくさんの野鳥がいて、ムクドリらしき姿の野鳥も何度か見かけていました。「誰だろう?」と、思っていたのですが、ついにその正体が明らかになりました。

木の洞から顔を出している野鳥を発見!ギンムクドリです。

ギンムクドリ8
2017年5月 九龍公園 ギンムクドリ

ギンムクドリの繁殖地は中国南東部なので、この洞は、ギンムクドリの巣!でした。営巣場所は、道路に面して生えている大木です。

ギンムクドリ9
この木にギンムクドリの巣が

ギンムクドリ10
ギンムクドリが顔を出していた洞

営巣場所を拡大してみると、顔を出していたのは、オスのギンムクドリです。

ギンムクドリ11
ギンムクドリ(オス)

大木の周辺には、数羽のギンムクドリがいたので、この一帯は集団営巣場所になっているようです。

ギンムクドリ12
ギンムクドリ(オス)

さきほどの洞から、再び、ギンムクドリが顔を出しました。

ギンムクドリ13
巣から顔を出すギンムクドリ

今度は、メスのギンムクドリです。同じ樹洞から顔を出していたオスとカップルになり、この場所で子育てをしているのですねぇ。

ギンムクドリ14
ギンムクドリ(メス)

この公園には、大勢の人がいて、散策したり、太極拳をしたりしていたのですが、ギンムクドリたちは気にすることなく、人の営みの近くで営巣していました。日本のムクドリ同様、ギンムクドリも、なかなか逞しい鳥さんのようです。

ギンムクドリ15
人が大勢いても大丈夫 ギンムクドリ(オス)

今回は、繁殖地で姿を見せてくれてありがとう。次は、どこで会えるかな?ギンムクドリさんたち!チュ!

<余談>
ギンムクドリは、日本ではとても珍しい鳥さんです。過去に一度だけ、西表島で越冬中のギンムクドリの群れを観察したことがあるのですが、その美しさから「美形集団!」と、勝手に命名したほど、ギンムクドリは印象に残る鳥さんでした。

香港では、たまたま、営巣場所の洞を発見したおかげで、ギンムクドリがいる!と分かったのですが、そうでなかったら、気づかないまま、帰国していました。観察できてよかった、よかった!

ギンムクドリの関連記事「美形集団 ギンムクドリ」はこちら

<ギンムクドリを脅かすもの>
農耕地の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

にらめっこ最長記録 ルリビタキ

野鳥の世界 ルリビタキ

美しい容姿とは裏腹に、結構気が強いルリビタキ。今回は、ルリビタキのオスと長時間にらめっこをしたお話です。

冬季、ルリビタキは縄張りを持ち、侵入者がいないか見回りをしたり、ライバルが現れると、威嚇をして追い払ったりします。
ルリビタキは、人に対しても、時々、威嚇をしてきます。そのため、ルリビタキを見かけると、ルリビタキの威嚇の声「カッカッ!」を真似してみたくなります。ルリビタキたちの反応は様々で、興味津々で近寄って来たり、ライバルではないとすぐに見破って去って行ったりします。

今回出会ったルリビタキのオスは、今まで出会ったどのルリビタキよりも、負けん気の強い鳥さんでした。

少し離れた場所にルリビタキがいたので、試しに「カッカッ!」をやってみると・・・ルリビタキが近寄ってきました。

ルリビタキ29
2017年3月 埼玉県 とある公園 ルリビタキ(オス)

「カッカッ!」を言い続けてみると、ルリビタキも負けじと、「カッカッ!」と、やり返してきました。この後、しばらくの間、ルリビタキとあーちゃんとの威嚇合戦が続きます。

ルリビタキ30
にらめっこ開始!

ルリビタキ31
威嚇中

ルリビタキは、あーちゃんの周囲を移動しながら、「めっ!」と睨んできます。

ルリビタキ32
めっ!

