ミラクル大逆転 ヤツガシラ in 台湾(金門島)

野鳥の世界 ヤツガシラ

細く曲がったくちばしと大きく広がる冠羽に特徴があるヤツガシラという鳥さんがいます。日本では主に春と秋の渡りの時期に観察することができるようですが、過去に見かけたことはありませんでした。今回、台湾へ行く機会があり、ヤツガシラが留鳥として生息しているという金門島にも日帰りで行ってみることにしました。さて、ヤツガシラは本当にいる?

金門島は、台湾から飛行機で約1時間の距離にある小さな島です。金門島には、野鳥が多く生息しているそうなので、空港で自転車をレンタルして、島をめぐってみることにしました。

午前8時30分、無事、金門島に到着。無料の自転車もあるのですが、機能面が心配なので、有料の自転車をレンタルして、いざ出発です。

台湾3
2018年5月 台湾 金門島で自転車をレンタル

金門島のイメージとしては、交通量が少なく、のんびりとした感じだったのですが、実際は、交通量が多く、注意して自転車に乗らないと危ない状態でした。道路は緩やかなアップダウンが延々と続き、真夏のような暑さもあって、夕方まで体力が持つかな?と心配になりました。

野鳥の数は確かに多いのですが、行けども行けども、ヤツガシラの姿は見当たりません。飛翔姿も全く見かけず。ヤツガシラの体長は約30cm、姿・形に特徴があるので、いたらすぐに分かるはずです。

台湾4
自転車で、ひたすら進んでみたけど・・・

農耕地、湖、川の周辺なども探してみましたが、ヤツガシラはいません。あっという間に午後になり、空港に向かう時間となってしまいました。

思った以上に体力の消耗が激しいので、空港ではなく最寄りの駐輪場で自転車を返却して、タクシーで空港に向かうことに決めました。「とうとうヤツガシラには会えずじまいか・・・」と思いながら、駐輪場に自転車を停めて、レンタル料金を精算しようとすると・・・精算機に張り紙がしてあります。中国語で「故障中」のような意味の漢字が並んでいます。ということは・・・自転車を返却できないので、空港まで自転車で戻るしかない!

この衝撃の事実を知った、たーさんの顔には絶望の表情が浮かんでいました。この暑さの中、ここからまた数十キロ、自転車に乗るのか、と。時間的に余裕もないので、とにかく空港に向けて、ズンズン自転車をかっ飛ばすしかありません。ちなみに、自転車で島をめぐっている人は、あーちゃん達以外は、誰もいませんでした(笑)

空港近くまでノンストップで進んだおかげで、少し時間にも余裕ができたため、木陰に自転車を停めて、少し休憩することに。

台湾5
ここで少し休憩

目の前の木立に野鳥がいたので、しばらくの間、観察していると、「近くに湖があるから行ってみない?」と、たーさんが言うので、行ってみることに。

再び自転車に乗って進んで行くと、だたっぴろい広場と干上がりかけた水場が見えてきました。

台湾6
地図には「水庫」との記載があったので、貯水池のようです

誰かいるかな?と探してみると、ダイサギ、コサギ、イソシギ、家禽のバリケンの姿が見えました。他に野鳥はいなさそうだったので、引き返そうと思ったのですが、貯水池の先の道からも空港に行けそうなので、そっちから行ってみようとなり、別の道を進むことに。

貯水池の反対側に差しかかった時、目の前を飛翔しながら横切る野鳥が。えっ?ヤツガシラ?「あ~、もう行ってしまった・・・」と思っていたら、その野鳥は、すぐに戻って来て、広場に降り立ちました。急いで探してみると、かろうじて、野鳥の姿が見えます。あ~、やっぱりヤツガシラです!ぎりぎりのタイミングで、ついに登場です!

ヤツガシラ1
この模様はヤツガシラ!

ヤツガシラは、草地に紛れているため、すぐに見失ってしまいます。

ヤツガシラ2
食べ物を探してウロウロ

何度も、双眼鏡でヤツガシラの居場所を確認しながら、撮影に挑戦です。

ヤツガシラ3
なんてユニークな姿!

昆虫を捕まえたところをパシャリ。

ヤツガシラ4
獲物をGet!

