奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第7話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 4日目の続き

大瀬海岸 午前7時頃。

のっそりのっそりと歩き回る大型の野鳥を発見。くちばしの長~いホウロクシギ(絶滅危惧種)です。

ホウロクシギ2
ホウロクシギ

ホウロクシギの詳細記事「圧巻の長~いくちばし ホウロクシギ(絶滅危惧種)」はこちら

海岸での最後の鳥さんはチュウサギでした。

チュウサギ22
チュウサギ

まだ会いたい野鳥がいるので、再び奄美自然観察の森へ。

奄美自然観察の森 午前9時頃~午後12時30分。

姿は何度も見かけているのに、なかなか写真を撮らせてもらえなかった固有種のルリカケス。ちょうど子供が巣立ちしたばかりで、親子で森の中を飛び回っていました。

ルリカケス5
ルリカケス

リュウキュウサンショウクイの姿も。

リュウキュウサンショウクイ8
リュウキュウサンショウクイ

奄美大島の固有亜種アマミシジュウカラとアマミコゲラの姿もパシャリ。

アマミシジュウカラ1
アマミシジュウカラ

色味の濃いアマミコゲラ。

アマミコゲラ1
アマミコゲラ

前回の旅では、どんよりとした天候ばかりだったのですが、今回の旅では、ようやく晴れの奄美大島の姿を見せてもらうことができました。

奄美大島6
晴れた日の風景はとてもきれい!

奄美大島の貴重な森林を育むために雨は欠かせないものなので、もちろん降ってもいいのですが、降りっぱなしではなく、やはり晴れの日の姿も見せてもらいたいです。今回は、そのどちらの天候も体験することができ、いろいろと学ぶことができました。

そして、たくさんの貴重な野鳥たちの姿も見せてもらうことができました。ありがとう、奄美大島の野鳥たち。チュ!

<余談>
ワンダーランドのような希少種の宝庫である奄美大島は、いつか世界自然遺産に登録されるだろうと思います。保護すべき動植物がたくさんある場所として注目が集まるのは、とても望ましいことです。
けれども、大勢の人が押し寄せてしまうと、観光目的でさらに開発が進み、大切な自然が失われないか、という心配もあります。

こういった場所を開発する権限のある方は、自然との共存を第一に考えた上で、慎重に物事を進めてほしいです。観光の目玉(貴重な動植物)を自ら滅ぼすことのないように・・・。

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 トップへ戻る

奄美大島探鳥(2010年)の関連記事「奄美大島探鳥旅行記 2010年2月 第1話」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第6話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 4日目

最終日の4日目。くもりのち晴れ。風が少し強く、日中の気温は25℃ぐらい。

最終日の早朝探鳥も大瀬海岸へ行ってみることに。

大瀬海岸 午前6時頃。

上空にミサゴが。

サギたちが一ヶ所に固まっています。

アマサギ21
サギたち

サギ類は、とても仲がよいようです。くっついて一緒にいます。

チュウサギ21
チュウサギ(前)、コサギ(左)、アマサギ(右)

コサギとダイサギのツーショット。大きさの違いがよくわかります。

ダイサギ19
コサギ(左)とダイサギ(右)

アオアシシギが4羽います。

アオアシシギ3
アオアシシギ(冬羽)

派手な色味のオグロシギの姿も。

オグロシギ1
オグロシギ

このオグロシギは、1羽のアオアシシギと仲が良く?近くをウロウロしていました。

オグロシギ8
オグロシギ(左)、アオアシシギ(右)

アオアシシギの詳細記事「スリム体型がご自慢 アオアシシギ」はこちら
オグロシギの詳細記事「派手な寂しがり屋 オグロシギ」はこちら

遠くに野鳥の群れが降り立ちました。確認してみると・・・キョウジョシギの群れです。

キョウジョシギ9
キョウジョシギ

海岸での探鳥はあとわずか。この後、出発時間ぎりぎりまで、森の中を探鳥することに。

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第7話へ続く

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第5話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 3日目の続き

奄美自然観察の森 午前9時30分~11時頃。

ルリカケス、シロハラ、アマミヤマガラの姿が見えます。じっとしてほとんど動かないリュウキュウズアカアオバトを発見。

リュウキュウズアカアオバト2
リュウキュウズアカアオバト

頭上にアカヒゲのメスが。メスはさえずらないので、姿を見つけるのが難しいです。巣材のようなものをくわえています。

アカヒゲ5
アカヒゲ(メス)

アカヒゲの詳細記事「たまには気晴らし アカヒゲ(絶滅危惧種)」はこちら

秋名にも寄ってみます。

秋名の田んぼ付近 午前11時30分頃~午後12時頃。

メンバーは昨日とほぼ同じで、ダイサギ、チュウサギ、アマサギがいます。

ダイサギ18
ダイサギ

チュウサギ20
チュウサギ

宿泊施設へ向かう途中、人家の畑にリュウキュウアカショウビンを発見。2羽いたので、おそらくオスとメスでしょう。

リュウキュウアカショウビン33
リュウキュウアカショウビン

アカショウビンの詳細記事「畑で玉砕 アカショウビン」はこちら

宿泊施設の塀に虫をくわえ、ヒナに巣立ちを促しているイソヒヨドリを発見。ヒナの声はすれども姿は見えず。「食べたい~!でも巣からは出たくない~」とでも言っている?

