FC2ブログ

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第8話

ようやく最終回です。華江雁鴨自然公園での探鳥の続きです。

華江雁鴨自然公園には緑地もあり、そこでは、多くの野犬を見かけました。野犬たちは、自由気ままに生きているようで、楽しそうでした。

台湾41
自由を謳歌?する野犬たち

緑地には野鳥もいるのですが、野犬たちが野鳥を狙う様子は、ありませんでした。サギの仲間、アマサギダイサギを緑地で見かけました。

アマサギ4
アマサギ(夏羽)

ダイサギ27
ダイサギ

緑地には、ムクドリの仲間、クビワムクドリ、インドハッカ、ジャワハッカもいました。

クビワムクドリ7
クビワムクドリ

インドハッカ4
インドハッカ(カバイロハッカ)

ジャワハッカ7
ジャワハッカ

このエリアには、多くのカササギも生息しているようで、子連れのカササギファミリーなども、あちらこちらで見かけました。

カササギ7
カササギ

カササギ8
カササギ

樹木には、スズメの親子やハッカチョウのヒナがいました。

スズメ125
スズメの親子

スズメ126
スズメ(ヒナ)

ハッカチョウ9
ハッカチョウ(ヒナ)

上空では、トビが飛翔していました。

トビ10
トビ

華江雁鴨自然公園の湿地帯では、潮の満ち干があり、時間帯によって、景色が変化していました。

台湾42
満潮時

台湾43
干潮時

満潮時、遠くに白い点々が見えたのですが、あれは・・・

アフリカクロトキ2
白い点々がたくさん!

ズームしてみると・・・アフリカクロトキです。

アフリカクロトキ4
アフリカクロトキ

台湾では、飼育されていたアフリカクロトキが逃げ出して野生化したそうですが、このエリアだけでも、数十羽のアフリカクロトキを見かけました。

干潮時は、野鳥たちの食事タイムです。頭部がグレーの幼鳥らしき鳥さんがいるので、この3羽のアフリカクロトキは親子のようです。

アフリカクロトキ3
多分、アフリカクロトキの親子 みんなで食事にLet's Go!

大きな魚を突っついているアフリカクロトキを発見。

アフリカクロトキ5
大物をGet! アフリカクロトキ

コサギの群れも、食べ物探しに大忙し!

コサギ26
食事中のコサギ

コサギ27
コサギ

満潮時に緑地にいた野犬たちが、なんと泥地にいるのを発見!

台湾44
泥地に降りてきた野犬たち

野犬たちは、等間隔に並んでいます。彼らは何をしているかというと・・・おそらく狩りです。緑地で大きな魚を食べている野犬を見かけたので、魚が主食なのかも?

台湾45
魚を狙っている?野犬たち

緑地で見かけたハッカチョウやクビワムクドリも、干潮時には、泥地で食べ物を探していました。

クビワムクドリ8
クビワムクドリ

ハッカチョウ8
ハッカチョウ

他には、バンやヨシゴイのペアも見かけました。

台湾での滞在期間中、この華江雁鴨自然公園には、時間帯や日を変えて計3回行ってみました。思いがけず、多くの野鳥を観察することができたため、この場所は、野鳥たちの貴重な生息場所となっていることが分かりました。後で調べて判明したのですが、この場所では、たくさんの冬鳥たちが越冬するようなので、またいつか、冬季の野鳥を観察してみたいです。

非常に長~くなりましたが、これにて、今回の台湾探鳥は終了です。姿を見せてくれた台湾の野鳥たち、本当にありがとう!また、お会いしましょう、チュ!

<余談>
探鳥旅行をスタートしてから約10年が経ちました。最初は国内に始まり、ここ数年は、海外にも行くようになりました。体力的に、ちょっと厳しくなってきたかなーと思いつつも、次は、どこに行こうかな?と考えてしまいます。台湾は日本から近いし、独自に進化した固有種の野鳥がたくさんいるので、探鳥候補地としては、とても魅力的な場所だと思います。台湾の中部・南部には、まだ行っていないので、機会があれば、ぜひ行ってみたいです!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る

台湾探鳥の関連記事「台湾探鳥旅行記 2016年1月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第7話

台湾での最後の探鳥地は、台北にある湿地帯です。地図で見ると、野鳥が生息していそうな地形だったため、レンタサイクルYouBikeで行ってみることに。さて、どんな野鳥がいるでしょうか?