この後、ヤツガシラは、すぐに飛び去ってしまいました。観察時間は、ほんのわずかでしたが、何とか姿を見せてもらえました。

ちなみに、ヤツガシラがいたのは、貯水池内の草地で、こんな風景です。ヤツガシラが目の前を飛んでくれたからこそ発見できたものの、じっとしていたら、絶対に気づきませんでした。

台湾7

撮れたヤツガシラの写真は、全然いい物ではないのですが、この出会いには、本当に価値がありました。99.9%ヤツガシラとの出会いをあきらめていた、たーさんは、このミラクル大逆転劇に「すごい!すごい!」を連発していました。

ヤツガシラを観察できたおかげで、またいつか、金門島で探鳥しよう!と決心がつきました。今度は、タクシーで(笑)

最後の最後に姿を見せてくれてありがとう、ヤツガシラさん!またお会いしましょう!チュ!

<余談>
ヤツガシラを観察した時間は午後3時50分頃、空港に到着しなければいけない時間は午後4時30分と1時間を切っていたため、その後、道を間違えたりしながらも、猛ダッシュで戻り、午後4時30分ジャストに空港に到着しました。超ハードな旅の一つとして、記憶に刻まれること間違いなし!です。

<ヤツガシラを脅かすもの>
農耕地の減少:生息場所がなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

美しい縄張りの主 キジ

野鳥の世界 キジ

春になると、「ケッ、ケーン」という大きな鳴き声が里山に響き渡ります。声の主はキジのオス。今回は、美しい縄張りを持つ、キジのお話です。

近所に、見事な花を咲かせる大きな桜の木があります。

キジ13
今年も満開の桜でした

この桜の花が満開になる頃、付近から、キジのオスの鳴き声が聴こえてきます。キジのオスは、メスへのアピールと縄張り主張のため、羽をバタつかせながら、「ケッ、ケーン」と威勢よく鳴きます。この鳴き声を頼りに姿を探してみると・・・いました!茶畑にキジのオスが佇んでいます。

キジ10
2018年4月 埼玉県とある雑木林付近の畑 キジ(オス)

キジのオスは、こちらの様子をうかがっているのですが・・・大丈夫かな?

キジ11
ちょっと警戒中?

少し警戒はしているようですが、大丈夫そうなので、そのまま、キジのオスを観察させてもらいました。

この畑の周囲には、雑木林があります。食べ物と隠れ家の両方を兼ね備えているため、とてもよい縄張りのようです。(キジにとっては、どうでもいい事ですが)景色もきれいですし。

毎年、桜の花を観るついでに、キジも探してみるのですが、ここ何年も、見かけませんでした。この畑で、キジに出会ったのは、約7年ぶり!でした。以前、見かけたオスと同じかな?と思い、過去の写真と比較してみると・・・別のオスでした。このキジは、新しい縄張りの主!だったのですね。

キジ12
新しい縄張りの主 はじめまして!

しばらくの間、じっとしていたキジですが、雑木林の方へと歩き始めました。

キジ14

なかなか堂々とした態度のキジで、慌てる風もなく、ゆっくりゆっくりと歩いていました。さすが縄張りの主!です。そして、そのまま、姿が見えなくなりました。

キジ15
堂々とした態度のキジ

よい場所を縄張りに持つということは・・・それだけ、し烈な縄張り争いが勃発しているはず。他のキジに負けないよう、頑張って縄張りを守ってくださいね、キジのオスさん!チュ!

<余談>
鳴き声はするものの姿は見えずか、出会っても、すぐに、スタコラサッサと逃げ去るかで、近所では、久しぶりに、美しいオスのキジを観察させてもらえました。
キジの生息場所が住宅地になったりして、以前より、キジを見かける頻度が減っているため、元気そうな姿を見かけると、とても嬉しく思います。

キジの関連記事:
「畑でアピール キジ」はこちら
「胆のすわった里山の主 キジ」はこちら

<キジを脅かすもの>
里山、茶畑、藪の減少:生息場所がなくなります。
狩猟:生息数が減ります。(国鳥をハンティング・・・?世界的にも例がない・・・)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

六度目の越冬終了 庭のツグミ

野鳥の世界 ツグミ

シベリアから、はるばる日本のあーちゃん宅の庭に姿を現し、六度目の渡りを成功させたツグミのツーちゃん。今回は、越冬を終え、北の繁殖地に向けて、ツーちゃんが旅立つまでの様子を紹介します。

