ナンヨウショウビン in シンガポール

野鳥の世界 ナンヨウショウビン

美しい青緑の羽色を持つナンヨウショウビンという鳥さんがいます。カワセミの仲間の野鳥で、日本では迷鳥として先島諸島に現れることがあるそうです。今回は、シンガポールで出会った、ナンヨウショウビンのお話です。

寒波到来の日本とは真逆の気候のシンガポールへ行くことになり、せっかくなので、南国の野鳥たちを観察させてもらうことにしました。向かった先は、渡り鳥たちの重要な休憩地点にもなっているスンゲイブロウ湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)です。

シンガポール1
2017年1月 スンゲイブロウ湿地保護区

マングローブ林と湿地が広がっていて、到着早々、おっかなびっくりの生き物に遭遇!

シンガポール2
木陰で休憩中のワニ!

遊歩道に沿って進んでいくと、まず日本では見かけない立て看板が!

シンガポール3
ワニ注意!

そして、こんな生き物が水場から、ヌゥ~と、顔を出しています。

シンガポール4
「こんにちは~」と、オオトカゲ!デカすぎる!

見慣れぬ生き物たちに圧倒されつつ、このスンゲイブロウ湿地保護区で、ぜひとも観察したいと思っていたのが、ナンヨウショウビンです。前日、植物園で、ナンヨウショウビンの姿を見かけたものの、写真を撮らせてもらうことができなかったので、ここでは絶対に撮らせてもらう!と決めていました。

けれども、そううまくはいきません。ナンヨウショウビンは鳴き声が大きく、存在はすぐに分かるのですが、あっという間に逃げ去るのです。

ナンヨウショウビンの体長は約24cm、カエルや昆虫類などを捕食します。さすが、マングローブ林だけあって、食べ物が豊富にあるのでしょう。「キィキィキィ」の鳴き声や、飛んでいる姿を確認できた数は10羽以上。けれども、まだ1枚も撮らせてもらえません・・・。

とうとう遊歩道を1周し終え、熱さと湿気で体力も限界の中、最後の望みをかけて、入り口付近の林へ行ってみることに。すると、青い鳥が飛び去る姿が見えました。飛んで行った方向を探してみると・・・ものすご~く遠いのですが、木々の間からナンヨウショウビンの姿が見えました!手前の枝が邪魔で、ピントが合わないのですが、何とか写真を撮らせてもらいました。

ナンヨウショウビン1
ナンヨウショウビン発見

こちらを向いてくれました!急いでパシャリ

ナンヨウショウビン2
こっちを向いてくれました

そして、ピントが合った唯一の写真。

ナンヨウショウビン3
遠いので、これが限界

結局、シンガポール滞在中、ナンヨウショウビンの写真を撮らせてもらえたのは、この時だけでした。このナンヨウショウビンには、本当に感謝感謝です、ありがとう!チュ!

<余談>
予想以上の暑さと湿気に体がついてこず、意識がモウロウとする中、野鳥を観察していたせいか、とんでもないうっかりミスをしてしまいました。
なんと、スンゲイブロウ湿地保護区内の野鳥観察小屋に、貴重品の入ったバッグを置き忘れてしまったのです!!!
中には、クレジットカードの入った財布や携帯電話が。
カメラと双眼鏡は、しっかりと手に持ち、バッグを持たずに進むこと約10分。なんか、ちょっと変?と思い、荷物を確認したら、バッグがない!ことに気づきました。ここは海外、日本ではありません。野鳥観察小屋を出るとき、入れ違いに、誰か入って行くのを見たし、ヤバイ!!!
猛ダッシュで野鳥観察小屋に戻ると・・・ありました!バッグは無事でした、ほっ!
これは奇跡に近いです。本当にラッキーでした。

ということで、海外での荷物の置き忘れには、本当に本当に注意が必要ですね。
以後、シンガポール滞在中、私がバッグをちゃんと持っているかどうか?を、たーさんが何十回も確認するはめに。まっ、結果オーライということで!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

新しい住人 カワセミ

野鳥の世界 カワセミ

****************************************
あけましておめでとうございます。
本年も、懸命に生きる野鳥たちの姿を紹介できたら、と思います!
****************************************

かつては、「清流の宝石」と呼ばれたカワセミですが、近年は、少々環境が整っていなくても、わりと逞しく生き抜いているようです。今回は、新たな居場所を見つけたカワセミのお話です。

近所に小さな水場があり、通るたびに、「野鳥がいるかな?」とチェックをし続けて、早10年以上。ずっと、見つけることができなかったのですが、ついに、そこに住みついた野鳥を発見しました。

カワセミ26
誰かいそうで、誰もいなかった水場に住人登場!