華江雁鴨自然公園

現地に到着すると、案内板があったので、「華江雁鴨自然公園」という名称の公園であることが分かりました。

台湾38
華江雁鴨自然公園

案内板の近くで、カラアカモズを発見。隠れている所をパシャリ。

カラアカモズ2
カラアカモズ

公園内の道に沿って進んで行くと、草原が見えてきました。

台湾39
華江雁鴨自然公園内の草原

野鳥の声が聴こえてきます。この場所で見かけたのは、アジアマミハウチワドリ、キンパラ、シロガシラです。

アジアマミハウチワドリ5
アジアマミハウチワドリ

キンパラ1
キンパラ

シロガシラ8
シロガシラ

さらに進んで行くと、湿地が見えてきました。広いです!

台湾40
華江雁鴨自然公園内の湿地

水浴びをしている野鳥がいます。シマキンパラです。

シマキンパラ9
シマキンパラ

日本では、南西諸島で観察したことがあるツメナガセキレイもいました。

ツメナガセキレイ16
ツメナガセキレイ

ツバメが巣材の泥を集めています。

ツバメ14
ツメナガセキレイ(左)、ツバメ(右)

ツバメ15
巣材の泥をたっぷりくわえたツバメ

カノコバトや小さなベニバトの群れがいます。草むらと泥地を行ったり来たりしています。

カノコバト15
カノコバト

ベニバト9
ベニバト(オス)

ベニバト10
ベニバト(左、中央:メス)

シギの仲間の野鳥も、あちらこちらで見かけました。イソシギは、日本でも、おなじみの野鳥です。

イソシギ24
イソシギ

アオアシシギタカブシギは、日本では、冬季や渡りの時期に観察することができます。

アオアシシギ14
アオアシシギ(夏羽)

タカブシギ13
タカブシギ(夏羽)

ウズラシギは、日本では、渡りの時期に観察することができます。アオアシシギやタカブシギと同様、ウズラシギも、繁殖地に向けて、そろそろ旅立つはず。

ウズラシギ3
ウズラシギ(夏羽)

華江雁鴨自然公園での探鳥は、まだ続きます!次は、いよいよ最終回。野鳥だけではなく、思いがけない生き物も登場します!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第8話へ続く

<余談>
今回の台湾旅行は、初めての事にチャレンジする!という名目だったので、食べ物についても、いろいろ挑戦してみました。その中でも、特に印象に残ったのは、地元で大変人気のある大衆食堂です。

とても繁盛している大衆食堂があったので、そこで食べてみよう!ということになったのですが、最初に、席を確保するところから、これは無理そう!と戦意喪失してしまいました。外にテーブルがたくさん並んでいて、大勢のお客さんが、隣の人と、くっつくほど狭い場所に座って、どんどん注文して食べていました。ワイワイガヤガヤと大変な喧噪の中で、椅子が空いたら即座に座って席を確保する!(いわゆる椅子とりゲームのような)ルールだったのですが、地元の人たちを押しのけて座ることができず、たーさんと、あーちゃんは、なすすべもなく、ぼぉ~と突っ立って、食事風景を眺めていました。

どのくらい待ったでしょうか。もうあきらめようかな?と思い始めた時、お店のお姉さんが、こっちへと手招きしているのが見えました。行ってみると、2席、用意してくれているではありませんか!きっと、あの二人はダメそう!(自力で席を確保することができない)と思って、お姉さんが、手助けしてくれたようです。

taiwan46
左のお姉さんが席を用意してくれました

おかげで、ものすごく安くて美味しい餃子を、たくさん、いただくことができました。

taiwan47
安くて美味しい餃子(約220円/10個)

地元で人気のある大衆食堂で食事するのは、なかなか大変!と、よい勉強になりました。

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第6話

台湾では、山に生息する野鳥を観察したことがなかったため、山に行ってみよう!ということになりました。台北から行きやすい山を探してみたところ、烏来(烏來:ウーライ)という場所があったので、そこへ行ってみることに。

まず、MRT新店駅まで行き、そこからタクシーに乗って、約30分ぐらいで烏来に到着。さて、どんな鳥さんがいるでしょうか。

烏来(烏來:ウーライ)

烏来は、温泉やトロッコ列車などで有名な場所のようです。

台湾29
烏来の風景

道に沿って進んで行くと、トロッコ乗り場がありました。山に行きたいので、トロッコ列車に乗ってみます。

台湾30
ここからトロッコに乗車できます

台湾31
トロッコ乗場

トロッコに乗車するまでに待ち時間があったので、駅員さんに、烏来の野鳥について質問してみることにしました。ところが・・・「Bird」が全く通じないのです(他の場所でも、「Bird」は通じませんでしたが)。仕方なしに、台湾固有種のヤマムスメの写真を見せて、この鳥が烏来にいるかどうか?を聞いてみました。駅員さんが言うには、「烏来でヤマムスメを観察するのは難しい。よほど運がよくないと!」とのことでした。そうか~、と思いながら、乗車時間になるのを待ちます。

出発時間となったので、かわいらしいトロッコ列車に乗り込みます。

台湾32
かわいいトロッコ列車

台湾33
トロッコ車内から眺めた風景

終点に到着。滝が見えます。

台湾34

とりあえず、山方面に向かって歩いてみることに(いつものごとく、行き当たりばったりの探鳥です)。

シロガシラがお出迎え?

