フレンドリーな鳥? ツルシギ(絶滅危惧種)

野鳥の世界 ツルシギ

赤くて長い足とくちばしを持つ、ツルシギという鳥さんがいます。シギの仲間の野鳥で、日本では春と秋の渡りの時期に観察することができるようですが、生息域のハス田や干潟の減少により、渡来数が減っているそうです。

今回は、このツルシギのお話です。

夏季にユーラシア大陸の北部や北極圏で繁殖し、冬季にアフリカ大陸中部、地中海沿岸、東南アジアなどで越冬するツルシギ。日本に渡来するツルシギは、秋より春の方が数が多いそうですが、観察できた時期は秋でした。

とある日の午前中、沼地のほとりをツルシギがてくてくと歩いていました。

ツルシギ1
2014年10月 埼玉県 とある沼 ツルシギ

しばらくの間、観察していると、ツルシギはクルっと向きを変えて、こちらへどんどんと近づいてきます。人を恐がる様子はなく、わりとフレンドリーな感じです。

ツルシギ2
近くに寄ってくるツルシギ(冬羽に換羽中)

ツルシギは、赤くて長い足と細くて長いくちばしが目立ちます。このスレンダーな体型がツルを連想させるということで、ツルシギと名付けられたようです。

ツルシギ3
ツルを連想させる?ツルシギ

冬羽のツルシギとアカアシシギ(絶滅危惧種)は、とてもよく似ています。ぱっと見は、見分けがつきませんが、くちばしをよ~く観ることで識別ができます。アカアシシギのくちばしは真っすぐで、上下の基部に赤味があります。一方、ツルシギのくちばしは、長くて先端がほんの少し下へカーブしており、ほぼ下くちばしの基部のみに赤味があります。

ツルシギ4
アカアシシギ(左)、ツルシギ(右)

ツルシギの体長は約32cm、ダイサギと比較すると、とても小さく見えます。

ツルシギ5
ダイサギ(左)、ツルシギ(右)

アオアシシギ、コガモの群れとも一緒にパシャリ。

ツルシギ6
この群れに紛れると、さほど小さくは見えないツルシギ

ツルシギは、浅い水辺で昆虫類・貝類・甲殻類を捕食します。ツルシギがくちばしを水中に入れて、せっせと食べ物を探しています。

ツルシギ7
食べ物を探し中

捕まえたのは・・・エビでした!

ツルシギ8
エビをGet!

ツルシギの中には、まれに日本で越冬する鳥さんもいるようですが、このツルシギは、そろそろ旅立つはず。

ツルシギ9
「いつ出発しようかな?」

この沼でたっぷり食べて栄養を補給し、頑張って越冬地へたどり着いてくださいね。そして、次の年も、また元気な姿を見せてくださいね、ツルシギさん!チュ!

<余談>
環境省発表のレッドリストは約5年ごとに見直されているそうですが、ツルシギは、第4次レッドリスト(2012)で絶滅危惧II類(VU)に指定されてしまいました・・・。
新たにレッドリスト入りする鳥さんが増えると、本当に残念でなりません。

繁殖地、越冬地を行き来するため、日本を経由する渡り鳥たちはたくさんいます。開発などの影響により、食べ物を補給できる場所がどんどん減少してしまうと、ツルシギのように日本への渡来数も減り、絶滅が危惧される種となってしまいます。
今後、さらにレッドリスト入りする鳥さんが増えないよう、願うばかりです。

<ツルシギを脅かすもの>
水田・ハス田・湿地・干潟の減少:生息場所がなくなります。繁殖地、越冬地の両方の環境が整っている必要があります。
FC2 Management

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

気分は白鳥? 泳ぐアオサギ

野鳥の世界 アオサギ

普段よくみかけるアオサギが、突飛な行動をとったとしたら・・・。今回は、「えっーーー!」と、アオサギに驚かされたお話です。

「秋だし、そろそろ渡りの鳥たちがいるかも?」と思い、とある湖の周辺を散策していると、水面に浮かんでいる野鳥を発見。この湖には稀に白鳥が立ち寄ることもあるので、「白鳥?」と思ったのですが、飛来時期としては早すぎる。では・・・「誰?」

アオサギ34
2014年9月 埼玉県とある湖 一瞬、白鳥かと・・・

もう一度、凝視してみると・・・ムムッ、アオサギ?

アオサギ35
湖面に浮かぶは・・・何と、アオサギ!

どう見ても、湖の底に足はついていない様子。ってことは、このアオサギは泳いでいる?再び、確認してみると・・・水面近くにアオサギの足が見えています。

アオサギ36
足で水を蹴っている?アオサギ

「えっーーー、アオサギが泳いでいる!!!」
下の写真でも、アオサギが足で水をかいている様子が見えます。

アオサギ37
明らかに泳いでいるアオサギ

水かきもないのに泳ぐとは!このアオサギの行動を目撃したことにより、アオサギが泳げることを初めて知りました。
湖面に浮かぶアオサギの姿は、ぱっと見は、まるで白鳥のようです(グレーだから、白鳥の幼鳥っぽい?)。

アオサギ38
「どぉ?白鳥に見える?」 アオサギ

その後、このアオサギは、足がつく場所へ移動し、

アオサギ39
「遊泳終了!」

ハンティングポーズをとっていました。

アオサギ40
「獲物はどこかな?」

結局、アオサギは泳ぎながら獲物を捕えることはできないようです。では、何故このアオサギが泳いでいたかというと・・・単なる好奇心からでは?(勝手に推測)
このアオサギ、実は若鳥なので、きっと色んなことに興味津々のはず。ちょっと白鳥気分を味わってみたかっただけ、なのでしょう!・・・?