カワセミです!くちばしの下側がオレンジ色なので、メスです。(オスは、くちばしの下側が黒色)

カワセミ27
2016年12月 埼玉県 カワセミ(メス)

カワセミは、水場の周辺を移動しながら、水面を見つめ、獲物を狙っていました。

カワセミ28
獲物を探すカワセミ

カワセミがいるということは、この水場には、小魚でもいるのかな?と思いきや、カワセミが捕えたのは・・・エビ!でした。

カワセミ29
エビGet!

その後も、カワセミはハンティングを続け、エビを捕まえていました。

カワセミ30
「エビはどこかな?」

後日、「あのカワセミはいるだろうか?」と、その後もチェックを続けていると、同じカワセミの姿を何度か見かけました。

この水場はとても小さいため、決して環境がよいわけではないのですが、このカワセミは、そこの新たな住人として、居座ることにしたようです(一時的かもしれませんし、冬季限定かもしれませんが)。

カワセミ31
「しばらく、ここに居ようっと!」

長年、チェックし続けた場所に住みついてくれてありがとう、カワセミさん。今後も、できるだけ長く、元気な姿を見せてくださいね、チュ!

<余談>
カワセミが獲物を狙っている時、じっとしているので、どこにいるのか見つけるのが難しいです。この写真の中にカワセミがいます。さて、ど~こだ?

カワセミ32
この中にカワセミが

答えは、右奥の石造りのコンクリートの上!です。

この場所を通りかかった時、たまたまカワセミが鳴いてくれたので、気づくことができました。視覚だけでは、到底探せなかったと思います。あの美しい羽色でさえも、ぱっと見は、見落としがちなのですねー。

カワセミの関連記事:
「分不相応 カワセミ」はこちら
「絶大なるカワセミ効果? カワセミ」はこちら
「飛ぶ宝石 カワセミ」はこちら
「リアル宝石 カワセミ」はこちら

<カワセミを脅かすもの>
水辺の消失・水質悪化:生息場所がなくなります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

五度目の越冬 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

ここ数年、冬になると、はるばるシベリアから、あーちゃん宅の庭へやって来る鳥さんがいます。ツグミのツーちゃんです。今回は、この冬も、無事、姿を現したツーちゃんのお話です。

冬のとある朝、ふっと庭を眺めてみると、水入れに止まっているツグミの姿を発見!

ツグミ45
2016年12月 埼玉県自宅の庭 ツグミ

通年、ツーちゃんは、1月以降に庭に姿を現すのですが、まだ12月中旬です。果たして、ツーちゃんでしょうか?

ツグミ46
ツーちゃんかな?

念のため、前の冬に撮った写真と比較してみると・・・顔と背の模様がほぼ同じです!やはり、ツーちゃんです。よくぞ、ご無事で!

ツグミ47
ツグミ(左:2016年12月、右:2016年2月)
顔と背の模様がほぼ同じ

これで、ツーちゃんは、5度目の冬を、あーちゃん宅の周辺で迎えることになります。海を渡り、ピンポイントで、5年目も庭にやって来るなんて、奇跡に近いような気がします。今回も、ツーちゃんの渡りを図にしてみました。

ツグミ48
5度目の渡り成功!すごいぞ、ツーちゃん!

ところで、ツーちゃんは、オスであることが分かっています。前回の越冬終了間際に、自宅前の電線に止まって、さえずりの練習をしているのを目撃したので。

ツグミ49
ということで、オスのツーちゃんから一言
「すごいだろう!」

渡りの能力は、すごいツーちゃん。けれども、庭では、図体のでかいキジバトにはかないません。下の水場も利用するツーちゃんでしたが、あっさり、キジバトに追い払われてしまいました。

ツグミ50
キジバト(右)に追い払われたツーちゃん(左)

その後、ツーちゃんは、庭の止まり木に移動し、飛び去りました。

ツグミ51
「キジバトには、かなわないなー」

この冬も、無事な姿を見せてくれてありがとう。キジバトを初め、庭には強力なライバル達が大勢いますが、頑張って越冬してくださいね、ツグミのツーちゃん!チュ!

<余談>
日本国内に生息しているけれども、季節により棲家を変える野鳥や、渡りをする野鳥の中で、庭に姿を現す常連さんがいると、「無事、生き延びているだろうか?」と、とっても気になります。

そして、約8ヵ月ぶりに、元気な姿を目の当たりにすると、ほっと胸を撫で下ろします。
今後も、できるだけ長く、彼らが無事に越冬できるよう、見守っていけたら!と思います。

ツグミの関連記事:
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
林・農耕地の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ

 

・緑地関連ブログ