シロガシラ7
シロガシラ

道路脇に野鳥を発見。この鳥さんは・・・ルリチョウ(台湾固有種)でした!

ルリチョウ1
ルリチョウ

ルリチョウは、すぐに森の中へと姿を消しました。

ルリチョウ2
ルリチョウ

烏来の山では、多くのクロヒヨドリを見かけました。

クロヒヨドリ4
クロヒヨドリ

さらに、進んで行きます。

台湾35
道に沿って登っていきます

道路脇で、何かが動きました。よ~く観ると、タイカンチョウ(外来種)でした。

タイカンチョウ1
タイカンチョウ

上空には、カンムリワシが。

カンムリワシ22
カンムリワシ

山を登っていくと、慰霊碑のようなものがありました。戦争で多くの方が犠牲になられたようだったので、ご冥福をお祈りすることに(後で調べてみると、そこは烏来高砂義勇隊主題紀念園区という場所でした)。

台風の影響と思われるのですが、立ち入りできないエリアがあって、これ以上先に進めそうもないので、山を下りることに。

台湾36
この階段を下ってみると・・・

下り始めた直後、何と、ヤマムスメ(台湾固有種)が姿を現しました!

ヤマムスメ8
ヤマムスメ

烏来では、観察は難しいよ、と言われていただけに、これは本当にラッキーです。

ヤマムスメ9
ヤマムスメ

タイミング的には、烏来高砂義勇隊主題紀念園区で黙とうした直後だったので、では、お礼に!と、ヤマムスメを見せてくれたような気が・・・?

タイワンオナガ(台湾固有亜種)も、姿を現しました。

タイワンオナガ3
タイワンオナガ

烏来は、何か不思議な感じがする場所だなぁと思いながら、山道を下って行きます。

再び、トロッコに乗って出口方面へ向かい、帰りは、バスでMRT新店駅まで戻ることにしました。バスを待っている間、川があったので覗いてみます。

台湾37
この川には、誰かいるかな?

川をよ~く観てみると・・・点在している石の一つに、野鳥を発見。カワビタキです。

カワビタキ1
カワビタキ

これにて、烏来での探鳥は終了です。この時期、台北植物園では観察できなかったヤマムスメとタイワンオナガには烏来で出会えたので、足を運んでみて本当によかった!もっと時間があれば、温泉とか食事とかも楽しめたかも?

次は、台北にある華江雁鴨自然公園で観察した野鳥たちを紹介します。たくさんの野鳥たちが続々登場!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第7話へ続く

<余談>
トロッコ乗場で、たーさんと並んでベンチに座って、乗車時間になるのを待っている間、ちょっとした出来事がありました。ヤマムスメのことを教えてくれた駅員さんが、やって来て、何かを差し出しながら、「これ、塗っとけ」と、たーさんに言うのです。キョトンとして、差し出された物を見てみると、何と日焼け止め!です。
前日、金門島で、しこたま日焼けした、たーさんを心配して、駅員さんが日焼け止めを持ってきてくれたのでした。何て親切なんでしょう!何だ何だと他の駅員さんたちも集まってきたので、昨日は金門島で1日中、自転車に乗っていたこと、そのせいで日焼けしたこと、今日は日焼け止めを塗ってきたので大丈夫なことなどを伝えると、「金門島は暑すぎる!」と、駅員さんたちが口々に言っていました。駅員さんたちの驚き具合からすると、この時期に自転車に乗って金門島を巡るというのは、かなりのチャレンジャーだったのかも(笑)

金門島での探鳥の様子はこちらたーさんの日焼けの写真付記事はこちら

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第5話

金門島での探鳥の続きです。レンタサイクルYouBike(ユーバイク)に乗って、進んで行くと・・・カラムクドリを発見!