ルリビタキは、どこに止まっても、視線をこちらに向けて

ルリビタキ33
こちらの様子を常にチェック

「カッカッ!」と鳴き続けています。

ルリビタキ34
「カッカッ!」

ルリビタキ35
怒った?顔もかわいいルリビタキのオス

約3mの近距離からも威嚇してきます。

ルリビタキ36
めっ!

かれこれ、約15分経過。ルリビタキとの「にらめっこ」最長記録です!
あーちゃんの「カッカッ!」は、かなりヘタクソなのですが、このルリビタキはライバルとして認めてくれた?ようで、ちょっと自信がつきました。

このルリビタキは、自分から折れることはなさそうだったので、こちらから「カッカッ!」をやめてみました。そして、その場を後にして歩き始めると・・・ルリビタキも安心したのか、ようやく、どこかへ飛び去りました。

どう見ても鳥ではない、あーちゃんに、こんなにライバル心をメラメラ燃やすとは、この縄張りはとっても居心地がいいのですねぇ。また、次の冬も、同じ場所で姿を見せてくださいね、ルリビタキさん!チュ!

<余談>
上記のルリビタキのオスとにらめっこをした直後、別の場所で、今度は、ジョウビタキのオスが現れました。何十メートルも離れた場所にいたジョウビタキのオスですが、何を思ったか、5メートルほどの所にやって来ました。そして、「めっ!」と、あーちゃんを威嚇し始めました。この日は、かわいい鳥さんに、よく威嚇される当たり?デーでした(笑)

ジョウビタキ14
近寄って来たジョウビタキ(オス)

ルリビタキの関連記事:
「日の光を浴びて ルリビタキ」はこちら
「侵入者には、めっ! ルリビタキ」はこちら
「見た目では負けないよ! ルリビタキ」はこちら
「女性は強し ルリビタキ」はこちら
「見る人を幸せにする青い鳥 ルリビタキ」はこちら

<ルリビタキを脅かすもの>
森林・里山の減少:冬場はオスもメスも個々に、縄張りを持つので広めの生息域が必要です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コウライウグイス in シンガポール

野鳥の世界 コウライウグイス

一度見たら忘れることができない強烈な羽色の持ち主である、コウライウグイスという鳥さんがいます。コウライウグイスは、中国から東南アジアにかけて生息し、日本では稀な旅鳥として観察されるケースがあるようです。今回は、シンガポールで出会った、コウライウグイスのお話です。

シンガポール植物園(Singapore Botanic Garden)を散策中、薄暗い林から、よく響く、きれいな鳴き声が聴こえてきました。「誰だろう?」と思い、探してみることに。

鳴き声は、林の上部から聴こえてきます。けれども、姿が見えません。ほぼ、真上を見上げながら、探すこと約10分。ようやく黄色い野鳥を発見。コウライウグイスです!

コウライウグイス1
2017年1月 シンガポール植物園 コウライウグイス

コウライウグイスは、なんとインパクトのある羽色なんでしょう!真っ黄色に黒色の模様があって、まさに工事現場などで目にしそうな「注意喚起!」の色合いです。

コウライウグイス2
注意!の羽色?のコウライウグイス

コウライウグイスの体長は約26cm、森林に生息し、主に昆虫類を捕食するようです。
このコウライウグイスの羽色は黄色で、さえずりの真っ最中だったので、オスです。メスは、若干黄緑がかった羽色です。

コウライウグイス3
コウライウグイス(オス)

2日後の早朝、同じ植物園で、再びコウライウグイスの姿を見かけました。

コウライウグイス4
コウライウグイス(オス)

シンガポール滞在期間中、鳴き声がして探してみたら、コウライウグイスだった、というケースが多く、こんなにいるの?というぐらい、あちらこちらで見かけました。住宅街で追いかけっこをしていたり、庭木に止まり、さえずっていたり、と。

驚くほどたくさん姿を見せてくれてありがとう、コウライウグイスさん。お元気で!チュ!

<余談>
野鳥の世界には、どうしてこんなにド派手な色合いになったの?と言いたくなるような鳥さんがたくさんいます。コウライウグイスは、何故に、「注意!注意!」の色合いに?自然の采配は、本当に不思議ですね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