アオサギ41
「また、白鳥みたいに泳ごうっと!」 アオサギ(若鳥)

珍しい泳ぎ姿を見せてくれてありがとう、アオサギの若さん。また、遊泳にチャレンジして、「えっ!」と驚かせてくださいね!チュ!

<余談>
普段よく見かける野鳥でも、興味深い行動をとることがあるので、観察していると面白いです。
先日、渡り途中のノビタキが、草むらでツバメを追いかけまわしているのを目撃しました。このノビタキは、長旅に備えて食べ物を十分に補給するため、縄張りを守るのに必死だったのかもしれません。けれども、野鳥の中でもトップクラスのスピードを誇るツバメに挑むとは、このノビタキはいい度胸をしているなーと感心させられました。

野鳥たちの突飛な行動の裏には、いろいろな理由が隠されているのでしょう。真相は、野鳥本人にしか分かりませんが。

アオサギの関連記事:
「主役は君だ! アオサギ」はこちら
「華麗なる氷上ウォーク アオサギ」はこちら
「北から南まで自在に出没! アオサギ」はこちら

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

沖縄探鳥旅行記 2013年9月 第7話

野鳥の世界 沖縄探鳥旅行記 2013年9月 3日目の続き

飛行機の出発時間までに、もう1箇所、比屋根(ひやごん)湿地へ行ってみることに。

比屋根湿地 午前11時40分~午後0時10分。

現地に到着すると、比屋根湿地はかつては海で、周囲の埋立等により、次第に湿地が形成されたとの説明版がありました。

沖縄11
比屋根湿地の説明1 写真をクリックすると拡大します。

沖縄12
比屋根湿地の説明2 写真をクリックすると拡大します。

比屋根湿地も貴重な渡り鳥の飛来地となっているそうですが、さて、誰がいるでしょうか?
上の「比屋根湿地の説明2」の現在地の場所から、野鳥たちの姿を観察してみました。

10羽ほどの白い野鳥の姿が見えます。確認すると・・・コサギです。

コサギ18
コサギ

ツメナガセキレイの姿も見えます。

ツメナガセキレイ13
ツメナガセキレイ(冬羽)

この湿地にも、アカアシシギ(絶滅危惧種)がいて、食べ物を探していました。

アカアシシギ8
アカアシシギ(冬羽に換羽中)

キアシシギ、ムナグロ、イソシギの姿も。

キアシシギ14
キアシシギ(夏羽)

ムナグロ45
ムナグロ(冬羽に換羽中)

イソシギ19
イソシギ

他には、コチドリ、ヒバリシギ、チュウシャクシギの姿が見えました。
そして、こんな生き物の姿も(おまけ)・・・。

沖縄13
ミドリガメがひょっこりと!

比屋根湿地沿いの道路を歩いてみれば、もっと野鳥を観察できたかもしれませんが、時間の都合上、1箇所のみでの観察となりました。

これにて、最終日の探鳥も終了となりました。3日間とも天候に恵まれ、久しぶりの沖縄本島での探鳥を満喫することができました。姿を見せてくれた多くの野鳥たち、ありがとう!チュ!

<余談>
約4年ぶりとなった沖縄本島での探鳥旅行。今まで、南西諸島には通常2泊3日、長くて3泊4日の滞在期間で、今回も2泊3日の滞在しかできませんでした。もう少し時間があれば、北部にも行って、やんばるの森に生息する固有種の野鳥たちにも再会したかったです。
が、欲張ってはいけませんね。北部探鳥は、また次回のお楽しみ、ということで!

沖縄探鳥旅行記 2013年9月 トップへ戻る

沖縄探鳥(春)の関連記事「沖縄探鳥旅行記 2009年5月 第1話」はこちら
沖縄探鳥(冬)の関連記事「沖縄探鳥旅行記 2009年11月 第1話」はこちら

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
バードウォッチング(探鳥)を通して、自然保護(環境保護)の重要性を痛感。天然記念物(絶滅危惧種)の野鳥や個性豊かな鳥さんとの出会いを独自の目線で紹介していきます。
埼玉県在住。
家族:たーさん(旦那)、レオさん(犬)、フーさん(鳥)
あーちゃんは、専門家ではありません。したがって、このサイトの記載内容については、正しくない可能性がありますので、あしからず。また、写真の綺麗さを追求し、紹介するサイトではありませんので、ご注意を!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示

全ての記事を表示する

記事検索
野鳥名は、カタカナで検索!
歴代人気記事ランキングTOP20
RSSリンクの表示
応援エリア

ランキングに参加していますので、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
QRコード
QR
外部リンク
・絶滅危惧種検索

 

・癒し系の鳥さんブログ

 

・野鳥関連ブログ