カラムクドリ8
カラムクドリ

カラムクドリは2羽いたので、つがいのようです。

カラムクドリ9
カラムクドリ

道路は緩やかなアップダウンが延々と続き、炎天下の中、自転車で進み続けるのは、かなりきついです。昼食を兼ねて少し休憩することに。

休憩場所の近くで、シキチョウとツバメを目撃。

シキチョウ10
シキチョウ(メス)


短い休憩後、再び、自転車で出発。どんどん進んで行くと、貯水池が見えてきました。

カルガモの幼鳥がいます。

カルガモ24
カルガモ(幼鳥)

水際に数十羽の野鳥の姿が。

アオアシシギ12
野鳥の群れ

この野鳥たちは、アオアシシギでした。

アオアシシギ13
アオアシシギ

アオアシシギの近くには、コサギとイエガラスが。イエガラスは、水中から大きな魚を引き上げようとしています。

イエガラス2
コサギ(左)、イエガラス(右)

さらに、進んで行き、北東部の辺りでチュウシャクシギを発見。

チュウシャクシギ15
チュウシャクシギ

目の前をヒメヤマセミが横切ったのですが、写真は撮れず。このエリアの野鳥たちは、非常に警戒心が強く、自転車で通ると逃げまくっていました・・・。

金門島では、ハッカチョウとベニバトを、あちらこちらで見かけました。

hakkachou6.jpg
ハッカチョウ

ハッカチョウ7
ハッカチョウ

ベニバト7
ベニバト(左:メス、右:オス)

ベニバト8
ベニバト(オス)

そろそろ空港に向かって、引き返さなければいけない時間です。けれども、もう体力の限界だったため、YouBikeを返却して、タクシーで空港に向かおう!という話になりました。昼食をとった辺りにYouBikeを返却できる場所があったので、そこまで戻って、いざ返却しようとすると・・・機械の故障で返却できず。が~ん!仕方がないので、ヨレヨレの状態で、再び、自転車で数十キロ先の空港を目指すことに。

意を決して、ひたすら、自転車で走り続けます。ノンストップで進んだおかげで、少し時間に余裕ができたため、木陰で、ちょっと休憩することにしました。

道路脇の林で、モゾモゾと動いている野鳥を発見。コイカルです!

コイカル1
コイカル(メス)

近くに、貯水池があるので、ついでに行ってみることに。この貯水池は、ひっそりと静まり返った場所にありました。

台湾6
ひっそりとした場所にある貯水池

誰かいるかな?と探してみると・・・家禽のバリケン、日本でもおなじみのイソシギダイサギの姿が見えます。

バリケン1
バリケン

イソシギ23
イソシギ

ダイサギ26
ダイサギ

貯水池の奥の方まで行ってみると・・・何と、目の前をヤツガシラが横切りました。そして、すぐに戻って来て、貯水池内の草地に降り立ちました。よ~く観てみると・・・いました!

ヤツガシラ2
ヤツガシラ

ヤツガシラは、金門島で、最も観察したかった野鳥です。最後の最後に、ついに出会うことができました。途中で、YouBikeを返却できなかったのには、ちゃ~んと意味があったのですね。

ヤツガシラ4
ヤツガシラ

ヤツガシラがいた草地は、こんな風景です。ヤツガシラが飛び立ってくれなかったら、絶対に見つけられませんでした。

台湾24
ヤツガシラのいた場所

ヤツガシラの詳細記事「ミラクル大逆転 ヤツガシラ in 台湾(金門島)」はこちら

ヤツガシラを観察できて、すっかり元気を取り戻した、あーちゃん達は、ここから猛ダッシュで空港へ戻ります。道に迷いながらも、無事、空港へ到着。17時40分発の飛行機に乗って、台湾へ帰ります。

台湾25
金門島の空港にて

今回、自転車で走ったルートは、金門島の東側だったのですが、時間的にも体力的にも、これが限界でした。

台湾27
自転車で走ったルート(ブルーの線)
ここをクリックすると拡大します


金門島で自転車に乗って探鳥した感想ですが、暑い、きつい、野鳥がビビッて逃げる、でした。ちなみに、金門島では、あーちゃん達以外は、誰も自転車に乗っていませんでした(笑)
いつか、また金門島を訪れる機会があったら、今度は、ぜひ、車で探鳥したい!です。

次は、台湾の烏來(ウーライ)という温泉地の山で観察した野鳥たちの紹介です。会いたかった台湾固有種の鳥さんたちが登場します!
次回へ続く!