ツーちゃんの登場は、例年より随分遅かったのですが、3月以降、頻繁に姿を見かけるようになりました。

ツーちゃんのやって来る時間帯は、まだ辺りが薄暗い早朝5時台。ツーちゃんが水場に止まっている姿を頻繁に見かけます。

ツグミ70
2018年3月 埼玉県自宅の庭 早朝にやって来るツーちゃん

ツーちゃんは、よく水浴びをします。

ツグミ71
水浴び中

ツグミ72
水浴び後は、止まり木で羽づくろい

4月に入ると、ツーちゃんは、電線に止まり、さえずりの練習を始めました(昨年、初めて、この姿を目撃し、ツーちゃんはオス!と判明)。早朝6時台の少しの間だけ、ツーちゃんのさえずりが部屋の中まで聴こえてきます。

ツグミ73
2018年4月 さえずりの練習中

少し暑い日の午後にも、ツーちゃんが水場に姿を現しました。普段のツーちゃんは、ずんぐりして見えるのですが、この時は、本当にツーちゃん?と思うほど、スレンダーに見えました。

ツグミ74
スレンダーなツーちゃん

普段は、こんな感じで、ずんぐりして見えます。

ツグミ75
ずんぐりツーちゃん

4月中旬になると、ツーちゃん以外のツグミも庭に姿を現しました。

ツグミ76
別のツグミ

2年前のちょうど同じ頃、このツグミと似た鳥さんを庭で見かけたので、もしや?と思い、写真を比較してみると・・・同じツグミでした!

ツグミ77
ツグミ(左:2018年4月、右:2016年4月[幼鳥])
顔と背の模様がほぼ同じ

このツグミは2度目の登場なので、グミちゃん!と名付けます。ツグミは、群れで渡りをするため、ツーちゃんとグミちゃんは一緒に渡りを決行する仲間と思われます。2年前も今回も、ツーちゃんとグミちゃんが庭で一緒にいる所を目撃したので、仲良しのようです。
グミちゃん初登場の記事はこちら

そして、その数日後の早朝、近所の電線にツグミたちが集まっているのを目撃。部屋の中から見えたツグミをパシャリ。

ツグミ78
まずは、ツーちゃん

ツグミ79
次に、グミちゃん

ツグミ80
さらに別のツグミも2羽

ここは住宅街なので、普段、こんなにツグミを見かけることはありません。いよいよ、ツグミたちの旅立ちの日が近づいてきたようです。

それから、3日間は、ツーちゃんの姿を確認できました。

ツグミ81
庭で水浴び中

ツグミ82
キジバトと対峙中

そして、これがツーちゃん滞在最終日の姿でした。庭を覗き込んでいます。

ツグミ83
お別れの挨拶に来た?

その後、ツーちゃんは、電線に止まって、鳴いていました。

ツグミ84
「さようなら~!」と言っている?

ツーちゃんの姿を見かけなくなってから数日が経ちました。今、どの辺りを旅しているでしょうか。

どうか無事に北の繁殖地にたどり着き、次の冬も必ず戻って来て、元気な姿を見せてくださいね、ツグミのツーちゃん(とその仲間たち)!チュ!

<余談>
六度目の越冬となった今回は、ツーちゃんの登場が遅かったため、観察期間がわずか1ヵ月ほどしかありませんでした。今回も、例年と同じく、数日間、ツーちゃんの姿を見かけないと、大丈夫かな?と心配したり、元気な姿を目撃すると、ほっとしたりと、その繰り返しでした。

無事、越冬を終えて、仲間たちと一緒に旅をしているツーちゃん。みんなと、どんな会話をしているのでしょうか。「この冬は寒かったねー」とか、「何食べた?」とか話していますかね。「次の冬も、また、同じ場所に戻って来ようね!」という話も出ていたら、とても嬉しいですね。

ツグミの関連記事:
「六度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「五度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬終了 庭のツグミ」はこちら
「四度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「三度目の越冬 庭のツグミ」はこちら
「勇気あるツグミ、庭に再来!」はこちら
「狭い庭はいかが? ツグミ」はこちら
「昨日の友は今日の敵 ハチジョウツグミ」はこちら
「ふっくら美人(美鳥?) ツグミ」はこちら

<ツグミを脅かすもの>
繁殖地、越冬地の環境破壊:生息地がなくなります。
密猟:食用として捕獲されているという問題があるようです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。

埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、ふーちゃん(鳥)

あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
驚きの鳥類の知能を紹介
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・緑地関連ブログ