イソヒヨドリ30
イソヒヨドリ(メス)

再び、奄美自然観察の森へ。

奄美自然観察の森 午後4時頃。

駐車場付近の電線に黒っぽい野鳥が止まっています。念のため、確認してみると・・・ブッポウソウ(絶滅危惧種)です!

ブッポウソウ4
ブッポウソウ

ブッポウソウの詳細記事「改名希望 ブッポウソウ(絶滅危惧種)」はこちら

貴重なアマミヤマガラ(沖縄県指定の準絶滅危惧種)の姿も。

アマミヤマガラ2
アマミヤマガラ

本日の探鳥は、これにて終了です。明日は最終日です。さて、誰に会えるでしょうか?

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第6話へ続く

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第4話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 2日目の続き

秋名の田んぼ付近 午後1時頃。

周囲を気にしながら、バンがウロウロしています。

バン11
バン

遠くに小さな野鳥がいて見え隠れしています。誰かな?と目で追い続けていると・・・リュウキュウヒクイナでした!とても用心深い鳥さんです。

リュウキュウヒクイナ2
リュウキュウヒクイナ

他には、セッカ、カルガモの姿も。

この後、大降りの雨となってしまいました。宿泊施設に戻る途中の川に目をやると、鳥らしき物体が。一応確認すると、家禽のバリケンでした。奄美大島には野生化したバリケンが生息しているようです。

家禽13
バリケンのペア

まだ午後3時頃なのですが、大雨でカメラを出せる状況ではないため、本日の観察は終了です。明日以降に期待です。

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 3日目

3日目の天候はくもり時々晴れ、風が強いです。日中の気温は26℃ぐらい。
早朝探鳥は大瀬海岸に行ってみることに。

大瀬海岸 午前6時30分頃~7時頃。

さて、誰がいるでしょうか?

奄美大島5
大瀬海岸の風景

サギ類の野鳥がいますが、普通のサギとは違うようです。よ~く観ると・・・希少種のカラシラサギ(準絶滅危惧種)でした!

カラシラサギ5
カラシラサギ(準絶滅危惧種)

カラシラサギの詳細記事「キリリとした面構え カラシラサギ(準絶滅危惧種)」はこちら

クロサギ、アオアシシギ、ハシビロガモがいます。

クロサギ14
クロサギ(黒色型)

アオアシシギ6
アオアシシギ

ハシビロガモ8
ハシビロガモ(メス)

他には、ダイサギ、カワウ、カルガモ、アマサギの姿も。

いったん宿泊施設に戻ると・・・屋根に巣立ったばかりのリュウキュウツバメの幼鳥が。

リュウキュウツバメ12
リュウキュウツバメ(幼鳥)

昨日は悪天候で早々と引き上げざるをえなかったため、再び奄美自然観察の森へ行ってみることに。

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第5話へ続く

<余談>
奄美大島は豪雨の多い地域のようで、崖崩れの箇所を何度か見かけました。

奄美大島3
崖崩れ発生箇所

その影響で、道路の復旧作業もしょっちゅうおこなっているようです。
奄美自然観察の森へ向かう道路も工事中の立て看板があり、通行止めとなっていました。

奄美大島4
通行止めの看板

が、迂回路の案内板がありません・・・。
森の周囲を車でウロウロしたのですが、登り口が見つからず、あきらめかけていた時、海岸で釣りをしていたおじちゃんが車で道案内をしてくれました。おかげで無事、奄美自然観察の森に辿り着くことができました。ありがとう、おじちゃん!

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第3話

野鳥の世界 奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 2日目

2日目の早朝は小雨、日中の気温は26℃ぐらい。早朝探鳥は、宿泊施設のベランダから庭を観察することに。

宿泊施設の庭 午前6時頃~7時頃。

誰か来てくれるかな?と待っていると、リュウキュウアカショウビンが姿を見せてくれました。「キョロロロロー」とよく鳴いています。

リュウキュウアカショウビン34
リュウキュウアカショウビン

リュウキュウズアカアオバトは、実のようなものを食べています。

リュウキュウズアカアオバト1
リュウキュウズアカアオバト

雨が止んだので、どんよりとした天候ですが、奄美自然観察の森へ行ってみることに。

農道の電線にも、ポツン、ポツンと野鳥が止まっています。キセキレイ、コムクドリ(オス)、リュウキュウキジバトの姿が見えます。

奄美自然観察の森に到着。ところが・・・霧が発生していて視界が悪く、野鳥観察には不向きな状態です。

奄美大島2
霧が発生!野鳥観察は・・・?

せっかく来たので森の中へ入ってみることに。

奄美自然観察の森 午前11時頃~11時30分頃。

薄暗いのですが、固有種のアカヒゲ(絶滅危惧種)がチラリと姿を見せてくれました。

アカヒゲ6
アカヒゲ(オス)

次は、水田地帯の秋名へ向かうことに。

秋名の田んぼ付近 午後0時頃。

山道の脇にキセキレイの姿が。

キセキレイ12
キセキレイ(オス:夏羽)

野鳥が警戒しないよう、車の中から観察を続けます。水田にはコサギ、チュウサギ(準絶滅危惧種)と数羽のアマサギがいます。

コサギ16
コサギ

チュウサギ19
チュウサギ

アマサギ20
アマサギ(夏羽)

天候が怪しくなってきました・・・が、もうしばらく、探鳥を続けることに。

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 第4話へ続く

奄美大島探鳥旅行記 2012年5月 トップへ戻る

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