<余談>
さて、前回の記事の最後に、このようなクイズを載せていました。日焼け防止を重視して暑さに耐えた、あーちゃんと、日焼けを覚悟で涼しさを重視した、たーさんは、どちらが正しかったでしょうか?答えは、あーちゃんが正解!でした。金門島の陽射しは想像以上に強烈で、たーさんは、顔、腕、足など露出していた皮膚が、やけどを負ったみたいに真っ赤になってしまいました。

台湾28
日焼けで真っ赤!になった、たーさんの腕

真っ赤が次第に黒くなり、数日経つと、皮膚がポロポロと剥がれ始め、白黒のまだら模様となった、たーさんの顔は、まさに悲劇でした(笑)
金門島では日焼けに注意しましょう!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第4話

台湾滞在中、野鳥が多く生息するといわれる金門島にも日帰りで行ってみることに。今回は、金門島で出会った野鳥たちの紹介です。

台湾から金門島へ行くには、台北松山空港まで行き、国内線の飛行機に乗ります。

台湾19
空港内にて 7時30発の飛行機に搭乗

飛行時間は約1時間で、金門島に到着です。

金門島

金門島は、どこにあるかというと・・・台湾よりも中国に近い場所にあります。

台湾26
金門島は中国の近くにある島
ここをクリックすると拡大します

有料の自転車、YouBike(ユーバイク)をレンタルして、島内を探鳥することに。空港で、係員にYouBikeのレンタル場所を尋ねると、そこまで案内してくれました。空港を出て右手に進むと、白っぽい建物があり、その左手にYouBikeが並んでいて、そこでレンタルできました。

台湾20
台湾 金門島 左側がYouBikeのレンタル場所

台湾3
ここで自転車をレンタル

台湾21
この自転車で島内を走ります

金門島の天候は晴れ、陽射しは強烈で、かなり暑いです。出発前から体力勝負の予感が・・・。

車道を自転車で進み、野鳥がいそうな場所があれば、探鳥してみます。

台湾22
車道を自転車で進みます

まずは、カノコバトを発見。

カノコバト14
カノコバト

金門島にもスズメがいました。

スズメ24
スズメ

信じられないかもしれませんが、この時点で、これ以上、探鳥を続けられないかも!?と思ってしまいました。日焼け防止を重視して、全身を覆っているため、暑すぎるのです。まだ、スタートしてから約20分しか経っていません・・・。
しかし、せっかく来たのだからと、気をとり直して頑張ることに!

湖が見えてきました。誰かいるかな?

台湾23
湖の風景

湖をよ~く観てみると・・・野鳥の姿が見えます。日本でも、おなじみの鳥さんたちです。





湖を後にして、自転車で進んで行くと・・・茶色っぽい大きめの野鳥の姿がチラリと見えました。オオバンケンです。

オオバンケン2
隠れているつもり?のオオバンケン

金門島には、ハリオハチクイの集団営巣地(コロニー)があります。この時期は、繁殖のため、多くのハリオハチクイたちが渡来しているはずなので、営巣地を目指して行ってみることに。現地に到着すると、大きなブラインドがありました。

ハリオハチクイ3
大きなブラインドがあります

金門島のハリオハチクイたちは大切に保護されているため、子育ての妨げにならないよう、ブラインドのトンネル内から観察します。
営巣地を眺めると・・・土手にポツポツと穴が開いていて、大変な数のハリオハチクイがいました。

ハリオハチクイ8
ハリオハチクイの営巣地

ハリオハチクイ10
巣作り中のハリオハチクイ

ハリオハチクイ19
とても美しいハリオハチクイ

ハリオハチクイの詳細記事「圧巻の集団営巣 ハリオハチクイ in 台湾(金門島)」はこちら

約30分ほど、ハリオハチクイの集団営巣を観察させてもらい、名残惜しいのですが、時間が限られているため、先を急ぎます。

セッカの仲間、アオハウチワドリを発見。

アオハウチワドリ1
アオハウチワドリ

自転車で移動する最中、タカサゴモズを何羽か見かけました。

タカサゴモズ3
タカサゴモズ

黒っぽい野鳥を発見。どう見ても、くちばしはモズなのですが・・・こんな色のモズって・・・?後で調べてみると、この鳥さんは、暗色型のタカサゴモズでした!

タカサゴモズ4
タカサゴモズ(暗色型)

タカサゴモズ5
タカサゴモズ(暗色型)

体力の消耗が激しいのですが、金門島での探鳥は、まだまだ続きます!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 第5話へ続く

<余談>
暑い地域での探鳥時、日焼け防止を重視して暑さに耐えるか、日焼けを覚悟で涼しさを重視するか、悩むところです。
金門島では、あーちゃんは日焼け防止を重視し、たーさんは涼しさを重視しました。さて、どちらの考え方が正解だったでしょうか?
答えは、次の記事、金門島での探鳥終了後に判明します。あなどるべからず、金門島!

台湾探鳥旅行記 2018年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